古物商許可取得を代行に頼むのは危険?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

古物商許可取得の代行を、行政書士以外の誰かに頼むのはとても危険です。

他人に代行を頼むといろいろなトラブルにつながる可能性があるからです。

もし、代行を頼むのであれば、古物商許可専門の行政書士事務所に依頼しましょう。

今回は、古物商許可の代行について詳しく説明をするわ

古物商許可の取得を代行に頼むのは危険です

古物商許可取得を代行に頼むのは危険な行為です。

頼むのであれば、古物商許可専門の行政書士事務所に依頼するようにしましょう。

最近、中古品の転売でお金を稼ぐ人が増えています。

ヤフオクやメルカリといったアプリが充実したおかげで、誰でも気軽に転売を始められるようになったからです。

ただ、中古品の転売でお金を稼ぐには、古物商許可という資格が必要です。

古物商許可を取らずに中古品転売でお金を稼ぐと、古物営業法違反で警察に逮捕される可能性があります。

転売に興味のある方は、なるべく早めに申請をして古物商許可を取得しましょう。

ただ、古物商許可の申請は平日に行わなければならず、また申請には時間もかかるので、普段忙しい人にとってはなかなか難しいと思います。

そのため中には、

誰かに頼んで代わりに古物商許可を申請してもらおうかな?

と考えている人もいるかもしれません。

ですが、古物商許可の代行を他人に頼むのは危険な行為なのでやめましょう。

危険って具体的にどうなっちゃうの?

他人に代行を頼むと、いろいろなトラブルが起きちゃう可能性があるの

古物商許可取得を代行に頼むとトラブルが起きる可能性があります

古物商許可の取得を代行に頼むのはとても危険です。

他人に代行を依頼すると、いろいろなトラブルが起きる可能性があるからです。

そこで、どんなトラブルが起きてしまうのか、具体的に説明をします。

行政書士以外の人が古物商許可取得の代行をすると逮捕される可能性があります

行政書士以外の人に古物商許可の代行を依頼した場合、依頼を受けた人が警察に逮捕されてしまう可能性があります。

許認可などの代行をして報酬をもらっていいのは、行政書士に限られているからです。

そのため、友人や家族などに古物商許可の代行を依頼して、報酬としてお金を払った場合、依頼を受けた人が行政書士法違反で警察に逮捕されてしまう可能性があるのです。

その場合の罰則は「1年以下の懲役100万円以下の罰金」です。

知り合いや家族に迷惑がかかっちゃう可能性があるってことだね

なかなか許可が下りない可能性があります

古物商許可取得の代行を他人に頼むと、なかなか許可が下りない可能性があります。

なぜなら、古物商許可の申請手続きはとても面倒だからです。

申請には、たくさんの書類を準備しなければならず、また、手続きも複雑です。

そのため、一般の方が申請をすると、必ずと言っていいほどミスが発生し、なかなか許可が下りません。

特に、他人の代行として申請をする場合は、委任状などが必要となり、手続きがさらに面倒になります。

また、申請内容について警察に聞かれた場合、いちいち本人に確認を取らなければならない可能性もあります。

普段から、許認可の代行を行っている人以外にとっては、かなりハードルの高い作業になるでしょう。

そのため、他人に代行を依頼した場合は、申請手続きがすすまず、なかなか許可が下りない可能性が高いのです。

当然だけど、許可が下りるまで中古品の転売はやっちゃだめよ

予定どおりビジネスが始められないってことだね

手数料19000円が無駄になる可能性があります

他人の代行として、古物商許可を取得するのはとても難しいと説明をしました。

そのため、なんとか申請手続きが終わったとしても、警察の審査にひっかかり、結果として不許可になってしまう可能性があります。

当然ですが、申請が不許可になると、中古品の転売ビジネスをすることはできません。

さらに、不許可になった場合は、古物商許可の申請手数料(19000円)は返金されません。

そのため、他人に代行を頼んだ場合、申請手数料が無駄になってしまう可能性があるので注意しましょう。

どうして許可がもらえなかったのに手数料が返ってこないの?

申請手数料はあくまで審査をしてもらうために支払うお金なの。だから審査の結果、不許可になったとしても手数料は返金されないのよ

他人に代行を頼めないんだったら、普段忙しくて自分で申請できない人はどうすればいいの?

そういう人は、行政書士事務所に代行を依頼するべきね

古物商許可の取得は行政書士事務所に代行を依頼しましょう

知り合いや友人など、他人に古物商許可の代行を依頼するのはとても危険なのでやめましょう。

では、普段忙しくて自分でなかなか申請することが出来ない人はどうすればいいのでしょうか?

そういう人は、行政書士事務所に依頼をしましょう。

行政書士事務所であれば、他人から依頼を受けて古物商許可の申請をすることが、法律で認められています。

そのため、依頼をしても法律違反の問題が発生することはありません。

また、行政書士は許認可のプロなので、申請ミスが原因で許可がなかなか下りないということはありません。

そのため、安心して任せることができるのです。

よし、じゃあ近所にある行政書士事務所に依頼してくるよ

ちょっと待って。行政書士事務所であればどこでもいいってわけじゃないのよ

そうなの~?

行政書士事務所を選ぶポイントをいくつか紹介するわね

古物商許可専門の行政書士事務所に依頼をしましょう

古物商許可の申請を行政書士事務所に依頼をするとき、1番大事なポイントは古物商許可専門の行政書士事務所に依頼をすること」です。

行政書士とは、許認可などの代行をする法律家のことをいいます。

ただ、行政書士の仕事の範囲はとても幅が広く、事務所ごとにそれぞれ得意な分野があります。

そのため、古物商許可以外の分野を専門に扱っている行政書士事務所に、古物商許可の代行を依頼しても、上手く対応できるとは限りません。

特に、古物営業法は法律の改正があったばかりなので、他の分野で活動をしている行政書士の場合、改正法に対応できない可能性があります。

ですから、依頼をするときは、事務所が古物商許可専門かどうかチェックすることがとても重要なのです。

全国対応している行政書士事務所がおすすめです

古物商許可を管理しているのは、各自治体の公安委員会です。

そのため、古物商許可の申請手続きは、自治体ごとによってルールが違うことがあります。

例えば、東京で必要とされている書類が、大阪では不要とされることがあるのです。

ですから、特定の地域に密着した行政書士事務所の場合、他の地域のルールを知らず、上手く対応できない可能性があります。

そのため、古物商許可の代行を依頼するのであれば、全国対応している行政書士事務所に依頼するのがおすすめです。

古物商許可取得を代行に頼むのは危険? まとめ

古物商許可取得を代行に頼むのは危険です。

なぜなら、他人に古物商許可の代行を依頼した場合、行政書士法違反になってしまったり、申請手続きが長引いてしまう可能性があるからです。

代行を頼むのであれば、古物商許可専門の行政書士事務所に依頼をしましょう。

行政書士事務所に依頼をするのであれば、法律違反になることもなく、また、専門家が最短で許可を取ってくれるので安心して任せることができるからです。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。