【トモヤンの古物商 取得体験記⑨】Amazonで出品してみた

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

どうも、トモヤンです!

取得体験記⑧では、初めての仕入れについて書きましたね~。

今回は、その時の話や、他に仕入れた商品なんかもですね、Amazonに出品したときのことを書いていきたいと思います。

前回までのトモヤン

僕は、せどりのために古物商許可を取って、その他モロモロの手続きも全部済ませて、いよいよ、はじめての仕入れに挑戦しました!

とある、せどらーさんからの情報で、Amazonで販売するときは、「ストアの評価を付けてもらうために、利益を狙う商品以外で売れやすい商品も仕入れるといい」との情報を入手したので、あまり利益が出なくてもよく売れそうな商品を仕入れました。

遂に、仕入れた商品をAmazonに出品します!

いざ出品!

よく売れそうな商品を仕入れたあと、結構張り切って、たくさん仕入れちゃいました!

某アイドルのDVD3枚に、いろんなアーティストのCD10枚、そして、赤本20冊ぐらい仕入れました。

赤本っていうのは、大学入試の過去問が載ってる参考書のことですね。

何回か前の体験記でチラッと書いたんですけど、赤本って結構売れるらしいんですよ。

【トモヤンの古物商 取得体験記⑤】無事許可取得しました!これからの展望

それを信じて、いきなり20冊も仕入れちゃいました 笑

CD、DVD、赤本をたくさん仕入れたところで、いよいよAmazonに出品です!

DVDは一部に出品規制がかかっていた

まず、某アイドルのDVDから出品してみました。

Amazonに商品を出品するときって、まず、出品したい商品の状態を、「新品」「中古」「コレクター商品」の中から選ぶんですよ。

コレクター商品ってのは、サイン入りの商品とか、付加価値がついてるやつですね。

某アイドルのDVDは、3枚中2枚は、未開封の状態のものを仕入れることができたんです!

その2枚は「新品」で出品しようと思って、「新品」をクリックしてみたら、「出品申請をしてください」的な画面になったんですよ。

あれ?と思って、いろいろ調べてみると、どうやら新品のDVDは、メーカーとちゃんと契約して仕入れている人じゃないと、出品しちゃいけないってことが分かったんです…。

しかも、その証拠に、DVDのメーカーが販売を許可したことが書いてある書類とか、メーカーからの請求書なんかをAmazonに見せないと、出品の許可が下りないみたいなんです!

困りましたねー。

試しに「中古」をクリックしてみたら、問題なく出品情報を登録する画面に進めたので、仕方なく「中古」で出品することにしました。

中古で出品すると、商品の状態を、「ほぼ新品」「非常に良い」「良い」「可」の中から選ぶことになってます。

ここは、もちろん「ほぼ新品」を選びました。

商品の説明文を自由に書くことができるんですけど、そこで、ちょっと工夫をしてみました。

『システムの都合上、「中古品」で出品していますが、未開封の新品です。』

って書いてみたんです。どうでしょう!

お客さんからすれば、「ふーん、新品なんだぁ。」ぐらいにしか思わないですよね。

みんながみんな、Amazonの出品システムを知ってるわけじゃないですからね。

同じようなトラブルに見舞われたせどらーさんは、この方法を真似すれば、大丈夫だと思いますよ~。

実は、この工夫、他の出品者のパクリです 笑

こういう風に書いてる出品者をたまたま見つけたんで、真似させてもらいました。

もうひとつの未開封で仕入れたDVDは、なんてことなく「新品」で出品できました!

メーカーによって規制があるのとないのがあるみたいですねー。

CDは全部規制がかかっていた

次にCDを出品してみたんですけど、CDはDVDよりクセモノでした…。

「新品」「中古」「コレクター商品」を選ばせてもくれなくて、いきなり、「出品申請をしてください」だったんです…。

いろいろ調べたところ、CDは、DVD以上に規制が厳しいみたいです。

僕が仕入れた10枚のCDは、何ひとつ出品できませんでした…。

仕入れていないCDも、いろいろチェックしてみたんですけど、どれも出品申請が必要でした。

多分、CDは全部、出品申請が必要ですね…。

昔は、そういう規制はなかったらしくて、だんだんいろんな規制ができていったらしいです。

もう少し早くせどりを始めておけば…orz

CDは、しょうがないので、メルカリに出品することにしました。

メルカリには、CDの規制はないからいいんですけど、相場はAmazonより安めでしたね…。

これからAmazonで販売をしようと思っている人は、CDには手を出しちゃダメです!

赤本は簡単に出品できた

次に赤本ですね。

これは何事もなく出品できました。

参考書って、人によってはコピーして使ったりするじゃないですか。

だから、ほとんど傷とか、汚れがないものを、結構たくさんGETできたんですよ~!

7割ぐらいは「ほぼ新品」で出品しましたね。

「ほぼ新品」というのは、Amazonのガイドラインで「ほとんど読まれた形跡がない完全な状態の商品。カバー、ページに書き込みや折り目などがない商品。ギフトに適している商品。」と書かれています。

状態の判断は、あくまで僕の主観なんですが、「ほぼ新品」に当たると考えました。

もし、クレームがあったら、そのときは、取り替えでも何でもさせていただきます…。

よく売れそうな商品も簡単に出品できた

最後に、よく売れそうな商品ですね。

稼ぐためと言うより、たくさん売って実績を作るための商品です。

僕は、DVD、CD、赤本以外に、利益がそれほど出なくてもよく売れそうな商品も、たくさん仕入れたんです。

このことは、取得体験記⑧に詳しく書いたんですけど、どういうことなのかを簡単に説明しますと…

Amazonのストアの評価は、お客さんが評価を投稿してくれない限り、上がっていかないわけです。

取引の数が多くなれば、評価を投稿してくれるお客さんに巡り会うチャンスが増えるはずですよね。

そこで、儲けはそれほど出なくていいんで、単価が安くて、Amazonでよく売れてる商品を、たくさん仕入れて、売りまくるわけですねー。数打ちゃ当たるってやつです。

安い商品だから、たくさん仕入れても、資金の負担は軽く済むわけです。

これが、よく売れそうな商品です。

僕は、ある文房具に目をつけて、たくさん仕入れました!

某文房具も、赤本のときみたいに、何事もなく出品できました。

はじめてのお客さん!

そんな感じで、いろいろと出品したんですけど、待てど暮らせど売れませんでした…orz

せどりは、そんなに甘いもんじゃなかったんです…。

初出品からちょうど一週間たったある日、僕のスマホから、「チャリーン!」という聞いたことない音が聞こえてきました。

スマホの画面を見てみると、Amazonのセラー用アプリの通知音だったようで、「注文が1件ありました」と書いてあったんです!

やりました~!遂に、Amazonで商品が売れたのです!

「チャリーン!」とは、なんとも縁起がいい音です 笑

はじめて売れた商品は、ちょうど、一番はじめに出品した某アイドルのDVDでしたね。

7480円で販売したんですけど、Amazonに1388円も手数料を取られちゃいました…。

まぁ、手数料がかかることは知ってたんですけど、いざ取られてみると、結構高くてガッカリしますね~。

DVDは、手数料が15%取られます。この手数料って、商品によってパーセンテージが違うんですよ~。

それにしても、7480円の15%って、1122円なんですけどね…266円はどこから…?

まぁ、細かい計算はよく分からないんで、これ以上考えないようにしときます 笑

ちなみに、このDVDは、5500円で仕入れていました。

ということは、7480-1388-5500=592

儲けは、592円! 少なっ!

しかもですね、このDVDを発送するのに198円かかるんですよ。
(僕が使ってる発送方法の場合です。)

それも差し引くと…

儲けは、394円!! 少なっ!!

一応、儲けは出てますけど、こんなにチビチビ稼ぐ感じじゃ、正直、割に合わないですよ 笑

もっと安い値段で仕入れるか、高く売るかしないといけないですね。

まぁ、これもひとつ勉強です。

こういう経験を積み重ねてる内に、いつかは、せどり上手になっているかもしれません 笑

それから、またしばらく何も売れない日が続いたんですけど、4日後に2回目の注文が入りました!

それ以降は、だんだん安定してきてですね、ほぼ毎日のように、何かしら売れるようになったんですよ!

「チャリーン!」を聞くのが、毎日の楽しみになっていきました 笑

でもまぁ、売れた商品の半分以上は、あまり利益のでない商品なんですけどね。

だから、それほど稼げてはないです…。

評価を稼ぐためにあれこれ工夫

商品がちょっと売れだしてきた頃、こんなことをしたんです。

『友達に、「買ってください」とお願いする』

このとき忘れてはならないのは、「商品が届いたら評価を投稿して」と頼むことです!

それが目的ですからね。

ただ、「良い評価を書いて!」と頼むのは規約違反になっちゃいます。

ちゃんと僕は「正直に評価を投稿して欲しい」とお願いしてますよ。

商品をたくさん売っても、評価をもらえるかどうかは結局、なんで。

だったら、友達に頼んでしまえばいいんですよ!

これなら、頼んだ人数分の評価は、確実に手に入りますよね。

この方法を駆使して、僕はせどりを始めてすぐに、4件の評価をゲットしました~!

友達少なっ 笑

でも、すべてちゃんと良い評価をいただきました。

評価をもらうためにやった工夫が、もう一つあってですね、商品に必ず手紙を添えるようにしたんですよ。

どんな手紙かって言うと、「僕のお店で買ってくれてありがとう」っていうお礼と、「できれば評価を投稿してほしいな~」っていうお願いですね 笑

手紙はWordで作って、シメにお店の屋号が書いてあるんですけど、その部分だけは、直筆で書くようにしました。

この方が、誠実さが伝わると思って 笑
 
手紙も相まっての成果だと思うんですけど、たまーに、評価を投稿してくれるお客さんが現れるようになったんですよ~!

10人とか、20人に1人ぐらいの割合ですかね?

今、僕のお店には、頼んだ友達以外にも、何件かの評価がついております!

たった1件でも評価がつくと、画面で見たときの印象が全然違って、一気に箔がつきますよ~。

そうそう、赤本もそれなりに売れてます!

赤本のことは、また追々書きますね。

最後に

Amazonへの初出品は、出品規制のこととか、いろいろ勉強になりましたね~。

でも、やる前に知ってれば、CDを10枚も仕入れずに済んだのに…

これからも、こんな感じで、せどりで実際に経験したことをどんどん書いていくので、せどらーを目指す人なんかに、参考になったら嬉しいです。

それでは今回は、このへんで。トモヤンでした~。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。