amazonギフト券を転売するのは違法?何か許可が必要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

Amazonギフト券を転売すること自体は違法ではありません

ですが、Amazonギフト券を転売するには、原則として古物商の許可が必要です

Amazonギフト券も古物営業法上の「古物」に該当するためです。

そのため、古物商の許可なくAmazonギフト券を転売した場合、古物営業法違反として逮捕されてしまう可能性があります。

また、Amazonギフト券の転売は、Amazonの規約にも違反しており、場合によってはAmazonのアカウントが凍結されてしまう可能性もあります

今回は、Amazonギフト券の転売が違法かどうか、必要な許可や規約違反についてなど説明します。

Amazonギフト券の転売には古物商の許可が必要

Amazonギフト券の転売自体は法律違反ではありません

ですが、Amazonギフト券の転売には原則として古物商の許可が必要です。

古物商の許可なくAmazonギフト券の転売をした場合には、古物営業法違反として逮捕・処罰されてしまうかもしれません。

その理由などについて説明します。

Amazonギフト券は古物に該当します

Amazonギフト券をネットで転売してお金儲けしようと思うんだけどさ。
ネットなんか見てると「Amazonギフト券の転売は違法」という記事があったりしたんだけど、本当かな?

Amazonギフト券の転売自体は違法にならないわ
ただ、Amazonギフト券を転売するには、原則として古物商の許可が必要になるわ

古物商の許可なくAmazonギフト券を転売した場合には、古物営業法という法律違反として、逮捕・処罰されてしまうかもしれないわね

古物商ってリサイクル品や中古品(古物)の転売に必要な資格だよね。
Amazonギフト券も古物になるの?

古物商は、「古物」の取引をする場合に必要となる資格です。

ここで言う「古物」は、リサイクル品などの中古品に限られません。

新品・未使用品であっても、個人が自分で使用するために購入したものであれば、古物営業法の「古物」にあたります。

Amazonギフト券であっても、いったん誰かが自分のために購入したものであれば、「古物」にあたるのです

そのため、Amazonギフト券を個人から購入する行為は、古物の取引となり、古物商の許可が必要になるのです。

そうなのか~
じゃあ、Amazonから直接買ったギフト券は古物にあたらないのかな?

そうね。「古物」にあたるのは、あくまで個人が自分で使用するために購入した物だから、Amazonや他の店舗が販売しているギフト券は古物にあたらないわ

古物商許可は古物を転売目的で仕入れる場合に必要

Amazonギフト券も古物にあたるのか~
じゃあ、友達にもらったAmazonギフト券がいらなくなったから、ネットで売る場合も古物商の許可が必要なのかな?

たしかに、Amazonギフト券は原則として「古物」にあたるわ。
でも、古物を取引するからといって、必ずしも古物商の許可が必要とはいえないわ

どういうこと~?

古物商の許可は、転売目的で古物を買取る(仕入れる)場合に必要な資格なの
だから、無料でもらったものをネットなどで売却する場合には古物商の許可は不要なのよ

なんで転売目的で買い取る場合にだけ許可が必要なの?

そもそも、古物営業法という法律の目的は「盗品の流通防止」と「盗品の早期発見」にあるの。
泥棒が盗んだ物をお金に変える方法として、古物を転売をするケースがとても多いのよ。
だから、古物営業法は、転売目的で買取る場合に古物商の許可が必要というルールを決めて、盗品がどこにあるか警察が把握しやすいようにしてるの

逆に言うと不用品の処分など、転売目的の買取行為がなければ古物商の許可は不要よ

じゃあ、僕が友達にもらったAmazonギフト券がいらなくなったから、ネットで販売する場合にはいらないんだね

そういうことね

古物商の許可は、転売目的で古物を買い取る(仕入れる)場合に必要です。

逆に、不用品の処分など利益目的でなければ、古物を売ったり買ったりしても古物商許可は必要ありません。

ただし、古物商許可が必要かどうかはケースバイケースで判断が難しい場合もたくさんあります。

気になる方は警察や行政書士などの専門家に相談してみるのがよいでしょう。

古物商許可を持っていてもAmazonのアカウントが凍結されるおそれ

よ~し。じゃあ古物商の許可さえ取得すれば、Amazonギフト券の転売をしても何も問題ないよね

ところがそうでもないのよ

えぇ!なんで?

Amazonギフト券の転売については、Amazonが利用規約で禁止しています

古物商許可を取得すれば、Amazonギフト券の転売は古物営業法には違反しなくなりますが、Amazon規約違反になるかどうは無関係です。

古物商許可を取っていたとしても、Amazonギフト券の転売がAmazon側にバレるとAmazonのアカウントが凍結されてしまったり、ギフト券が無効化されてしまう恐れがあります。

ですから、個人のビジネスとしてAmazonギフト券を転売することは避ける方が無難といえるでしょう。

その他にも規約違反となるおそれ

Amazonギフト券の転売については、Amazon以外にも利用規約違反となってしまう可能性があるので注意が必要です。

例えば、クレジットカード会社は一般的にショッピング枠を利用して現金化することを利用規約で禁止しています。

Amazonギフト券をクレジットカードで購入し、これを転売して現金を手に入れた場合、カード会社によっては現金化したと判断される場合があるのです。

この場合、クレジットカードの利用が停止されてしまう可能性があります

他にも、携帯電話会社もキャリア決済を利用した現金化を規約で禁止しています。

そのため、クレジットカード同様、キャリア決済を利用してAmazonギフト券を転売した場合、携帯電話が止められてしまう可能性があるのです。

転売をする前に専門家と相談しましょう

Amazonギフト券の転売は、古物の取引に該当するため、原則として古物商の許可が必要です

また、Amazonギフト券の転売は、Amazonやクレジットカード会社などの利用規約に違反する可能性があります。

このように、Amazonギフト券の転売はリスクの高いビジネスモデルといえます。

もし、どうしてもAmazonギフト券を転売したいという方は、古物商許可を専門に扱っている行政書士に相談することをおすすめします。

古物商許可を専門に扱う行政書士は、古物ビジネスの専門家です。

Amazonギフト券のようなリスクの高い商品を扱う場合は、専門家のアドバイスを受けながら安全に取引をすることが重要です。

Amazonギフト券を転売するのは違法?何か許可が必要? まとめ

Amazonギフト券を転売すること自体は違法ではありません

ですが、Amazonギフト券の転売は古物の取引に該当するため、原則として古物商の許可が必要です。

古物商の許可なくAmazonギフト券の転売をすると、古物営業法違反(3年以下の懲役または100万円以下の罰金)として逮捕・処罰されてしまう可能性があります。

また、Amazonギフト券の転売は、Amazonやクレジットカード会社の利用規約に違反してしまう可能性があります。

そのため、古物商の許可を取得していたとしても、Amazonアカウントの停止やクレジットカード利用停止などのペナルティを受けるおそれがあります。

Amazonギフト券の転売は、非常にリスクの高いビジネスモデルです。

どうしてもAmazonギフト券を扱いたいという場合は、専門家に相談をしましょう

専門家とは、古物商許可を専門に扱っている行政書士のことをいいます。

ネットで無料の相談を受け付けている行政書士もいるので、事前にチェックすることをおすすめします。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。