古物商許可を取るかどうか迷っている方へ

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

古物商許可を取るかどうか迷っている方は「自分の取引が、古物商許可の必要な取引にあたるかどうか」で判断しましょう。

もし、古物商許可が必要な取引にあたる場合は、すぐに取得するべきです。

なぜなら、無許可営業として警察に逮捕されてしまう可能性があるからです。

僕も、古物商許可を取ろうかどうしようか迷ってるんだよなぁ

まずは、古物商許可が必要なケースかどうか、自分でしっかり判断できるようになることが重要よ

そこで今回は、どういう場合に古物商許可が必要なのか、具体例をあげながら解説をしたいと思います。

古物商許可が必要となる取引とは

転売に興味のある方の中には「古物商許可を取るかどうかで迷っている」という方もいると思います。

もし、古物商許可を取るかどうかで迷っているのであれば、自分の取引が、古物商許可が必要な取引に該当するかどうかで判断をしましょう。

古物商許可が必要な取引を無許可で続けると、警察に逮捕されてしまうからです。

古物商許可が必要な取引とは、「中古品の転売ビジネス」のことをいいます。

例えば、次のような取引がこれにあたります。

  • 古着をヤフオクで仕入れてメルカリで転売する
  • 中古家電をリサイクルショップで安く仕入れてメルカリで転売する
  • 古着屋や古本屋、リサイクルショップなどを経営する

これらはすべて、「中古品の転売ビジネス」に当たるので、古物商許可が必要となります。

もしも、こうした取引をやろうと考えている、又は既にやっているという方は、すぐに古物商許可を取得するべきです。

逆に、古物商許可がいらないのは、「新品の転売」「転売ビジネスに当たらない取引」です。

例えば、

  • 家電量販店で購入した新品の家電をヤフオクで転売する
  • 昔から愛用してきた車を買い替えるために中古車ショップに売る
  • 家族からもらった自転車をメルカリに出品する

これらの取引は、中古品の転売ビジネスに当たらないため、古物商許可は必要ありません。

いらなくなった物の処分や、新品・未使用品の取引には古物商許可はいらないんだね

ちょっと待って。新品の場合はいらなくても、未使用品の場合は、古物商許可が必要になる可能性がある

え~!未使用品って新品と同じ意味じゃないの?

未使用品の転売でも古物商許可が必要になる可能性があります

古物商許可は中古品の転売ビジネスをするときに必要となります。

そのため、お店で購入した新品の商品を転売するときは、古物商許可は必要ありません。

ただし、未使用品や未開封品の商品を転売するときは、古物商許可が必要になる可能性があるので注意しましょう。

あれ?未使用品や未開封品って新品と同じ意味じゃないの?

と疑問を持った方もいるかもしれません。

ですが、古物営業法には、「未使用品や未開封品でも、既に取引されたことのある物は中古品とする」旨の規定があるのです。

ですから、ヤフオクやメルカリなどで個人が出品している未使用品や未開封品などは、過去にその出品者の方が取引した物なので、法律上は「中古品」になります。

そのため、この商品を仕入れて転売するときは、古物商許可が必要なのです。

個人が出品している未使用品や未開封品のほとんどはこのケースだから、個人から商品を仕入れる場合は、原則として古物商許可が必要って考えておいた方がいいわ

特にインターネットを中心に取引をする人は注意が必要です。

なぜなら、ネット上では、出品者が個人か企業か判断することが難しいからです。

アカウントやサイトの名前が企業っぽい名前でも、運営しているのが個人であれば、それは個人との取引になります。

うっかり知らない間に、無許可営業になってしまう可能性が高いので、ネット取引を頻繁に行う人は、古物商許可の取得をおすすめします。

ネット取引の場合でも古物商許可は必要です

たまに、ネットの掲示板などを見ると、

  • ネット上の転売には古物商許可はいらない
  • 個人で取引するだけだったら古物商許可は取らなくてもいい
  • 〇万円までの取引であれば古物商許可はいらない

などの書き込みを目にすることがあります。

ですが、これらはすべて誤った情報です。

これまで説明したとおり、古物商許可が必要になるのは、「中古品の転売ビジネス」をするときです。

ネット取引かどうか、 取引金額が多いか少ないか、個人か法人かなどは一切関係がありません。

ネットの書き込みを簡単に信用すると、あとから取り返しがつかないことになる可能性もあるので注意しましょう。

調べるときは、このサイトのような専門家が監修しているサイトに限るべきね

どちらか決められないときは古物商許可を取得する方がおすすめ

古物商許可が必要になるのは「中古品の転売ビジネスをするとき」です。

新品の転売や、不用品を転売するとき等は古物商許可は必要ありません。

古物商許可を取るかどうか迷っている人は、自分の取引がどちらに該当するかによって、判断しましょう。

それでもまだ、古物商許可を取るかどうか決められないという人は、古物商許可を取得することをおすすめします。

なぜなら古物商許可には、更新制度や会費がなく、一度取得すれば生涯有効な資格として利用できるからです。

持っていれば、いつでも好きなタイミングで、転売ビジネスを始めることができます。

転売に興味のある方にとっては、取っておいて損はしない資格といえるでしょう。

よ~し、じゃあ僕も古物商許可を取ろうっと。でも、古物商許可を取得するってなんだか大変そう・・・

安心してこぶ吉。実はとっても簡単に古物商許可を取得する方法があるのよ

古物商許可は行政書士に頼むと簡単に取得できます

古物商許可を取るかどうか迷っている方の中には、

古物商許可は欲しいけど、申請が面倒くさそうだから嫌だ

と考えている方もいるのではないでしょうか?

たしかに、古物商許可の申請手続きは、とても面倒です。

たくさんの難しい書類を用意しなければならず、1つでも不備があると申請はやり直しになってしまいます。

そのため、自分で申請をしようとすると、たくさんの手間と時間が必要です。

ですが、ご安心ください。

古物商許可には、とっても簡単に取得する方法があるのです。

それは、行政書士に依頼をする方法です。

行政書士に依頼をすれば、面倒な書類の作成・提出から、担当警察官との交渉まで基本的な手続きはすべて代わりにやってくれます。

依頼者は、自宅で許可が下りるのを待っていればいいので、とっても効率的なのです。

また、行政書士は書類作成のプロなので、手続きにミスはなく、最短で許可を取ることが可能です。

もし、古物商許可を取得するのであれば、行政書士に依頼することをおすすめします。

古物商許可を取るかどうか迷っている方へ まとめ

古物商許可を取るかどうか迷っている方は、自分の取引が古物商許可が必要な取引にあたるかどうかによって、判断しましょう。

古物商許可が必要になるのは「中古品の転売ビジネスをするとき」です。

不用品の転売や、新品の商品の転売には、古物商許可は必要ありません。

無許可営業には重い罰則があるので、中古品の転売ビジネスをするのであれば、必ず古物商許可を取得しましょう。

古物商許可の申請には、たくさんの書類が必要となるため、自分でやるとかなり大変です。

場合によっては、行政書士に依頼するなどして、効率よく古物商許可を取得するようにしましょう。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。