古物商許可の手続きを代行してくれるところはある?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

古物商許可の手続きを代行してくれるのは「行政書士」です。

行政書士に依頼をすれば、簡単に最短で古物商許可を取得してくれます。

行政書士以外の人に代行を依頼することはできないの?

原則として古物商許可の代行は行政書士しかしちゃダメって法律で決められてるのよ

今回は、古物商許可の代行を依頼するときの、行政書士を選ぶポイントなどについて詳しく説明をしたいと思います。

古物商許可の手続きを代行してくれるのは行政書士だけ

古物商許可の手続きを代行してくれるのは「行政書士」だけです。

最近、古物商許可を取って中古品転売などでお金を稼ぐ人が増えています。

ただ、古物商許可の申請手続きは、たくさんの書類が必要になるなど、かなり複雑で面倒です。

そのため、中には

古物商許可の代行だけ誰かに依頼しようかな

と考える人もいると思います。

ただ、古物商許可の手続きの代行は誰でもできるというわけではありません。

他人から依頼を受けて古物商許可の手続きを代行するには、原則として「行政書士」という国家資格が必要なのです。

そのため、古物商許可の手続きを代行してくれるのは、「行政書士資格を持った事務所」だけということになります。

もし、誰かに古物商許可の手続きの代行を依頼するのであれば、行政書士事務所に依頼しなければなりません。

よ~し、じゃあ近所の行政書士事務所に行って依頼してくるよ

ちょっと待って!行政書士事務所ならどこでもいいってわけじゃないのよ

行政書士の選び方

古物商許可の手続きの代行を依頼する場合、行政書士に依頼しなければなりません。

ただ、行政書士なら誰でもいいというわけではないので注意しましょう。

古物商許可の手続きの代行を依頼する場合の、行政書士を選ぶポイントについて説明をします。

古物商許可専門の行政書士に依頼をしましょう

古物商許可の手続きの代行を行政書士に依頼するときは、古物商許可専門の行政書士に依頼をするべきです。

なぜなら、その方が効率よく古物商許可を取得できるからです。

そもそも行政書士とは、許認可一般の手続きを代行する法律家のことをいいます。

行政書士の業務分野はとても幅が広く、建設業許可や会社設立、酒類販売業許可などさまざまです。

要するに、行政書士ごとに得意な専門分野があるってことだね

古物商許可の専門でない行政書士に、古物商許可の手続きの代行を依頼した場合、申請内容を間違えてしまったり、許可が下りるまでに時間がかかったりする可能性があります。

古物営業法は2020年4月1日に改正されました。

そのため、専門の行政書士でないと、改正法に対応できない可能性もあるのです。

古物商許可の手続きの代行を依頼するときは、古物商許可専門の行政書士に依頼をするべきです。

古物商許可専門かどうかってどうやって調べればいいの?

もしホームページを持っているようなら、そこに書いてあるはずよ。ホームページを持っていない場合は、電話で直接聞くしかないわね

全国展開している行政書士がおすすめ

古物商許可の手続きを代行してくれる行政書士を選ぶときは、全国展開している行政書士事務所にするのがポイントです。

なぜなら、古物商許可の申請手続きには、ローカルルールがあるからです。

これは、古物商許可の申請に関するルールが地域によって違うことがあるということです。

例えば、東京で古物商許可の申請をするときに必要とされる書類が、大阪ではいらなかったりするのです。

そのため、地域に密着した行政書士事務所の場合、他の地域の申請には対応できない可能性があります。

全国対応している行政書士事務所であれば、全国のローカルルールを把握しているので、対応ができなかったり、申請が遅れてしまうことはありません。

ですから、行政書士事務所を選ぶときは全国対応しているところを選びましょう。

そもそもなんでローカルルールなんてものがあるの?

古物商許可は各自治体の公安委員会が管理しているからよ。そのため、手続きに関するルールも自治体によって微妙に異なるの

ネットに強い行政書士に依頼しましょう

これからの中古品転売ビジネスには、インターネットは欠かせません。

お店で取引をする予定の人も、きっとお店の紹介など何らかの形でインターネットを利用することになるでしょう。

であれば、古物商許可の代行もインターネットに強い行政書士に依頼をするべきです。

古物商許可の手続きを行政書士に依頼した場合、ビジネス開始までサポートをしてくれるケースがあります。

ですが、インターネットについて全く詳しくない行政書士の場合、ビジネスのアドバイスもあまり期待できません。

ネットに強い行政書士に依頼して、ネットビジネスに関する相談をすれば効率的にビジネスを始められます。

ネットに強い行政書士ってどうやって見つればいいの?

ポイントは、ホームページを持っているかどうか、メールやLINEなどの問い合わせに対応しているかどうか等で判断するべきね

適正価格の行政書士に依頼をしましょう

古物商許可の申請手続きを行政書士に依頼する場合、当然ですが報酬を支払わなければなりません。

報酬の相場は、だいたい4万円~5万円です。

古物商許可の手続きを代行するときは、あまり安すぎる料金設定の行政書士は避けましょう。

なぜなら、トラブルに繋がる可能性があるからです。

ネットで調べると1万円前後の激安価格で古物商許可の代行をするという行政書士事務所もいくつかでてきます。

ですが、古物商許可を取得するにはたくさんの手続きが必要で、どうしても費用として4万円~5万円は必要です。

あまりに安すぎる料金の場合、何か理由があると考えた方がよいでしょう。

例えば、手続きの代行ではなく、古物商許可申請のマニュアルを送るだけで、申請手続きは全て依頼者が行わなければならないというケースもあるようです。

こうした行政書士に依頼をすると、かえって料金が高くなる可能性があります。

そのため、古物商許可の手続きの代行を依頼するときは、適正価格(4万円~5万円前後)の料金設定をしている行政書士に依頼をしましょう。

最後は問い合わせをしてみて決めましょう

これまで古物商許可の手続きを代行する場合の、行政書士の選び方について説明をしてきました。

ですが、最後はやっぱり、実際に相談をしてみて決めるのが一番です。

話し方や対応の早さ、説明の分かりやすさなどから判断しましょう。

古物商許可専門の行政書士は、中古品の転売ビジネスについてとてもたくさんのノウハウを持っています。

良い行政書士を見つければ、これから中古品ビジネスを始める方にとって、とても心強いパートナーになってくれるでしょう。

古物商許可の手続きを代行してくれるところはある? まとめ

古物商許可の手続きを代行してくれるのは基本的に行政書士だけです。

行政書士とは、許認可などの代行をしてくれる法律家のことです。

ただ、行政書士といってもたくさんいるので、古物商許可を専門に扱っていて全国展開しているような行政書士に依頼をしましょう。

最近は、電話やメールだけでなくLINEでも相談を受けてくれる行政書士もいるので、気になったら相談してみるとよいでしょう。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。