【古物商 実務解説】プリンターの買い取り価格の相場・決め方

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

プリンターの転売を始めようと思うんだけど、買い取り価格ってどうやって決めたらいいのかな?

そうね。人によっていろいろな方法があるみたいだけど、一般的には、まず販売価格を決めて、そこからビジネス運営に必要な経費と、想定している利益を差し引いて、買い取り価格を決定するわ

今回は、プリンターの買い取り価格の決め方について説明をします。

買い取り価格は販売価格を基準に決めましょう

買い取り価格をどうやって決めるかということは、古物商にとってはとても大きな問題です。

ただ、転売ビジネスを始めたばかりの人や、これから始めようと思っている人の中には、

どうやって買い取り価格を決めたらいいのかわからない

という人がいるかもしれません。

そこで、中古プリンターの一般的な買い取り価格の決め方を説明します。

プリンターの買い取り価格を決めるために、まずは、そのプリンターの販売価格を決めましょう。

そして、その販売価格からビジネス運営に必要な経費と、想定している利益を差し引いて買い取り価格を決めるのです。

例えば、Aというプリンターを買い取る場合、先にAの販売価格を決めます。

Aの販売価格を5000円と決めた場合、そこから必要経費や想定している利益を差し引きます。

想定している利益というのは、要するに自分が欲しい儲けのことね

必要経費には、従業員に対して支払う給料や在庫の保管費用などが含まれます。

仮に必要経費を2000円、想定している利益が1000円だとすると、5000円-(2000円+1000円)でAの買い取り価格は2000円となります。

どうして、先に販売価格を決めるの?

この順番で、買い取り価格を決めれば、ビジネス運営に必要な経費や利益を確保しつつ、高額の買取査定を出すことができるからよ

ネットで販売価格を調べる

プリンターの買い取り価格を決めるためには、まず販売価格を決めるべきです。

ただ、販売価格も適当に決めるのではなく、きちんと相場を調べてから決定しましょう。

どうやって販売価格って調べるの?

ネットでメーカーと型番を入力して、中古品って付ければすぐに調べることができるわ

ネットで相場を調べる場合、Amazonの利用をおすすめします

Amazonは基本的に商品の紹介ページが1つで、それを見れば、他の人が設定している販売価格を調べることができるからです。

ヤフオクやメルカリでは、商品ごとに紹介ページが分かれているため、価格の相場を調べるのに結構手間がかかります。

その点、Amazonだと新品の価格から中古品の相場まで一目でわかるので手間が省けるのです。

高額商品に惑わされない

プリンターの販売価格を調べるのには、Amazonが便利だと説明しました。

ただ、Amazonで販売価格の相場を調べるときに、1つ注意しなければならない点があります。

それは、高額商品に惑わされないということです。

たまに、Amazonでは新品よりも高い値段で中古品の価格を設定している出品者がいます。

プレミアが付いたとかじゃないの?

中古プリンターでプレミアが付くことなんてほとんどないわ。それでも、中には新品のプリンターよりも高い値段設定にしている人がいるのよ

その詳しい意図はわかりませんが、おそらく

  • いくらで設定すればいいのかわからなかった
  • 万が一売れればラッキー

といった考えで出品しているのだと思います。

ですが、中古プリンターが新品以上の価格で売れることはほぼありません。

この販売価格を参考にすると、買い取り価格が高くなりすぎてしまうので注意しましょう。

その他の買い取り価格を決めるポイント

よーし、じゃあ販売価格を調べて買い取り価格を決めればいいんだね

ちょっと待って。販売価格を調べるのは買い取り価格を決めるための”前提”であって、他にも重要なポイントがいくつもある

ネットの販売価格はあくまで目安であって、適切な買い取り価格を決めるためには、他の要素も考慮しなければなりません。

そこで、プリンターの買い取り価格を決めるための、重要なポイントをいくつかご紹介します。

販売までの期間

プリンターの買い取り価格を決めるうえで、販売までの期間をどのくらいで設定するかはとても重要です。

プリンターは古本やアクセサリーなどと比べてサイズが大きく、広い保管スペースが必要です。

倉庫やテナントを借りている人の場合、プリンターの保管費用はバカになりません。

また、プリンターのような機器類は、新しいモデルが出ると中古品の相場はどんどん下がってしまいます。

そのため、場合によっては、相場よりも低い値段で販売して、回転率を上げなければならないケースもあります。

販売価格を相場よりも低く設定したら、買い取り価格はどうなっちゃうの?

その場合は、次の対策をとらなければなりません。

  • 買い取り価格も下げて利益は確保する
  • 買い取り価格はそのままで利益を下げる

う~ん、どっちがいいんだろう

それは、状況によるとしかいいようがないわね。一般的には利益を下げて薄利多売の戦略をとるパターンが多いみたいだけど、発送や検品の負担が増えるっていうデメリットもあるわ

需要があるか

プリンターを買い取る場合は、そのプリンターの価格だけでなく評判にも注意しましょう

高額なプリンターでも、評判が悪いとなかなか買い手が見つからない可能性があるからです。

プリンターの評判ってどうやって調べたらいいの?

プリンターの評判については、商品レビューをしているブログや、Amazonのレビュー欄などが参考になります。

ただし、あからさまな宣伝記事などもあるので、1つだけでなく複数の記事を参考にすることが重要です。

付属品の有無や商品の状態

プリンターを買い取るときは、しっかり動くか、キズがないか、など商品の状態をチェックしましょう

きちんと動作しないプリンターも、ジャンク品として買い取ることは可能です。

ただ、転売経験のあまりない人に、ジャンク品の買い取りはおすすめしません

なぜなら、ジャンク品は買い手が見つからずに在庫として抱えなければならない可能性が高いからです。

商品知識のある人であれば、部品取り用として転売することなども可能ですが、転売初心者にはハードルが高いと思います。

また、付属品が揃っているかどうかについてもしっかりチェックしましょう。

箱や説明書など使用にあまり関係のない付属品であれば、価格が下がるだけですが、アダプタなど使用に欠かせない付属品がない場合、ジャンク品扱いになってしまいます。

慣れないうちは、メーカーのサイトを見るなどして、付属品が全部そろっているかどうか、きちんとチェックすることをお勧めします。

【古物商 実務解説】プリンターの買い取り価格の相場・決め方 まとめ

プリンターの買い取り価格を決めるには、まず、販売価格を決めることが重要です。

販売価格を決めるときは、Amazonなどネットで相場を調べましょう。

販売価格が決まったら、そこから保管費用や人件費などの必要経費と想定している利益を差し引いて、買い取り価格を決定します。

ただ、プリンターの状態や保管スペースの有無などによっては、買い取り価格を修正する必要があります。

具体的には、

  • 販売までの期間
  • 需要があるか
  • 付属品の有無や商品の状態

などを考慮して、具体的な買い取り価格を決めるとよいでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問にはご回答は致しかねます。
よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。