古物商許可の必要書類「登記されていないことの証明書」の取得方法

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

(2019.12.16追記)

『登記されていないことの証明書』は2019年12月14日の法改正により、古物商許可申請の必要書類ではなくなりました

理由は、これまで欠格要件(当てはまると古物商許可を取得できない要件)にあった、『成年被後見人もしくは被保佐人』という要件が、欠格要件から除外されたからです。

法改正までは、『成年被後見人もしくは被保佐人』ではないことを、『登記されていないことの証明書』によって証明していました。

以下は、法改正前の解説ですので、現在の古物商許可申請に関わることではありません。

ご注意ください。


(以下、2019.12.13以前の情報)

古物商の許可を取得する場合「登記されていないことの証明書」を提出する必要があります。

「登記されていないことの証明書」の入手方法は、法務局(本局)の窓口で申請する方法と、東京法務局に郵送で申請する方法の2つがあります。

「登記されていないことの証明書」には使用期限があり、発行から3か月となっています。

今回は、「登記されていないことの証明書」の取得方法や注意点について説明をします。

「登記されていないことの証明書」の取得方法は2つ

今、古物商の許可を取得しようと思って調べてるんだけど、手続は複雑だし、必要な書類はたくさんあるしなかなか進まなくて困ってるんだ

そうね。古物商許可の申請手続きは、私たちのような一般人にとってはかなりハードルが高いわね

申請に必要な書類に「登記されていないことの証明書」っていうのがあるんだけど、どこで貰えるか知ってる?

「登記されていないことの証明書」は、法務局(本局)の窓口で申請すればもらえるわよ

本局ってことは、出張所じゃダメってこと?

そうね。出張所や支局では取り扱っていいないわ。
ただ、本局であればどこの本局でも申請できるわ。
例えば、こぶ吉が東京に住んでいても、大阪の法務局(本局)で申請することが可能よ

どこの本局も自宅から遠くて大変だなぁ

郵送で申請することも可能よ。
でも、その場合、受け付けているのは東京法務局だけだから注意してね

東京以外の法務局に郵送で申請してもダメってことだね

古物商の許可を申請する際「登記されていないことの証明書」を提出しなければなりません。

登記されていないことの証明書の入手方法は、以下の2つがあります。

  • 法務局(本局)の窓口で申請する
  • 東京法務局へ郵送で申請する

本局の窓口で申請する場合、どこの本局で申請してもかまいません

また、郵送で申請する場合は、東京法務局しか受け付けていないので注意しましょう。

窓口で申請した場合は即日発行されますが、郵送で申請した場合は、申請から証明書が届くまで1週間から10日前後かかるので、時間に余裕をもって申請をしましょう。

誰の「登記されていないことの証明書」を取得しなければならないの?

「登記されていないことの証明書」の取得方法はわかったんだけど、誰の証明書が必要なんだろ?僕の分だけでいいのかな?

個人で申請する場合は、申請者と管理者の分が必要になるわ

管理者って何?

管理者っていうのは、古物取引の責任者のことをいうわ。
古物商許可を申請する場合、各営業所ごとに管理者を定めて届け出なければならないの。
ただし、申請者は管理者を兼ねることが可能だから、その場合は1人分の証明書で大丈夫ね

なるほど。今回、僕は申請者と管理者を兼ねるつもりだから、証明書は僕の分だけでいいんだね

そういうことよ

個人で古物商許可を取得する場合、「登記されていないことの証明書」は、申請者と管理者の分が必要になります。

法人の場合は、監査役を含めた役員全員分と管理者の分が必要となります。

法人の場合、規模や役員の人数によってはたくさんの証明書が必要になる可能性があるため、なるべく早めに準備をするようにしましょう。

そもそも「登記されていないことの証明書」はなぜ必要?

そもそも「登記されていないことの証明書」ってなんで必要なの?

それは、申請者や管理者が責任をもって取引ができることを証明するためよ

どういうこと?

まず、「登記されていないことの証明書」というのは、成年被後見人または被保佐人として登記されていないことを証明するための書面なの

成年被後見人や被保佐人っていうのは何?

認知症や精神障害などにより一人で十分な取引をする能力がない人のことよ。
十分な取引能力がない人は、詐欺や悪徳商法にひっかかる危険性があるでしょ。
だから、成年被後見人や被保佐人として登記された人の契約は後から取消すことができるようにして保護しているの

なるほど。詐欺にひっかかっても、後から契約を取り消すことができれば、財産を失わなくてすむね

加えて、後見人や保佐人という法律行為をサポートする人を家庭裁判所が選んでくれるわ

一人で十分な取引ができない人を守っていこうっていう制度なのか~

そうよ。でも、古物商は商人として古物取引をするんだから、十分な取引能力が必要でしょ。
だから「登記されていないことの証明書」によって、成年被後見人や被保佐人ではなく、十分な取引能力があるということを証明するの

なるほどね

「登記されていないことの証明書」は、申請者や管理者が成年被後見人・被保佐人として登記されていないことを証明する書面です。

この書面により、申請者や管理者に十分な取引能力があることを証明します。

そのため、「登記されていないことの証明書」が添付されていない場合や、記載内容にミスがある場合、書類不備として古物商許可の申請は受け付けてもらえません。

事前に内容や枚数をしっかり確認し、早めに準備をしておきましょう。

取得には専門家を活用しよう

「登記されていないことの証明書」の取得方法はわかったよ

よかったわ

でも、申請をするためには略歴書や誓約書など、まだまだ用意しなきゃいけない書類がたくさんあるんだ

そうね。無事に許可が下りるまで、まだまだ先は長そうね

必要書類が集まっても、すぐに申請が通るわけじゃなさそうだし、一体いつになったら許可が取得できるのやら・・・

もし、こぶ吉がスムーズに許可を取得したいのであれば、古物商許可の専門家である行政書士の先生に相談してみることね。
古物商許可について必要なことは何でも教えてくれるし、代行をお願いすれば、最短で許可を取得してくれるわよ

でも、お金が高くつきそう・・・

行政書士の先生に代行を依頼した場合、相場でだいたい4万円前後が必要ね。
ちょっと高く感じるかもしれないけど、自分で申請した場合に無駄になる時間や労力のことを考えると決して高すぎるとはいえないと思うわ

そうだね。自分でこのままやってても全然進まなそうだから、ちょっと相談してみるよ

古物商許可の申請手続きは複雑で、法律にあまり馴染みのない方が自分で申請をするのはとても大変です。

そういう時は、古物商許可を専門に扱っている行政書士がいるので、一度相談をしてみましょう。

電話やネットで無料の相談を受け付けている行政書士もいます。

必ずあなたの力になってくれるでしょう。

古物商許可の必要書類「登記されていないことの証明書」の取得方法 まとめ

古物商の許可を申請する場合、必要書類として「登記されていないことの証明書」を提出しなければなりません。

「登記されていないことの証明書」の取得方法は、法務局(本局)の窓口で申請する方法と、東京法務局に郵送で申請する方法の2つがあります。

個人の場合、申請者と管理者に対する証明書が必要です。

法人の場合は監査役を含めた役員全員と管理者について必要です。

古物商の許可を申請する場合、「登記されていないことの証明書」の他にもたくさんの必要書類を準備する必要があります。

不慣れな一般の人が、これを準備するのは大変でとても時間がかかります。

効率よく許可を取得したいという方は、古物商許可の専門家である行政書士に一度相談してみましょう。

ネットや電話で無料相談を受け付けている行政書士もいるので、気軽にチェックしてみるとよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問にはご回答は致しかねます。
よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。