古物商許可を取得するのにかかる料金

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

古物商許可を取得するのにかかる料金は、大きく次の3つに分かれます。

古物商許可の申請手数料19,000円
古物商許可の取得から営業開始までの雑費10,000円~20,000円程度
専門家へ依頼した場合の費用40,000円~50,000円

専門家に依頼せず、自分で取得すれば19,000円と雑費だけですむってこと?そっちの方が断然お得じゃない?

それがそうでもないの。その理由なども今回説明するわ

古物商許可の申請手数料は19,000円です

古物商許可を取得するには、申請手数料として19,000円を申請先の警察署で支払わなければなりません。

古物商許可を取得するには、担当の警察官に審査をしてもらわなければなりません。

その審査の費用として19,000円の手数料が必要なのです。

この申請手数料は、申請を自分でしても、専門家に依頼しても、必要です。

古物商許可を取得するのに、どんなに安くても、最低19,000円はかかると覚えておいてね

手数料以外にも雑費(10,000円~20,000円程度)が必要です

古物商許可を取得して、実際に営業を開始するまでには、10,000円~20,000円程度の雑費が必要です。

雑費には、書類の発行手数料や、交通費、営業準備の費用などが含まれます。

まず、古物商許可を申請するには、たくさんの書類を提出しなければなりません。

その書類の中には、役所でしか手に入らない書類が含まれます。

こうした書類を発行してもらうためには、役所などに発行手数料を支払わなければなりません。

発行手数料は数百円程度ですが、書類を郵送してもらう場合には、別途費用がかかります。

書類の発行をする役所や古物商許可の申請先となる警察署が自宅から離れている場合には、交通費も必要になります。

場合によっては、何度も通うことになるので、交通費についてもしっかり計算に入れておきましょう。

さらに、古物商許可を取得後、営業を開始するまでの準備にもお金がかかります。

古物営業を開始するには、古物プレートの設置や、古物台帳の用意が法律上義務付けられています。

そのため、古物営業を開始するまでに、古物プレートや古物台帳を購入しておかなければなりません。

古物プレートや古物台帳ってどこで売ってるの?

古物プレートや古物台帳はネットでも販売されてるわ。合わせてだいたい1万円程度で購入することができるから気になる人はチェックしてみてね

専門家に依頼した場合の依頼費用40,000円~50,000円

古物商許可の申請には、大きく分けて次の2つの方法があります。

  • 自分で申請書を作成し、必要書類を用意して申請する方法
  • 専門家に依頼して申請を代行してもらう方法

そのうち、おすすめは専門家に依頼をする方法です。

なぜなら、古物商許可の申請は専門家に依頼をした方が圧倒的に簡単に取得できるからです。

ただし、専門家もボランティアでやっているわけではないので、報酬を支払わなければなりません。

報酬の金額は、専門家によっても多少違いますが、相場でだいたい40,000円~50,000円となっています。

4~5万円もかかるのか~。じゃあ、自分で申請した方がずっとお得だね

それがそうでもないの。場合によっては、自分で申請した方がもっと高くつくことになるのよ。その理由について詳しく説明するわ

申請手数料(19,000円)が無駄になる可能性

古物商許可を自分で申請した場合、申請手数料(19,000円)が無駄になってしまう可能性があります。

なぜなら、申請手数料は不許可になっても返金されないからです。

先ほども説明しましたが、古物商許可の申請手数料は、警察官に審査をしてもらうために必要なお金です。

ですから、審査の結果、不許可となった場合でも、支払った申請手数料は返金されないのです。

どういう場合に、不許可になるの?

警察の審査は主に、「申請者が欠格要件に該当しないか」について行われます。

欠格要件というのは、古物商許可が取得できなくなる要件のことをいい、次のようなものがあります。

  • 破産手続開始の決定を受けて復権を得ない者
  • 過去に犯罪歴のある人
  • 暴力団関係者
  • 過去に古物営業法違反で許可を取り消されたことのある人
  • 未成年者
  • 住居の定まらない人
  • 心身の故障により古物商または古物市場主の業務を適正に実施することができない者

警察の審査の結果、これらの欠格要件に該当したり、営業所が古物取引にふさわしくないと判断された場合には、不許可となり申請手数料は無駄になってしまうのです。

専門家に依頼すると、どうして申請手数料は無駄にならないの?

専門家に依頼した場合、審査が通るかどうか事前に専門家がしっかりチェックをしてくれます。

そのため、申請手数料が無駄になることはないのです。

何日も会社やバイトを休まなければなりません

古物商許可の申請を自分でやった場合、会社やバイトを何日も休まなければならない可能性があります。

なぜなら、古物商許可の申請は完璧な書類をそろえて申請をしないと何度もやり直しとなるからです。

古物商許可の申請には、申請書のほか、たくさんの必要書類を集めて提出しなければなりません。

それらの書類に1か所でもミスがあると、書類は受け付けてもらえず、申請はやりなおしになってしまいます。

そのため、自分で申請をすると、何度も警察に通わなくてはならないのです。

古物商許可の申請窓口は平日の夕方までしか開いていません。

ですから、自分で申請をすると、何日も会社やバイトを休む必要があるのです。

何日もバイト休んだら給料減らされるし、下手したらクビになっちゃうよ~

ですが、専門家に依頼をすれば、書類の作成から提出まですべて代わりにやってくれます。

古物商の専門家が申請をするので、ミスはなく、最短で許可を取ることが可能です。

ですから、仕事やバイトを休むことなく簡単に古物商許可を取得することができるのです。

古物商許可の取得は古物商許可専門の行政書士に依頼した方がお得です

これまで説明したとおり、古物商許可の取得は専門家に依頼した方が安くなる可能性が高いのでおすすめです。

ここでいう専門家とは行政書士のことをいいますが、申請を依頼するときは、古物商許可を専門に扱っている行政書士にしましょう。

行政書士の仕事の範囲はとても広く、他の分野で仕事をしている行政書士では古物商許可について上手く対応できない可能性があるからです。

特に、古物営業法は最近改正されたばかりなので、許可申請には最新の法律知識が必要です。

他の分野の行政書士ではなかなか許可が下りない可能性があります。

ネットで探すときは、古物商許可専門の行政書士に絞って探すべきです。

古物商許可を取得するのにかかる料金 まとめ

古物商許可を取得するのには、大きく次の3つの料金が必要です。

古物商許可の申請手数料19,000円
古物商許可の取得から営業開始までの雑費10,000円~20,000円程度
専門家へ依頼した場合の費用40,000円~50,000円

自分一人で申請をした場合、専門家への報酬は必要ありません。

ですが、古物商許可の申請手続きはとても複雑で面倒です。

何度もやり直しになってしまったり、なかなか許可が下りないというケースもあります。

そのため、結果として専門家に依頼をした方が安くすむ可能性が高いのです。

もし、効率よく古物商許可を取得したいのであれば、専門家に依頼する方法をおすすめします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問にはご回答は致しかねます。
※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。