古物商許可を取ったことが会社にばれますか?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

会社の給料がまた減らされちゃったよ。古物商許可を取って転売ビジネスでお小遣い稼ぎがしたいなぁ

いいじゃない。スマホ1つあれば始められるし、初心者でも割と簡単に利益が出せるみたいよ

ただ、会社の上司や同僚に転売ビジネスをやってることを知られたくないんだ。古物商許可を取ったことが、会社にばれたりしないかな?

古物商許可を取得したからといって、そのことが会社にばれることはほとんどないぞ。ただ、絶対にばれないとは言い切れん。どうしても、会社にばれたくないのなら、副業はあきらめることじゃな

今回は、古物商許可を取得したことが会社にばれるのか、詳しく説明をします。

古物商許可の取得が会社にばれることは原則としてありません

会社の給料のほかに、少しでも収入があれば生活がもっと楽になりますよね。

そんな方に注目を集めているのが、中古品の転売ビジネスです。

中古品の転売ビジネスとは、自分の興味のある中古品などを安く仕入れ、ネットなどで転売するビジネスモデルのことをいいます。

中古品の転売ビジネスは、「古物商許可」さえあれば、誰でも簡単に始めることが可能です。

ですが、会社に勤めている方の中には、色々な事情から

古物商許可を取ったことが会社にばれるのは嫌だ

と考えている方もいるのではないでしょうか。

ご安心ください。

古物商許可を取得したことが会社にばれることは原則的にはありません。

古物商許可の申請手続きの中で、会社に確認の電話をしたりすることは基本的にないからです。

う~ん。「原則的に」ってところが気になるなぁ。ばれる可能性がちょっとはあるってこと?

そうじゃ。可能性は低いがばれてしまうこともあるんじゃ。

販売サイトで取引をする場合は注意

販売サイトで古物の取引をする場合、会社にばれる可能性があるんじゃ

なんで~?

古物商許可を取って自分の販売サイトで古物の取引をする場合、警察にURLの届出をしなければなりません

URLの届出をした場合、各自治体の公安委員会がホームページで、届け出たURLと古物商の名前などを公開します

そのため、会社の人が、そのページを見てしまった場合、古物商許可を取っていることがばれてしまう可能性があるのです。

なんで公安委員会はそんな余計なことするんだよ~

ネット上だと、古物商許可を持っていない人が勝手に古物商を名乗ってホームページ上で取引をする危険性がある。そこで、公安委員会は古物商の情報をホームページで公表して、本当に古物商かどうか確認できるようにしているんじゃ。

ヤフオクを利用する場合もURLの届出は必要?

僕の場合、自分で取引サイトを作るつもりはないけど、ヤフオクは利用しようと思うんだ。僕の場合もURLの届出って必要なのかな?

ヤフオクの場合は、URLの届出が必要なケースと不要なケースがある

取引サイトを利用して古物の転売をする場合、管轄の警察署にURLの届出をしなければなりません。

では、ヤフオクの場合はどうなるのでしょうか?

ヤフオクでは、ストアとして出品する場合、個別にURLが割り当てられます

このURLを利用して古物取引をするのであれば、URLの届出が必要です。

他方、一般の利用者として、古物を出品したり落札したりする場合は、URLの届出は不要です。

重要なポイントは、個別のURLが割り当てられたかどうかという点です。

ちなみに、自分のホームページを持っていても、そのホームページで古物の取引をしないのであれば、URLの届出は不要じゃ

例えば、自分の趣味のホームページを持っているなど、古物取引と関係のない場合、URLの届出はしなくてもいいってことね

管轄の警察署から会社に連絡する可能性

古物商許可を申請した場合、警察から会社に連絡するということはほとんどありません

会社の在籍の有無や、年収などは、古物商許可の取得には関係がないからです。

ですが、会社への連絡が絶対にないとは言い切れません

古物商許可を申請した場合、警察は申請者が古物商としてふさわしいかどうかを審査します。

その過程で、警察が何か確認するために会社に連絡するという可能性がゼロではないのです。

会社に電話しないでくださいって言ってもダメかな

「なんでそんなこと言うんだろう」って逆に怪しまれて審査が長引く可能性もあるからやめた方がいいわね。

会社にばれるリスクを減らしたい方は行政書士に代行を依頼しましょう

ちょっとでもばれる可能性があるんだったら嫌だなぁ

少しでもバレるリスクを減らしたいのであれば、行政書士に許可の代行を依頼するべきね

行政書士は古物商許可の専門家です。

行政書士であれば、豊富な経験を活かして、申請者と警察との間に上手に介入してバランスをとってくれます。

それに、行政書士に依頼するメリットは会社にばれるリスクを減らせるというだけではありません。

古物商許可の申請は、手続きが複雑で、自分でやろうとするとたくさんの時間を無駄にしてしまうおそれがあります。

また、申請書の書き方などに不備があると、申請が受け付けられなかったり、古物商許可の取得後に警察から指導を受けたりする可能性があるのです。

でも、タダじゃないんだよね

そりゃそうよ。行政書士に依頼した場合、相場でだいたい4万円~6万円の報酬が必要よ

もし、これから古物商許可の取得を考えているのであれば、行政書士の利用も合わせて検討することをおすすめします。

中古品の転売ビジネスは副業にぴったり

最近は、副業に中古品の転売ビジネスを選ぶ方が急増しています。

それは、中古品の転売ビジネスが副業にとっても向いているからです。

まず、中古品の転売ビジネスは「始めやすい」というメリットがあります。

中古品の転売ビジネスはスマホ1つで始めることが可能だからです。

また、仕入れる商品が中古品なので、仕入れに必要な費用もそれほどかかりません。

それに、ネットを利用すれば、すきま時間を利用して取引で稼ぐことができます

これは、日中忙しいサラリーマンにとっては、とても大きなメリットといえます。

古物商許可を取ったことが会社にばれますか? まとめ

古物商許可申請をすることで会社にばれることは原則的にはありません

古物商許可の申請で、警察が会社に連絡することは基本的にないからです。

ただし、会社にばれる可能性はゼロではありません

そこで、もしどうしても会社にばれたくないという方は、古物商許可の申請を行政書士に依頼しましょう

行政書士は古物商許可の専門家なので、リスクを減らしてくれます。

ただし、万が一知られてしまった場合のリスクは行政書士ではなく自ら負担する覚悟は必要です。

古物商許可について検討しているという方は、一度、古物商専門の行政書士に相談をしてみるとよいでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え




必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。