転売を仕事にするには何をすれば良い?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

転売を仕事にするには、まず古物商許可を取得しましょう。

古物商許可は、転売をするうえで、最も基本的な資格だからです。

古物商許可の取得の次は、仕入れ先の確保や、取引の準備をします。

古物商許可って何?仕入れ先ってどうやって確保するの?

ゆっくり1つずつ説明するから落ち着いて!

転売を仕事にするには古物商許可を取得しましょう

転売を仕事にするには、まず古物商許可を取得しましょう。

古物商許可というのは、中古品の転売ビジネスをするために必要となる資格のことです。

この許可がないと、中古品の転売を仕事にすることはできません。

ですから、中古品の転売を仕事にするのであれば、必ず事前に古物商許可を取得しましょう。

え?じゃあ、新品の商品を転売するんだったら古物商許可はいらないってこと?

それがそうでもないの

新品の転売でも古物商許可が必要になる可能性があります

古物商許可は中古品(古物)の転売を仕事にする場合に必要となる資格です。

ですから、新品の商品をお店で仕入れて転売する場合、古物商許可は必要ありません。

ただ、注意しなければならないのは、新品・未使用品でも「個人が使用するために取引した物は中古品(古物)として扱われる」ということです。

う~ん・・・難しくてよくわからないな~

じゃあ、ゆっくり説明するわね

例えば、せど美が、自宅で使用するために新品の家電を家電量販店で購入したとします。

ですが、せど美はその家電が自宅に合わなかったため、新品・未使用品としてネットオークションに出品しました。

一般的にはせど美が出品した家電は新品と扱われるでしょう。

しかし、古物営業法では、せど美という個人が使用するために取引した物なので、新品・未使用品でも中古品(古物)として扱われます。

そのため、こぶ吉がせど美からこの家電を仕入れる場合、古物商許可が必要です。

要するに、個人から商品を仕入れて転売する場合、それが新品でも古物商許可が必要になるかもしれないってことなの

ネット上で新品の商品を仕入れるときは要注意

個人から新品の商品を仕入れる場合、古物商許可が必要になるケースがあると説明をしました。

新品の商品をメーカーや直営店などから仕入れて転売する場合、古物商許可は必要ありません。

ただし、ネットを使って商品を仕入れる場合は注意が必要です。

インターネット上では、個人でも簡単にショップのアカウントを取得することができます。

そのため、アカウントがショップやストアになっていても、実際に運営しているのは個人というケースがよくあるからです。

アカウントがショップでも、運営者が個人の場合、古物営業法上は個人として扱われる可能性が高いです

そのため、ネットでショップから新品の商品を仕入れる場合でも、古物商許可が必要になるケースがあるのです。

ネットで仕入れをする場合は、相手が個人か会社か見極めることが重要なの

いちいち調べるの面倒くさいなぁ

そうね。だからいっそのこと古物商許可を取るのもおすすめよ

古物商許可を持っていれば、新品・中古品のどちらでも転売することができます。

ネットで仕入れをする場合でも、相手が個人かどうかなど気にする必要がありません。

細かいことを気にすることなく、安全に転売を楽しむことができるのでおすすめです。

古物商許可を取らないとどうなる?

古物商許可を取らないで中古品の転売ビジネスをすることを無許可営業といいます。

無許可営業を続けると、古物営業法違反として警察に逮捕されます。

その場合、「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」という重い罰則を受けるので注意しましょう。

また、処罰後5年間は転売ビジネスをすることができない、というペナルティも受けることになります。

無許可営業は絶対にしないよう注意しましょう。

でも、無許可営業なんてみんなやってるんじゃない?どうせバレないでしょ

バレないと思って無許可営業をするのはリスクが高すぎるので絶対にやめましょう。

無許可営業は、取引相手の通報や別事件の捜査など、思わぬきっかけで発覚します。

実際に、無許可営業で警察に逮捕される人は後を絶ちません。

後悔しないよう、必ず事前に古物商許可は取得しておきましょう。

古物商許可の取得は専門家に依頼しましょう

古物商許可の取得は専門家である行政書士に依頼するのがベストです。

古物商許可の申請には、たくさんの書類が必要になるなど、手続きがとても面倒だからです。

自分でやると、何度もやり直しになったりして、思わぬ時間や手間がかかってしまいます。

予定通りに許可が下りず、いつまで経ってもビジネスが始められないケースもよくあります。

その点、行政書士に依頼をすれば、専門家が責任をもって最短で許可を取ってくれます。

安全かつ効率的に許可を取りたいのであれば、行政書士に依頼をするべきです。

仕入れ先の確保には古物市場がおすすめ

古物商許可を取得したら、次は仕入れ先を確保しましょう。

優良な仕入れ先を確保することは、転売を仕事にする上でとても重要なのです。

ですが、中には「どうやって仕入れ先を確保すればいいのかわからない」という方もいるのではないでしょうか?

そういう方には、古物市場の利用をおすすめします。

古物市場というのは、転売のプロだけが参加できる優良な取引場のことをいいます。

古物市場では、たくさんの中古品が一般の市場よりかなり安い値段で取引されています。

また、古物市場は定期的に開催されているので、安定的に仕入れを行うことが可能です。

古物市場を上手に利用すれば、収益を伸ばすことも難しくありません。

ただ、古物市場に参加するためには、古物商許可を持っていることが最低条件です。

他にも、古物市場によっては別の参加条件が求められる場合もあるので、事前に主催者に確認するとよいでしょう。

取引の準備は計画的に行いましょう

古物商許可を取得して、仕入れ先の確保ができたら、取引の準備をしましょう。

取引の準備については、転売をネットでするのか、店舗でするのかによって変わります。

転売経験があまりない方には、ネットを使った転売がおすすめです。

少ない初期費用で簡単に転売を始められるからです。

ネットを使った転売の場合、インターネット環境とスマホ1つあれば取引を始めることが可能です。

メルカリやヤフオクなどのアプリを利用する場合は、それぞれのユーザー層や動きやすい商品やジャンルなどの特徴を調べることが重要です。

また、意外に忘れがちなのが、梱包材など商品発送の準備です。

商品が小さい場合はそれほど気にする必要はありませんが、大きな商品を扱う場合は、梱包材もたくさん用意しておく必要があります。

転売を仕事にするには何をすれば良い? まとめ

転売を仕事にするには、

  • 古物商許可の取得
  • 仕入れ先の確保
  • 取引の準備

などをしなければなりません。

中でも特に重要なのが、古物商許可の取得です。

古物商許可は中古品の転売ビジネスに必要な資格ですが、場合によっては新品・未使用品の転売でも必要になるので注意しましょう。

無許可営業をすると警察に逮捕され、重い罰則を受けることになります。

必ず事前に古物商許可は取得しておきましょう。

古物商許可の申請手続きはとても面倒で時間がかかります。

効率よく簡単に古物商許可を取得したいのであれば、行政書士に依頼をするのがおすすめです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問にはご回答は致しかねます。
よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。