【古物商 実務Q&A】古物台帳をつけなくて良いのはどういう場合?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

古物台帳をつけなくてもよいのは、盗品の恐れが少なく、金額が小さい場合です。

古物商が古物取引をした場合、その内容を古物台帳に記載しなければなりません

ですが、すべての取引について古物台帳をつける必要はありません

古物台帳は、古物取引の中に盗品が紛れ込んだ場合に、警察が捜査しやすくするためのものです。

そのため、盗品捜査の可能性が少ない取引の場合には、古物台帳を付ける必要はないのです。

具体的に古物台帳をつける義務があるかどうかは、「品目」「金額」「買取または売却」などによって異なります

今回は、古物台帳をつけなくてよい場合について具体例を挙げて説明をします。

盗品捜査の可能性が低い場合は古物台帳をつけなくてもいい

古物台帳を付けなくてもいい場合があるって聞いたんだけど、本当?

本当よ。
そもそも、古物台帳っていうのは、警察が盗品捜査をしやすくするためのものなの。
だから、盗品捜査の可能性が低い場合、古物台帳を付ける必要はないわ

盗品捜査の可能性が低いって具体的にはどんな場合なの?

それは、品目や金額、あとは買取か売却かによっても違ってくるわ
品目ごとにケースを分けて説明するから、しっかり理解してね

うん、わかった~

オートバイ・原付

まず、オートバイや原付の場合は、本体か部品かで違ってくるわ
1万円未満の品部を売却する場合、古物台帳の記録義務はないわ。
中でも、特に盗品のおそれが少ない部品(ねじ・ボルト・ナット・コード)については、買取・売却どちらも記録は不要

部品の価格が1万円以上だと、買取・売却両方とも古物台帳の記録が必要なんだね

その通りよ

オートバイや原付本体はどうなるの?

本体の場合、金額に関係なく、買取の場合も売却の場合も古物台帳をつけなければならないわ
盗品が紛れ込む可能性が高いことが理由ね

オートバイや原付については、1万円未満の部品を売却する場合は、盗品が紛れ込む恐れが少ないため古物台帳を付ける必要はありません

1万円未満の部品の中で、さらに盗品の可能性が少ない部品(ねじ・ボルト・ナット・コード)については、買取・売却どちらの場合も古物台帳を付ける必要はありません

1万円以上の部品や、オートバイ・原付本体については、盗品の可能性が高いため、買取・売却どちらの場合も古物台帳を付けなければなりません

自動車

自動車の場合には、金額がポイントになるわ!
まず、1万円未満の場合には買取り販売も、記録義務はないわ。
もっとも、1万円未満の自動車はなかなかないけど、1万円未満の自動車部品が免除されると考えるとわかりやすいわね。

1万円以上の取引の場合には、原則として買取も売却も帳簿への記録義務が必要よ。
だから、自動車本体を取り扱う場合には買取も売却も基本的には記録が必要ね。
ただし、売却の時は取引相手の氏名と住所のみの記載でOKなの。

自動車は盗品が紛れ込む可能性が高く、また被害金額も大きくなる可能性がある品目です。

そのため、自動車やその部品を扱う場合、1万円以上の売買をする場合には古物台帳をつけなければなりません。

美術品、時計・宝飾品

品目「美術品」と「時計・宝飾品」は、自動車と同じように、金額が重要なポイントになるわ。
1万円未満だと、買取・売却どちらの場合も記録は不要よ。
逆に、1万円以上の場合は買い取る場合も売却の場合も古物台帳をつける義務があるわ

あまり価値のない「美術品」や「時計・宝飾品」が盗品として流通する可能性は低いといえます。

そのため、1万円未満の場合は台帳を付ける必要はありません

1万円以上の場合は盗品の可能性が高いため、買取・売却どちらも古物台帳をつける義務があります。

書籍、CD、DVD、ゲームソフト

書籍、CD、DVD、ゲームソフトについては、買取か売却かが重要なの。
売却の場合は金額に関係なく古物台帳の記載は不要

逆に買取をする場合は、1万円未満でも台帳をつけなきゃいけないんだね

書籍、CD、DVD、ゲームソフトは、金額が低い割に盗品として持ち込まれる可能性が高いという特徴があります。

そのため、売却をする場合は台帳の記録は不要ですが、買取をする場合は、1万円未満であっても台帳を付ける義務があるのです。

それ以外の品目

今までに説明した品目以外については、1万円未満または売却をする場合、台帳の記録は不要よ

1万円以上でかつ買取の場合だけ古物台帳の記載義務があるってことだね
でも、なんで買取の場合にだけ必要なんだろ

そもそも、古物台帳を付ける目的って何か知ってる?

盗品が紛れ込んだ場合に、警察が捜査をしやすくするためだよね

そうね。盗品が紛れ込むのは、どういう場合が多いと思う?

あ!泥棒が盗品を売りに来る場合だね。
ということは、古物商者からすると、買い取る(仕入れ)場合に、盗品が紛れ込んでしまう可能性が高いんだ

その通りよ。だから、古物台帳は原則として買取の場合に必要とされているの。
ただし、特に盗品の可能性が高い品目については、例外的に売却の場合も台帳をつけなきゃいけないの

なるほどね~

古物営業法の目的は、盗品が古物取引に紛れ込むことの防止と、盗品の早期発見にあります。

そして、古物台帳をつける目的は、盗品が紛れ込んだ場合に、警察がすぐに盗品を発見することができるようにするためです。

古物取引の中に盗品が紛れ込む可能性が最も高いのは、古物商が商品を買い取る(仕入れる)場合です。

そのため、古物台帳は原則として、買取の場合にのみ古物台帳をつけなければならないのです。

また、金額が低い物品を泥棒がわざわざ売却するケースは少ないため、1万円未満の場合には古物台帳の記載は免除とされているのです。

古物台帳をつけないとどうなる?

古物台帳のルールは細かいんだね

そうね。だから、自分が扱っている品目について、古物台帳の記載に関するルールをしっかり理解することが重要よ

でも、古物台帳を付けないとどうなるんだろ

古物台帳への記載義務は、古物商の三大義務といわれるぐらい重要なことなの。
もし、この義務を怠ったら、色々なペナルティが科せられる可能性があるわ

例えば?

まず、古物台帳の記載をしなかった場合、営業停止命令や許可の取消処分が下されるケースががあるわ。
さらに、古物営業法違反(6か月以下の懲役または30万円以下の罰金)として逮捕・処罰される可能性もあるわ

せっかく苦労して取得した許可を取り消されたり、逮捕されたりするのは絶対嫌だなぁ

そうでしょ。だから、古物台帳に関するルールをしっかり理解して、適切に古物取引を続けていくことが重要よ

古物台帳の記載を怠ると古物営業法違反(6か月以下の懲役または30万円以下の罰金)で逮捕される可能性があります。

また、営業停止命令や古物商許可の取消処分などのペナルティを科せられる可能性もあるので注意が必要です。

【古物商 実務Q&A】古物台帳をつけなくて良いのはどういう場合? まとめ

古物台帳をつけなくても良いのは、盗品捜査の可能性が低い取引をする場合です。

古物台帳は、古物取引の中に盗品が紛れ込んだ場合、警察が捜査をしやすくするために必要なのです。

そのため、扱う物品が1万円未満の場合や売却のみの場合には、盗品の可能性が低く、古物台帳の記載は原則として不要とされています。

ただし、盗品の可能性が高い品目の場合は、1万円未満の場合や、売却のみの場合であっても台帳への記載が必要とされる場合があります。

古物台帳への記載を怠ると、営業停止命令や古物商許可の取消処分を受ける可能性があり、また、最悪の場合には逮捕されてしまうかもしれません。

しっかりと古物台帳に関するルールを把握して、安全な古物取引を心がけましょう

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え




必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。