古物商許可の取得難易度はどのくらい?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

古物商許可の取得難易度は他の許可申請と比べてそれほど高くありません。

つまり、誰にでも取得のチャンスがあるのです!

法人に限らず個人でも取得できるチャンスがあり、主婦でも副業される方でも取得することが可能です。

その一方で、取得のための手続(申請書類の作成)は簡単とは言えません。

取得のための申請書類作成にミスは許されないからです。

審査は厳しいので、慣れない方が自分で申請をするとたくさんの時間と労力が必要です。

難易度は高くないけど、審査が厳しいってどういうこと?

要するに、取得できる可能性は高いけど、手続きが面倒で許可が下りるまでにたくさんの書類作成と時間が必要ってことよ

古物商許可の取得難易度は高くありません

古物商許可の取得の要件は他の許可申請と比べてさほど高くはありません。

許可を取得できれば、ビジネスの幅が大きく広がります。

中古車屋、古着屋、中古ブランドショップ・・・
これらはすべて古物商許可があれば始めることが可能なのです。

ですから、これから転売でお金を稼ごうと考えている方は、取得しておいて損はないでしょう。

古物商許可って簡単に取得できるものなの?

古物商許可の取得を考えている方の中には、こぶ吉のように、古物商許可の取得難易度について気になっている方が多いと思います。

この点について結論から言ってしまうと、古物商許可の取得要件はそれほど高くありません。

むしろ、古物商許可の要件は他の許可申請の難易度と比べると緩い部類に入るといえるわ

古物商許可の取得難易度が低いとされる理由

古物商許可の取得難易度は、他の許可申請と比べてあまり高くありません。

例えば他の許可申請の場合、設備要件や一定期間以上の実務経験、特定の資格取得などたくさんの要件をクリアしなければならないケースがあります。

ですが、古物商許可の場合、取得に必要な要件が少ないのです。

古物商許可を取得するときに必要な要件は「欠格要件に当たらないこと」「営業所があること」です。

欠格要件とは、古物商許可の取得ができなくなる要件のことで、犯罪歴のある人や破産手続き決定を受けた人などがこれにあたります。

営業所とは、古物取引の中心となる場所のことで、申請をするときに届け出なければなりません。

ただ、営業所に関する決まりはあまり厳しくなく、自宅や賃貸アパートなどでも届け出ることが可能です。

ですから、古物商許可は欠格要件にさえ当たらなければ、取得できる可能性が高い許可なのです。

でも、古物商許可を取得するのはとっても大変だって聞いたことがあるんだけど、それはウソってこと?

ウソじゃないわ。古物商許可は、取得する難易度は低いけど手続きがとっても大変なのよ

どういうこと~?

古物商許可の取得が大変だと言われる理由

古物商許可の取得難易度は他と比べてそれほど高くありません。

ですが、ネットなどでは「古物商許可の取得は大変だ」と言われています。

それはなぜでしょうか?

提出する書類が多い

古物商許可の取得が大変だと言われる理由の1つ目は「提出書類が多いこと」です。

古物商許可を取得するためには、申請書の他に、たくさんの書類を集めて提出しなければなりません。

そして、そのほとんどの書類が住民票など、平日でないと手に入れることができない書類です。

場合によっては、会社やバイトなどを休んで書類を集めないといけない可能性もあります。

そのため、かなり前から準備をしておかないと、書類の提出が間に合わなくなる恐れがあるのです。

自治体によっては郵送してくれるケースもあるから、時間のない人は問い合わせてみるといいわ

書類のチェックが厳しい

古物商許可の取得が大変だと言われる理由の2つ目は「書類のチェックが厳しいこと」です。

役所や警察署等に対する手続きは大きく分けて「許可」「登録」「届出」という3つがあります。

そして、その中で最も手続きの審査が厳しいのが「許可」なのです。

ですから、古物商許可についても、提出した書類1つ1つが厳しくチェックされます。

そして、1つでも記載ミスや書類の不足があると、申請は受け付けてもらえず、手続きはやり直しになってしまいます。

そのため、本来であれば40日前後で取得できるはずの古物商許可が、半年経っても取得できないというケースもあるのです。

これが、ネットなどで「古物商許可の取得は大変だ」と言われる理由です。

要するに、古物商許可は取得難易度が低く、許可が下りる可能性は高いけど、そのための手続きがとても大変ってことなの

どうにかして、簡単に取得する方法はないのかなぁ

それだったら、行政書士に依頼をするといいわ

古物商許可を簡単に取得するには行政書士に依頼するのがベスト

古物商許可は取得難易度は低いのですが、許可が下りるまでの手続きが大変です。

そのため、自分で申請しようとすると、たくさんの時間と労力が無駄になってしまう可能性があります。

もし、効率よく簡単に古物商許可を取得したいという方は、行政書士の代行サービスを利用しましょう。

行政書士に依頼をすれば、面倒な書類の収集・提出から担当警察官との交渉まで、基本的な手続きはすべて代行してくれます。

また、書類作成のプロが代行してくれるので、書類にミスはなく、最短で許可を取ることが可能なのです。

でも、どの行政書士に依頼すればいいのかわからないよ~

行政書士を選ぶときは、ちょっとしたポイントがあるのよ

古物商許可専門で全国対応している行政書士を選びましょう

行政書士を選ぶときの大事なポイントは「古物商許可専門」「全国対応している」ことです。

古物商許可の取得は古物商許可専門の行政書士に依頼しましょう。

行政書士の仕事の範囲はとても幅が広く、他の分野で活動している行政書士では、十分な対応ができない可能性があります。

特に、古物営業法は最近改正されたばかりの法律なので、別分野の行政書士の場合、改正法に対応していない可能性もあるのです。

また、全国対応しているかどうかも重要なポイントです。

古物商許可の申請手続きには、都道府県ごとに異なる「ご当地ルール」があるからです。

例えば、東京で必要とされる書類が、大阪では不要とされるケースがあるのです。

そのため、地域に密着している行政書士の場合、他の地域のルールに対応できない可能性があります。

その点、全国対応している行政書士であれば、全国のルールに精通しているので、ご当地ルールにも対応することができます。

ですから、行政書士を選ぶのであれば全国対応している行政書士にするべきです。

まずは気になる行政書士をネットで調べて、相談してみるといいわ

でも、電話で相談するのって緊張するね

最近は、電話やメールだけでなく、LINEにも相談を受け付けている行政書士もいるみたいだから、探してみるといいわ

古物商の取得難易度はどのくらい? まとめ

古物商許可の取得難易度は他の許可申請と比べるとそれほど高くありません。

他の許可申請と比べて、取得に必要な要件が少ないからです。

そのため、申請をすれば高い確率で許可を取ることが可能です。

ですが、申請にはたくさんの書類を提出しなければならず、また、厳しい書類のチェックも受けなければなりません。

場合によっては、許可が下りるまでに半年以上かかるケースもあります。

もし、簡単に効率よく古物商許可を取得したいのであれば、専門家である行政書士に依頼をしましょう。

行政書士に依頼をすれば、任せっきりにしたまま最短で許可が取れるのでとてもおすすめです。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。