【古物商の品目】美術品類とはなにか完全解説・申請時の注意点

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

美術品商を目指すあなたへ

古物は、法律によって13品目にわけられます。古物商の許可を申請する際は、取り扱う区分を決めて申請する必要があります。

取扱品目は複数でもよいですが、全13種類ある品目の中から1つメインに扱う品目を決めなければいけません。

今回は、『美術品類』をメイン品目に選び、『美術品商』になることを検討されている方に向けて、美術品類という品目について詳しくご紹介していきます。

美術品は範囲が広くて価値が曖昧なので手を出すのが難しそうなジャンルです。一定の需要はありますが、誰にでも務まるジャンルではありません。つまり、自分のセンスや専門性でビジネスチャンスを掴みやすい品目なのです!

また、美術品商についてのノウハウは以下に詳しくご説明していきますが、13品目ある古物品目の中で一番だといっても間違いではないほど、高い専門性とノウハウさらに経験値や鑑定力が求められる商売と言えます。

逆に言えば、古物業者としての規模や店舗数などは、さほど関係ないともいえるでしょう。まさに、あなたの腕(鑑定力と仕入力)次第で稼げる品目なのです!

古物商の許可をとったことは、どうやって証明できるの?

古物商許可の申請が受理されたら、常に取引の際に携帯するための古物商の許可証がもらえます。そして、下の美術品商プレートを営業所に飾ることができます。

美術品商プレート

同時に複数の品目を申請する場合の注意点

「最初は美術品を主に扱いたいけれど、ゆくゆくは時計や宝飾品も扱っていきたい」と考えている方は、まずは『美術品類』のみで申請しましょう。取り扱う予定が未定の品目を申請すると、警察に指摘される可能性があります。

古物の品目追加(変更申請)は無料で簡単に手続きできるので、時計・宝飾品を扱えるようになった時点で、品目追加申請することをおすすめします。

古物の13品目を確認しましょう

1.美術品類 2.衣類 3.時計・宝飾品 4.自動車(それらのパーツ)5.自動二輪車及び原動機付自転車(それらのパーツ) 6.自転車類(それらのパーツ) 7.写真機類 8.事務機器類 9.機械工具類 10.道具類 11.皮革・ゴム製品 12.書籍 13.金券類

美術品商とは?

美術商になるには、鑑定力と専門知識が必要で、誰にでもなれるわけではない専門的な領域です。多くの勉強が必要になりますが、日々変化があってやりがいのある仕事です。

メリット

  • 競合が少ない
  • 常に一定の需要がある

デメリット

  • 鑑定できるまでに時間を要する
  • 偽物を購入するリスクがある

ではこれから、美術品商の資格を取った際の義務や、取り扱える商品などについてご案内していきます。ざっくりとでいいので、自分が古物商許可を取って行いたいビジネスモデルと内容がマッチングするか、確認してみてください。

美術品商をするのにどうして許可が必要なの?

日本では、骨董品店など古美術品を扱う仕事を始める時は、管轄の警察署へ古物商許可の申請書を提出して「美術品商」としての営業の許可をもらう必要があります。

そして、「美術品商」の許可を受けた人は、美術品を取引した日、その品の特徴などを帳簿(古物台帳)にくわしく書いて管理しなければならない義務があります。

というのも、実は、古物商の許可は、警察が盗品の流通経路の確認や早期発見をするためのものなのです。つまり、警察は、申請書で古物商の営業所を把握し、帳簿で古物の流れを管理することができるのです。

また、価値ある美術品においては高額な価格で取引がされるケースも多く、窃盗団も注目している品目です。そして、怪盗ルパンのような窃盗団が盗品を転売して荒稼ぎすることを防ぐために古物商許可があるのです。
逆に言えば、美術品商を目指す皆さんにおいては、窃盗品や偽造品を見抜く眼力が求められるといえるでしょう。

美術品商の取り扱う品物ってどんなもの?

古物商が扱う美術品類は、対象がとても広く、個人の鑑定力や専門力性に頼るところが大きいです。ざっくりいえば、ありとあらゆる物品の中で美術的価値があるものを扱います。

まずは、具体的な美術品類の例を挙げて、それから美術的価値があるものとは何かを一緒に掘り下げていきましょう。

美術品類の例

絵画・油彩・水彩・書・リトグラフ・工芸品・版画・銅版画・エッチング・彫刻・オブジェ・石版画・グラフィック・芸術写真など

美術的価値があるものとは?

美術品類とは、ありとあらゆる物品の中で美術的価値があるもの、とご紹介しました。しかし、絵画、彫刻などを一般の方が見ても、価値があるかどうかわかりづらい物が多いですよね。では、どうやって美術品商はどうやって判断するのでしょうか。

美術的価値の4つの条件

美術的価値があるかどうかは、単純に上手い下手で決まるわけではなく、国や地域、文化の違いで評価が異なる部分があります。以下の4つの条件は、基準がわかりやすいので、まずはこれに当てはめて一緒に考えてみましょう。

その1 作者に知名度がある

TVの「なんでも鑑定団」などで、「作家物」という言葉をきいたことがないでしょうか。「作家物」とは読んで字のごとく、著名な作家の作品です。

見た目がほとんど同じ壺でも、それが「高名な柿右衛門の作品か贋作かどうか」で、壺の価値が数十万~数百万円変わってくるのです。

「落款(らっかん)」や「銘」と呼ばれる刻印、「サイン」で本物かどうか確認します

その2 希少価値(レアもの)同じものが手に入らない

とても単純に言うと、美術品類は古いほど価値が高い可能性があります。それは、美術品は、同じものが手に入りにくいという「希少性」が問われるからです。

例えば、1000年代と1700年代に流通していた焼物を比べると、現存している数は「1000年代に流通していた焼物」の方が少ない、つまり、希少性が高く美術品類としての価値が高いことになります。

「希少性」は「古さ」以外にも「当時の生産数」など複数の要因が絡んできますので、「古ければ必ず高い価値がある!」と言い切ることはできませんが、「古さ」は一つの判断材料として考えてよいと言えるのです。

その3 素材自体が高価である

「象牙」「血赤珊瑚(ちあかさんご)」「翡翠(ひすい)」「琅玕(ろうかん・最高品質の翡翠の事)」「金銀製品」、のような素材自体が高価な美術品類の価値は基本的に高額です。

例えば、「象牙」や「翡翠(ひすい)」のあしらわれた鉄瓶は、実際にお茶を淹れる道具ではなく、「嗜好品」として当時の富裕層が好んだ品なので、「希少性」や「芸術性」が高く、当然価値も高くなりやすいのです。

その4 鑑定できる専門家がいる(価値が評価できる)

骨董品の価値は一概に言い切れず、そのため一般人には価値が非常にわかりづらいです。そのため、専門家に依頼することが必要なのですが、専門家がいないジャンルがあり、この場合は価値の決めようがありません。
特定の人(専門家)がみれば価値があることがわかり、知識と経験からおよその取引価格を専門家が把握しているものが、価値ある美術品類となします。

①~④をふまえた例

硯(すずり)

一般人にとっては、小学校に書道で使った道具でしかありません。
ですが、500年前に中国の高名な作家によって作られた硯は、美術的価値が高く高額で取引されます。それはどうしてでしょうか。

500年前に中国で作られた硯は

  • 中国の高名な作家が作った⇨①作者に知名度がある
  • 500年前の独特な形やデザインをしている
  • 貴重な石が使われている(端渓石といい中国の一部の地方でとれる石)
  • 中国の硯に関しては専門家がいるため、正しい鑑定により安定した取引ができる

硯に興味がない人にとっては、高額な硯には興味がありません。同じ値段で、例えば家電やブランド物が買いたいと思う人もいるでしょう。

しかし、硯を集めるコレクターにとっては、中国の歴史がつまった硯には他の何者にも代えがたい高額な価値があります。この価値こそが美術的価値だと言えるでしょう。

美術品類を扱う注意点3つ

その1 美術的価値を鑑定する能力があること

偽物を見分けられないと、仕入れで大損をしたり、お客さんの信頼を失ってしまったりする可能性があります。常に、しっかりと自分の専門分野に関する情報収集をしておくことが必要です。

その2 保存できる場所があること

絵画などは保存状態で価値が変わってしまいます。例えば、高温多湿のところに保管しておくと、カビが生えてしまうなど傷んで価値が下がってしまいます。日が当たらない・湿度・温度の管理が特に重要です。

その3 専門的な仕入れ先やお得意先(販売先)があること

市場が小さく特殊であるため、飛び込みで仕入れをすることはむずかしく、既に信用がある人からの紹介などが必要な場合も多いです。また、見ず知らずの人がふらっと店に寄って、高価な美術品類を購入してくれることも考えづらいので、自分の鑑定を信じて購入してくれるお得意さまがいることが必要です。

おわりに

美術品商を志す人が先輩に教えを乞うと、
”目利きになるためには、偽物をつかんで痛い目に遭遇してこそ成長する”
と、指南されることが多いと聞きます。

偽物をつかむリスクを犯さなければ本物は見極められない、という指摘は、ある意味では真実といえるでしょう。何事も、リスクを犯さなくては成功に辿り着けないのですから。

ですが、リスクばかりでは資金が底を尽きてしまうので、偽物をつかんだ体験から学んで、最短ルートでプロの目利きになるための見通しと知恵が必要です。

常に美術品類に関する感性を磨き続け、その感性を裏付ける理屈や情報も分析すること。また、知識を得るためのお金をケチらずに、カタログや専門書といった書籍を蒐集することも必要です。また、ひとりで考え込むより、人と交わって情報収取をする方が知識は増えていくでしょう。

そして、取引の際に偽物を掴ませられそうな状態になったら抜け出る交渉術も欲しいです。目利きには、知恵とコミュニケーション能力の総合力が必要なのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え




必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。