【トモヤンの古物商 取得体験記⑧】はじめての仕入れ

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

どうも!トモヤンです。

この取得体験記が、8回目を迎えることになりました~。
いやーありがたいですねー。

これまでは、僕が古物商許可を取ったときのこととか、手続き関係の記事を書いてきたんですけど、今回からは、せどり実践編に突入です!

これからは、せどりでの体験談を書いていきますよ~。

まずは手始めに、はじめて仕入れをしたときのことを、お伝えしようと思います!

前回までのトモヤン

編集部注:

トモヤンとは?
性別男性
年齢30代

当サイトを監修する、トラスト行政書士事務所に、古物商許可の申請代行を申し込んでくれた方です。

当サイトの取材がきっかけで、トモヤンさんに体験記シリーズを書いていただくことになりました。

取得体験記シリーズ 記事一覧はこちら

僕は、せどりをやるために古物商許可を取りました!そして、Amazonにセラー登録もしました!そしてそして、AmazonのURLを警察署に届け出てきました!

これでもう抜かりなく、せどりに取り組むことができます!

せどりは、仕入れをしなきゃ始まりません。

ということで、まずは仕入れをしてみました~。

情報商材に手を出して…

仕入れをしないことには、何も転売できないんですけど、何を仕入れたらいいか分かんないですよね~。

で、思い切って、情報商材を買うのも手だなと思ったんですよ。

ネットでせどりのことを調べると、せどりのブログを書いている人が、「私のノウハウをnoteで公開!(〇〇円)」みたいな感じで、有料で情報を公開していたりするアレです。

でも、ああいうのって、悪いウワサばっかり聞くじゃないですか。

高いお金だけ取られて、大した情報をもらえないとかね…。

う~ん…

結局、有料の情報商材に手は出すのはやめときました。

僕は、お金にシビアなもんで 笑。

1万円もしない情報商材もあるんですけどねー、たかが数千円でも、だまし取られたら嫌じゃないですか。

ということで、あるせどらーさんのブログから、LINEの友達に追加するだけで無料で見られるという、講座みたいなものを見つけたので、それに手を出すことにしたんです。

無料なんでね、とりあえず見てみて、イマイチだったら削除すればいいですからね。

LINEでいいことを教えてもらった

LINEでのせどり講座は、それなりの内容ではあったんですけど、まぁ正直、ネットで検索すれば入ってくる程度の情報かなという感じでしたね~。

でも、1つ収穫があったんです!

Amazonって、ストアの名前のところに、そのストアの評価が載ってますよね。

★★★★☆ 80%

みたいな、ミシュラン的なアレです。

自分がAmazonで何かを買うとき、あの評価が低いストアからは買いたくないですよね。

ってことは、評価が高いストアは、よく買われるストアになりやすいってことです!

って、さすがに、それくらいは僕も気づいていましたよ。

収穫ってのは、この情報ではないです 笑

ストアの評価って、お客さんが評価を投稿してくれない限りは、どんなにいいストアでも、低評価のままなんですよ。

結局、自分ではどうすることもできなくて、お客さんの行動にかかってるってことです。

僕は今まで、何回もAmazonで買い物をしたことがありますけど、ストアの評価を投稿したことは、正直、一度もないです。

評価の投稿なんて、わざわざやらないですよね?

きっと、僕だけじゃないはずです。

それぐらい、評価の投稿ってレアなことなんです。

だから、この問題は、せどりを長く続けていって、たまーに投稿される評価を、コツコツ積み上げていくしかないもんだと思ってました。

でも、評価を上げやすくするテクニックが、LINEのせどり講座で手に入ったんです!

そうです。収穫ってのはそれです!そのテクニックがこちら!

ドン!「評価稼ぎ用の商品も販売しろ!」

どういうことかと言うとですね。

お金を稼ぐための商品とは別に、評価を稼ぐための商品も販売して、それをたくさん売りまくるということなんです。

要は、「数打ちゃ当たる」です。

たくさん取引してれば、評価を投稿してくれるお客さんに巡り会うチャンスが増えますよね。

ただ、それには工夫が必要で、「Amazonでよく売れてる商品」で「単価の安い商品」、この2つを兼ね備えた商品を仕入れるんです。

Amazonであんまり売れてない商品じゃ、お客さんは集まってこないし、売れる商品でも、値段が高かったら、たくさん仕入れるのにお金がかかって大変ですからね。

え? 収穫ってそんなこと 笑

と思った方、すみません…

そんなことです 笑

ちょっと考えれば、誰でも思いつきそうなテクニックですけどね、僕は思いつきませんでした 笑

Amazonより安く、新品の商品で、儲けはいらない

評価稼ぎ用の商品って、何が最適だと思いますか?

LINEの無料講座では、評価稼ぎ用の商品を探すコツも書いてありました。

これは結構、いい情報だと思います!

まず、中古品より、新品の商品がいいですね。

同じ商品をたくさん仕入れるってなると、やっぱ新品ってことになってきますよね。

そして、評価稼ぎ用の商品は、評価を稼ぐために売るわけなんで、儲けはちょっとでいいんですよ。

なんなら、仕入れと手数料を合わせて、販売価格とトントンでもいいわけです。

イメージ的には、100円で仕入れた物を、400円ぐらいで売る感じですね。

商品の種類にもよりますけど、Amazonで商品を400円で売ると、Amazonに取られる手数料が60円ぐらいですかね。

それを、送料が200円ぐらいで発送できる、小さい商品や、軽い商品にすれば、

400-(100+60+200)=40で、利益は40円です。

稼ぐための商品でこの利益だとキツイですけど、評価稼ぎ用の商品なんで、これで十分です。

利益ゼロでもOKです。マイナスはさすがにダメですよ。

でも、新品の商品を安く仕入れるのって難しいですよね。

それを可能にするのが、Yahoo!ショッピングとか、楽天市場です!

新品で、Amazonより安く売ってる商品が、Yahoo!ショッピングとか、楽天市場だと見つかるんですよ~!

同じ商品が、Amazonでは400円で売ってて、Yahoo!では100円で売ってるみたいなことが、探せば結構あります。

400円、100円ってのは例えなんで、必ずその値段じゃなくても、もちろんOKです!

Yahoo!ショッピングとか、楽天市場で見つかる、Amazonより安い新品の商品で多いのは、ズバリ、文房具です!

どんな文房具かは、ヒミツです 笑

このテクニックに「おっ!」と、うなった方は、参考にしてみてください。

文房具以外にもいろいろありますよ~。

なんて、僕もせどりの成功者のように語ってしまいましたが、ただの受け売りです 笑

LINEのせどらーさん、ありがとうございます<(_ _)>

LINEの無料講座では、なんと、具体的な商品のリストも一部、紹介されていました!

僕は、その中の何種類かを、50~60個も仕入れましたよ!

それが何かは、もちろんヒミツです 笑

Amazonでよく売れてる商品を選ぶ

ひとつ、書き忘れてました!

評価稼ぎ用の商品を探すとき、Amazonより安けりゃ何でもいいってわけじゃないんです。

Amazonでよく売れてる商品じゃなきゃダメです!

売れてない商品を何十個も仕入れても、しょうがないですからね。

で、Amazonで売れてる商品をどうやって探すかと言うと、モノレートっていうサイトを使うんですよ。

このサイトで商品を検索すると、過去何ヶ月で、何回売れたってのが、折れ線グラフで分かりやすく表示されるんです!

便利なサイトですよね~!是非、使ってみてください!

…と、言いたいとこなんですけど、

モノレート、7月に閉鎖されちゃったんです(>_<)
今はもう使えません!

なんか、Amazonの規約違反になるから、閉鎖するように言われたらしいです…

僕がせどりを始めた頃は、まだ使えたので、ギリギリ、モノレートの恩恵にあずかることができました。

まさか、始めてすぐに使えなくなるとは…残念でなりません…

使えないなら書くなよ!

って感じですけど、体験記なんでね、体験したことを書いておきました 笑

とまぁ、はじめて仕入れをしたときのことを書いみましたけど、せっかく古物商許可を取ったのに、新品しか仕入れてないですね 笑

中古品を転売して稼がなきゃ、古物商許可取った意味ないや…

最後に

せどりを始めて最初の仕入れは、評価稼ぎ用の商品でした 笑

でも、これからAmazonで販売していくことを考えると、評価稼ぎ用の商品も、意外とバカにできないですよね~。

今回は、仕入れの記事なんですが、成果をちょっとだけ教えちゃうとですね…

実際、何件かの評価をもらえてます!

評価稼ぎ用の商品、ちゃんと成果でてますよ~。

それでは、今回はこのへんで。

トモヤンでした~。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。