古物商許可を取るにはいくらかかる?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

古物商許可を取得するには、最低でも20,000円程度の費用は必ずかかります。

他にも、申請のために会社やバイトを休まなければならないなど、目に見えない費用もけっこうかかるので注意しましょう。

また、許可を取得したあとも、ビジネス開始までには、1万円程度の費用が必要です。

今回は、古物商許可に必要な費用について詳しく説明をします。

古物商許可を取るには最低でも20,000円程度かかります

古物商許可を取得するためには、次のとおり、最低でも20,000円程度の費用が必要です。

  • 古物商許可の申請費用 19,000円
  • 住民票や身分証明書など公的書類を取得するための費用
  • その他雑費(管轄の警察署までの交通費など)

具体的に説明をします。

申請手数料 19,000円

まず、古物商許可を取得するには、申請手数料(19,000円)が必要です。

これは、後から詳しく説明しますが、申請をするために必要なお金なので、不許可になっても返金されることはありません。

公的書類の取得費用

次に、公的書類を取得するための費用が必要です。

古物商許可を取得するには、申請書のほかにもたくさんの必要書類を提出しなければなりません。

必要書類の中には、役所や法務局などで取得しなければならない書類がいくつか含まれています。

こうした書類を取得するため、役所などに支払う手数料が必要なのです。

その他、交通費など

他にも、古物商許可を取得するには交通費などの雑費が必要です。

古物商許可の申請は、営業所を管轄する警察署で行います。

もし、自宅と営業所が離れている場合、遠くの警察署へ何度も足を運ぶ必要があります。

その場合は、交通費もバカにならないね

申請手数料(19,000円)は審査のために必要なお金です

古物商許可の申請手数料(19,000円)は、申請が不許可になっても返金されないので注意しましょう。

古物商許可の申請手数料(19,000円)は、あくまで警察に審査をしてもらうために必要なお金です。

ですから、審査の結果、警察が不許可と判断した場合でも、お金が戻ってくることはないのです。

どういう場合に、不許可になるの?

古物商許可の申請が行われると、警察は主に次の2つについて審査をします。

  • 申請者や管理者が欠格要件に該当しないか
  • 営業所が適切かどうか

古物商許可の申請が不許可になる多くのケースは、申請者や管理者が欠格要件に該当する場合です。

欠格要件とは、古物商許可が取得できなくなる要件のことをいい、次のようなものがあります。

  • 破産手続開始の決定を受けて復権を得ない者
  • 過去に犯罪歴のある人
  • 暴力団関係者
  • 住居不定者
  • 過去に古物商許可を取り消されて5年が経過していない者

これらの欠格要件に該当する場合は、古物商許可の申請は不許可となり、手数料は戻ってきません。

不許可にならないようにするためには、どうすればいいの?

古物商許可の申請が不許可にならないようにするには、申請をする前に、欠格要件のチェックをしっかり行うことです。

場合によっては、欠格要件に当たるかどうかの判断が難しい場合もあるので、警察署や行政書士という専門家に相談しながらすすめるとよいでしょう。

許可取得後もビジネス開始までにはお金がかかります

古物商許可を取得した後も、ビジネス開始までには、1万円程度のお金がかかります。

古物商許可を取得したからといって、すぐに古物商としてビジネスが開始できるわけではありません。

古物商許可を取得したあとは、「古物プレート」「古物台帳」などを購入して準備しなければなりません。

これらは、古物営業法という法律で決められているのです。

ちなみに、古物プレートは相場でだいたい3,000円~5,000円程度、古物台帳は紙ベースで2,000円程度かかります。

許可さえあればいいってわけじゃないんだね

そうよ。もし、法律を破ったら、営業停止や免許取消などのペナルティもあるから注意してね

古物商許可の取得には目に見えない費用がたくさんかかります

古物商許可を取得するには、これまでに説明した費用の他にも「目に見えない費用」がたくさんかかります。

それは、申請手続きのために休んだ仕事やバイトで貰えるはずだった給料です。

古物商許可を取得するには、申請書を作成し、たくさんの必要書類を集めて提出しなければなりません。

ですが、古物商許可の申請手続きは複雑なので、自分でやると必ずと言っていいほどミスが発生します。

一か所でもミスがあると申請は受け付けてもらえず、やり直しになってしまいます。

そのため、慣れていない方が申請をすると、何度も警察に足を運ぶことになるのです。

古物商許可の申請窓口は平日の夕方までしかやっていません。

ですから、人によっては、古物商許可を取得するために、何日も仕事やバイトを休まなくてはならないのです。

貰えるはずだった給料が貰えなくなるのが、目に見えない費用ってことね

何日もバイト休んだら、給料が少なくなるどころかクビになっちゃうよ~。何か対策はあるかな~?

安心して。平日忙しい人は、専門家に代行を依頼するっていう手があるわ。次で詳しく説明するわね

古物商許可の取得は専門家に依頼するのがおすすめ

古物商許可を効率よく取得するには、専門家である行政書士に依頼をするのがおすすめです。

行政書士に依頼をすれば、無駄なく最短で古物商許可の取得ができるからです。

例えば、古物商許可を取得する場合、申請手数料(19,000円)が必要ですが、このお金は申請が不許可になった場合でも返金はされません。

そのため、自分で申請をするとこのお金が無駄になってしまうおそれがあります。

ですが、行政書士に依頼をすれば、あらかじめ不許可になるかどうかをしっかり判断してくれるので、申請手数料が無駄になることはありません。

また、古物商許可の取得には、仕事やバイトを休まなければならないという「目に見えない費用」が発生します。

ですが、行政書士に代行を依頼すれば、仕事やバイトを休むことなく古物商許可の取得が可能なのです。

行政書士に代行を依頼した場合、相場でだいたい4万円~6万円の報酬が必要です。

自分で申請をした場合の費用と比べて、どちらが得かしっかり検討しましょう。

比較するときは、かかる費用だけでなく、たくさんの手続きにかかる手間や精神的ストレスも考慮するべきね

難しい手続きを自分で何度も繰り返すのって、かなりつらそうだもんね

古物商許可を取るにはいくらかかる? まとめ

古物商許可を取得するには、最低でも20,000円程度が必要です。

その中で、申請手数料(19,000円)は、申請が不許可になった場合も返金はされないので注意しましょう。

あらかじめ不許可になるかどうか、事前に確認をしたうえで申請をするべきです。

古物商許可の取得後、ビジネスを開始するまでには、古物プレートなどを準備しなければならないため、別途1万円程度かかります。

他にも、古物商許可の申請を自分でやると、何度も会社やバイトを休まなければならないといった目に見えない費用も発生します。

効率よく古物商許可を取得したい方は、行政書士の代行サービスを検討しましょう。

行政書士に依頼をすれば、仕事やバイトを休むことなく、最短で許可が取れるのでとてもおすすめです。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。