ハンドメイド品をメルカリなどに出品するのに古物商許可は必要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

ハンドメイド品の雑貨をメルカリなどで販売するビジネスモデルが最近注目を集めています。

ただ、「ハンドメイド品の販売に古物商の許可って必要なのかな?」と気になった方はいませんか?

ご安心ください。

ハンドメイド品を販売するビジネスモデルの場合、古物商許可は原則として必要ありません。

今回は、ハンドメイド品の販売と古物商許可の関係について詳しく説明をします。

ハンドメイド品の出品には、原則として古物商許可は必要ありません

ハンドメイド品を販売する場合、古物商許可は原則として必要ありません。

古物商許可は、転売目的で中古品などの「古物」を買い取る(仕入れる)場合に必要となる資格なのです。

100均などで材料を購入して、ハンドメイド品を販売するビジネスモデルの場合、古物の買い取り行為がありません。

そのため、古物商許可は原則として必要ないのです。

「原則として」っていうのが気になるなぁ

例外については後から詳しく説明するわよ

そもそも古物商許可はなぜ必要?

古物商許可は、中古品などの古物を転売目的で買い取る(仕入れる)場合に必要となる資格です。

そもそも、なぜ、このような許可制度があるのでしょうか?

古物営業法の目的は、「中古品取引の中に、盗品が混ざらないようにすること」「万が一、盗品が混ざってしまった場合、警察がすぐに発見できるようにすること」です。

要するに、中古品の取引を警察が管理して、盗品が混ざらないようにすることが目的なのです。

そして、警察が管理するための仕組みが古物商許可という制度です。

古物商には、取引内容を記録したり、取引相手を確認する義務があります。

これによって、警察は古物商の記録を辿れば盗品を見つけることができるのです。

100均で材料を購入して、ハンドメイド品を販売するというビジネスモデルの場合、盗品が混ざってしまう可能性はあまり考えられないね

そう。だから、このビジネスモデルの場合は、原則として古物商許可が不要なのよ

ハンドメイド品の出品でも許可が必要になる場合とは?

ハンドメイド品を販売するビジネスモデルの場合、原則として古物商許可が不要です。

ですが、例外的に許可が必要となるケースがあります。

それは、中古品の材料を仕入れてハンドメイド品の作成・販売を行う場合です。

古物商許可は、中古品などの古物を転売目的で買い取る(仕入れる)場合に必要となる資格だと説明をしました。

中古品の材料は古物にあたります。

そのため、中古品の材料で作ったハンドメイド品を販売する場合は古物商許可が必要なのです。

例えば、

  • 古着を修理して新しい古着として販売する
  • 中古雑貨の使えそうなパーツを集めて別のハンドメイド品として販売する
  • 他人の作ったハンドメイド品をさらにリメイクして販売する

などです。

材料の一部にでも中古品が使われていれば、それは全体として「古物」として扱われます。

この場合、古物商許可が必要となるので注意しましょう

また、新品・未使用品であっても「古物」に該当する場合もあります。

古物営業法によると、新品・未使用品であっても個人が取引した物は古物に当たるとされています。

そのため、ヤフオクなどで個人から材料を仕入れる場合、商品のタイトルが「新品・未使用」となっていても、古物商許可が必要なのです。

新品・未使用品でも、個人が取引すると、盗品が混ざる可能性が高くなるから「古物」に当たるとされているのね

ハンドメイド品の販売と、古物商許可を取得するメリット

100均などで材料を仕入れて、ハンドメイド品を販売する場合、原則として古物商許可は必要ありません。

ですが、ハンドメイド品を販売する場合、古物商許可を取得しておくとお得なケースがたくさんあります。

以下では、古物商許可を取得するメリットについて説明をします。

中古品を仕入れて材料費を抑える

100均などのショップで材料を仕入れる場合には、古物商許可は必要ありません。

ですが、中古品の材料を仕入れてハンドメイド品を作成・販売する場合は古物商許可が必要です。

ハンドメイド品の販売で大きな利益を出すためには、仕入れ費用はできるだけ抑えるべきです。

古物商許可を利用すれば、中古品の材料を仕入れることができるようになります。

言うまでもありませんが、中古品の材料の価格は新品の場合と比べてかなり安いです。

それに、一点ものなど新品では市場に出回っていない素材や材料を仕入れて利用することも可能です。

中古品の素材や材料を利用できることは、ハンドメイド品の販売にとって大きなメリットといえます。

優良な仕入先「古物市場」が利用可能

古物商許可を取得すると「古物市場」を利用することが可能になります。

古物市場とは、古物商のみが利用することができる、超優良な取引所です。

古物市場では、大量の中古品が激安価格で取引されています。

その価格は、一般のリサイクルショップなどでは比べ物になりません。

また、古物市場は定期的に開催されているため、安定して仕入れをすることができます。

ハンドメイド品を販売する場合、よく利用する材料・素材などがあると思います。

古物市場を利用すれば、大量の材料を安価で仕入れることができるので材料費をぐっと抑えることが可能です。

古物商許可の簡単な取り方

古物商許可は取得するまでの手続きがかなり複雑です。

そのため、自分で申請をすると、たくさんの手間や時間が必要になります。

「いくら時間がかかってもいい」という方の場合は、自分で申請をしてもいいかもしれません。

ですが、「なるべく早く、簡単に許可を取りたい」という方は、専門家である行政書士に依頼することをおすすめします。

行政書士に依頼をすると、申請書の作成から必要書類の収集まで全て代わりにやってくれるので、とても便利です。

さらに、専門家が責任をもって申請をしてくれるので、最短で安心して許可を取得することが可能なのです。

ハンドメイド品をメルカリなどに出品するのに古物商許可は必要? まとめ

100均などで材料を仕入れて、ハンドメイド品を作成・出品する場合、古物商許可は必要ありません。

古物商許可は、中古品などの古物を転売目的で仕入れる場合に必要となる資格だからです。

そのため、中古品の材料を仕入れて、ハンドメイド品を作成・出品する場合には、許可が必要となるので注意が必要です。

古物商許可を取得すると、中古品の材料を利用できるだけでなく、古物市場の利用が可能になるなど、たくさんのメリットがあります

これから、ハンドメイド品の販売を始めようとしている方には、古物商許可の取得をお勧めします。

古物商許可は、申請の手続きが複雑で自分で申請しようと思うととても大変です。

簡単に許可を取りたいのでれば、専門家である行政書士の代行サービスを利用しましょう。

行政書士に依頼をした場合、報酬として4万円から6万円前後の費用が必要ですが、簡単に許可が取得できるだけでなく、古物ビジネスの相談などもできるのでとても便利です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)





必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。