古物商許可の申請は大変?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

古物商許可の申請は大変です。

自分で申請をする場合には、たくさんの時間と手間が必要になります。

僕も古物商許可の申請は大変だって聞いたことがあるんだけど、何が大変なの?

古物商許可の申請自体はそれほど難しくないんだけど、やることが多くてとっても面倒なのよ

古物商許可の申請が大変な理由

中古品の転売でお金を稼ぐには古物商許可を取得しなければなりません。

ですが、インターネットなどで調べてみると

古物商許可の申請はとっても大変だった

という声を目にすることがあります。

そこで、古物商許可の申請をすることの何が大変なのか、具体的に解説したいと思います。

古物商許可の申請にはたくさんの書類が必要

まず、古物商許可の申請が大変といわれている大きな理由に「準備する書類の多さ」があります。

古物商許可の申請をするには、警察署で受け取った申請書以外にも、たくさんの書類を添付して提出しなければなりません。

そして、提出する書類の多くは、住民票の写しや身分証明書など役所などでしか手に入らない書類ばかりです。

そのため、これらの書類を準備するためには、平日に会社を休んで書類を取りに行かなければなりません。

また、これらの書類を役所で手に入れるためには、運転免許証やマイナンバーカードなど本人確認をするため別の書類が必要となり、忘れると発行してもらえません。

そのため、古物商許可の申請に必要な書類を集めるだけでも、何日もかかってしまうことがあるのです。

その他、古物商許可の申請に必要な書類には、略歴書や誓約書といった普段あまり見たことのない書類の提出も必要となります。

これらの書類一式を全部集めるのに、かなりの手間と時間が必要となります。

これが、古物商許可の申請は大変だといわれる大きな理由の1つです。

書類を用意するためだけに、何日も会社を休まないといけないのは厳しいね

そうね。しかも場合によっては、役所で長時間待たされたりすることがあるから、ストレスも大きいわ

窓口の警察官の書類チェックが厳しい

古物商許可の申請をするには、たくさんの書類を準備しなければならないと説明をしました。

ただ、それらの書類は、ただ集めて提出すればいいというわけではありません。

書類が足りない場合はもちろんのこと、書類の内容についてもミスがあってはいけません。

古物商許可の申請は、管轄となる警察署の窓口で行うのですが、書類に不備がないか担当の警察官が厳しくチェックします。

もし、提出書類に不備があった場合、申請は受け付けてもらえず申請はやり直しになってしまいます。

その場合は、新しい書類を用意して、再度警察署に提出をしなければならないのです。

また、注意が必要なのは、警察署の窓口が平日しか開いていないということです。

そのため、何度もやり直しになると、書類を準備するときと同じように会社を休まなければなりません。

平日、仕事が終わってからいけばいいんじゃない?

窓口は、だいたい平日の朝8時~夕方5時までになっているの。だからサラリーマンだと会社終わりは厳しいかもね

また、警察署によっては、古物商許可の担当をする警察官の数が少なく、アポなしで申請に行くと何時間も待たされることがあるので注意しましょう。

警察の審査で最低でも2か月かかる

古物商許可の申請は、書類を集めて提出すればすぐに許可が下りるというわけではありません。

申請後、書類の内容に嘘や間違いがないかなど、警察による審査が行われます。

そして、この審査には、最低でも2か月以上が必要です。

もし、書類に不備があった場合、審査期間はもっと伸びることとなります。

場合によっては、途中で不許可になってしまうこともあります。

注意しなければならないのは、審査の途中で不許可になったとしても、申請の際に支払った手数料(19000円)は返金されないということです。

え~!なんで許可もらえないのに手数料は返ってこないの?

古物商許可の申請手数料は、審査をしてもらうために支払うお金なの。だから審査の結果、不許可になった場合、そのお金は返ってこないのよ

申請の手続きにはローカルルールがあります

古物商許可の申請が大変だと言われる別の理由に「ローカルルール」があります。

これは、古物商許可の申請に関するルールが、管轄の警察署ごとに違うことがあるということです。

例えば、東京で古物商許可を申請するときに必要とされた書類が、大阪では不要とされることがあるのです。

そのため、インターネットで申請の方法や必要な書類を調べても、それが自分の管轄でない場合、参考にならない可能性があるので注意が必要です。

ネットでしっかり調べて準備をしても、書類の不備で受け付けてもらえないことがあるのよ

でも、どうして管轄によってルールが違うの?

それは、古物商許可を管轄しているのが各都道府県の公安委員会だからなの

古物商許可を管理・管轄しているのは各自治体の公安委員会です。

そのため、古物商許可に関するルールについても、各自治体ごとに違うことがあるのです。

また、古物商許可を担当している警察官も、古物商に関する知識に個人差があり、質問しても返ってくる答えが違うこともあります。

このように、統一したルールがないことが、古物商許可が大変とされる理由でもあるのです。

どうして、古物商許可の申請が大変だって言われているのか、よくわかったよ

あまりに大変だから、途中で古物商許可を取ることを諦めちゃう人もいるみたいね

どうにかして、もっと楽に取る方法はないかなぁ

それだったら、行政書士に依頼するっていう手もあるわ

簡単に古物商許可を取りたい人には行政書士の代行サービスがおすすめ

これまで、古物商許可の申請は大変だということを説明してきました。

では、もっと楽して簡単に古物商許可を取得したいという場合はどうすればいいのでしょうか?

その場合は、行政書士に依頼するのがおすすめです。

行政書士とは、許認可の代行をしてくれる法律家のことをいいます。

古物商許可の申請を行政書士に依頼すれば、基本的な手続きはすべて代わりにやってくれるので、とても簡単に許可を取ることが可能です。

また、古物商許可を専門に扱っている行政書士に依頼をすれば、ミスなく申請をしてくれるので、最短(約2か月)で古物商許可を取得することが可能です。

楽してスムーズに古物商許可を取りたいという方には、行政書士の利用がおすすめです。

でも、タダってわけじゃないんだよねぇ

それはそうよ。行政書士もボランティアでやってるわけじゃないんだから。行政書士に支払う報酬は、相場だとだいたい4~5万円ってとこね

う~ん、悩むなぁ

何日もかけて大変な思いをするか、報酬を支払うか、よ~く考えて判断するべきね

行政書士によっては、古物商許可を取得した後も、ビジネス開始までをサポートしてくれるケースもあるので気になる方は、聞いてみると良いでしょう。

古物商許可の申請は大変? まとめ

古物商許可の申請はとても大変です。

なぜなら、申請にはたくさんの書類を用意しなければならず、また、警察のチェックも厳しいからです。

あまり知識のない方が申請をすると、きっとたくさんの時間や手間が必要になるでしょう。

もし、簡単に古物商許可を取得したいというのであれば、行政書士に代行を依頼するのがおすすめです。

費用はかかりますが、ミスなく最短で許可を取ってくれるので、きっとかかった費用以上の価値があるでしょう。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。