古物商許可の取り方

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

リサイクルショップの開業や、副業で行うせどりなど、中古品の転売ビジネスを始めるには古物商許可が必要です。

古物商許可の取り方は2パターンあります。

  • 自分で取る方法
  • 行政書士に頼んで取る方法

せどりを始めたいんだけど、古物商許可が必要だってさ。どうやって取るか知ってる?

うん。2つの方法があるから、自分に合った方法でやってみるといいわ。

古物商許可の取り方を、2パターンに分けて詳しく解説しましょう。

「自分で取る方法」と「行政書士に頼んで取る方法」がある

古物商許可とは、日本の許認可のひとつで、中古品を転売目的で仕入れるのに必要な許可です。

リサイクルショップの開業や、副業で行うせどりなど、中古品の転売ビジネスは、古物商許可を取らずに始めると法律違反になってしまいます。

そうらしいね。せどりを始めたいから古物商許可の取り方が知りたくて。

古物商許可の取り方は2パターンあります。

  • 自分で取る方法
  • 行政書士に頼んで取る方法

「自分で取る方法」は、費用を抑えられるメリットがあります。

デメリットは、時間と手間がかかること、ミスが起こりやすいことです。

「行政書士に頼んで取る方法」は、時間も手間もかからないこと、ミスがないことがメリットです。

デメリットは、費用が高くつくことです。

なるほど~。一長一短ってことだね。

許可を取るまでの流れは同じよ。

古物商許可を取るまでの流れは同じ

古物商許可を自分で取る場合も、行政書士に頼んで取る場合も、大まかな流れは同じです。

  • 必要な書類を用意する
  • 書類を警察署に提出する
  • 警察が審査をする
  • 許可証を受け取る

書類を提出するだけなのか~。試験とかもあるのかと思ったよ。

古物商許可を取るときに試験はありません。

勉強しなくても、誰でも取ることができます。

でも、古物商許可を取れない人も、中にはいるの。

欠格要件に当てはまると取れない

古物商許可には、欠格要件(欠格事由)というものがあります。

欠格要件とは、当てはまると古物商許可を取れない要件のことで、10の要件が定められています。

1つでも当てはまってしまうと、古物商許可を取ることはできません。

当てはまったとしても、対策を取るか、一定の期間が過ぎれば取れるようになる場合もあります。

10コもあるんだったら、何かしら当てはまりそうで心配だなぁ…

主な欠格要件を挙げると、「自己破産しているか」「暴力団関係者」といったようなものです。

ほとんどの方は当てはまることはないので、それほど心配はいりません。

じゃあ、まずは、自分で取る方法から詳しく解説するわね。

自分で取る方法

古物商許可を自分で取る方法を詳しく解説しましょう。

必要な書類を把握する

まず、必要な書類を把握するところから始めます。

古物商許可の申請に必要な書類は大まかに、「絶対に必要な書類」「場合によって必要な書類」に分けられます。

「場合によって必要な書類」は、申請する人の状況や、始めたいビジネスなどによって、必要かどうかが決まります。

自分にはどんな書類が必要かを把握しておかないと、審査に通る正しい書類は用意できません。

おぉ…いきなり難しそうだなぁ。

まず、「絶対に必要な書類」から把握しておきましょう。

これは文字通り、誰が申請する場合でも絶対に用意することになる書類です。

絶対に必要な書類

  • 申請書
  • 略歴書
  • 誓約書
  • 住民票
  • 身分証明書

申請書

古物商許可を申請する(許可を出すようにお願いする)ための申し込み用紙です。

必要事項を書いて提出します。

略歴書

自分の職歴や学歴など、直近5年間分の経歴を書く書類です。

誓約書

欠格要件に当てはまっていないことを誓うための書類です。

署名と捺印をします。

住民票

戸籍などが世帯ごとに記録された書類です。

引っ越しをするときなどに、見たことがある人も多いでしょう。

住民票は、住民登録をしている市区町村の役所で手に入ります。

住民登録している場所と、今住んでいる場所が異なる場合は、今住んでいる場所に登録を移してから手に入れます。

マイナンバーカードがあれば、コンビニでも手に入れることができます。

身分証明書

自己破産していないことを証明する書類です。

正式名称を「身分証明書}という、公的な書類の方を指します。

一般的に、運転免許証や保険証のことを「身分証明書」と呼びますが、それは通称です。

必要な書類は、俗に言う身分証明書の方ではないので、気をつけましょう。

この身分証明書は、本籍地の役所でしか手に入れることができません。

この5つの書類は絶対に必要だから、覚えておいてね。

ありがとう。調べる手間が省けたよ。

次は「場合によって必要な書類」ね。

「場合によって必要な書類」で代表的なもの

古物商許可の申請は、いろいろなケースが考えられるので、「場合によって必要な書類」を全て紹介するのは難しいです。

よくあるケースとして、自宅を営業所にする場合に必要な書類を紹介しましょう。

自宅を営業所にする?

古物商許可を申請するとき、必ず営業所を決めないといけません。

営業所とは、要はお店のことです。

リサイクルショップをオープンするなど、実店舗を構えて営業したい場合は、店舗が営業所ということになります。

自宅でインターネットを使って中古品を売り買いする、「せどり」を始めるために古物商許可を取るという人も多いでしょう。

その場合は、自宅が営業所ということになります。

ふむふむ…

自宅を営業所にする場合、その自宅が持ち家だと、物件の登記事項証明書

賃貸物件だと、賃貸借契約書のコピーが必要になる可能性があります。

これは、営業所にする物件が誰のものかを証明するためです。

必要な書類の基準は都道府県によって異なるので、これらの書類は不要な場合もあります。

ほぅほぅ…

また、自宅が賃貸物件の場合は他に、使用承諾書という書類も必要になる可能性があります。

自宅に借りている物件は大抵の場合、「住むために借りる」契約を結んでいます。

その物件を古物商の営業所に使うことは、契約に反すると判断される可能性があるのです。

そのように判断されたら、物件の大家さんに、物件を営業所として使うことを承諾してもらう必要があります。

そのとき大家さんに書いてもらう書類が、使用承諾書です。

「物件を古物商の営業に使用することを承諾します」という旨の文言を記載した書類に、大家さんの署名と捺印をもらいます。

へぇ~。大家さんに書いてもらう書類もあるのか~。

使用承諾書はどこかでもらって用意するものではなく、自分で作成して用意します。

決まったフォーマットはありません。

いろんな書類が必要なんだね~。書類の把握だけで一日がかりになっちゃいそうだ。

古物商許可の申請に必要な書類は、ここまで紹介したようにたくさんあります。

自分で申請するとなれば、書類を把握するだけでも、結構な時間と労力をかけることになるでしょう。

時間と手間がかかる点は、古物商許可を自分で取る方法のデメリットと言えるでしょう。

必要な書類を把握できたら、次は書類集めね。

自分で取る場合の流れ

1. 書類を集める

自分に必要な書類をすべて把握できたら、次はそれを集める作業です。

必要な書類を把握するで紹介した、申請書、略歴書、誓約書はダウンロードできるので、用紙自体を用意するのは簡単です。

でも、申請書は書くのに苦労するでしょうね。

申請書の書き方は複雑です。

専門用語も多く出てきますし、どういう内容で申請するかによって、記入する欄も変わってきます。

初めて申請する人がスラスラ書くのは難しいでしょう。

住民票なんかは、取りに行くのが面倒よね。

必要な書類を把握するで紹介したように、古物商許可の申請には住民票と身分証明書が絶対に必要です。

どちらも役所で取り寄せる書類なので、手に入れるのに手間がかかります。

特に身分証明書は、本籍地の役所でしか取り寄せられません。

住民登録している住所と、本籍地の住所が異なる人は結構多いはずです。

自宅から遠いところに本籍地がある場合は、相当、手間がかかるでしょう。

僕の本籍地は実家で、飛行機で2時間もかかるんだけど…

身分証明書は郵送で受け取ることもできるから、心配しないで。

書類を自分で用意するには、記入方法を調べたり、役所に足を運んだりと、時間と手間がかかります。

書類集めの面倒さは、古物商許可を自分で取る方法のデメリットと言えるでしょう。

書類がそろったら、次は警察署で申請ね。

2. 書類を警察署に提出する

申請書類をすべて用意できたら、次は、警察署へ提出に行きます。

警察署はどこでもいいの?

書類を提出する警察署は、営業所の所在地を管轄する警察署です。

どこでもいいわけではないので注意しましょう。

警察署に行く前にアポを取るのを忘れないでね。

警察官はいろいろな業務を抱えているので、いきなり警察署に行くと、担当の方が不在の場合もあります。

警察署に行くときは、必ず事前に電話をして、訪問する日時を伝えておくようにしましょう。

あと、印鑑とボールペンも持って行ってね。

書類を提出したら、担当の方が書類に不備がないかをチェックしてくれます。

記入漏れや、誤記入が見つかることもあるので、訂正するための印鑑とボールペンを忘れずに持って行きましょう。

記入のミスであれば、その場で訂正できますが、足りない書類があると発覚したら、その日の申請はあきらめるしかありません。

そんな…

古物商許可の申請書類は複雑なので、自分で書類を用意してミスをする人は少なくありません。

2回も3回も警察署に出向いて、やっと受理されるということもあります。

この不確実な点は、古物商許可を自分で取る場合のデメリットと言えるでしょう。

書類が受理されたら、手数料を支払ってね。

書類に不備がないと判断されれば、書類が受理されます。

受理されたら、申請手数料を支払います。

申請手数料は1万9000円です。

結構高いんだなぁ…

でも、これで済んだら安い方よ。

古物商許可を自分で取る場合にかかる費用は、申請手数料だけです。

他に、住民票を発行する費用など、細かい諸費用はかかります

行政書士に頼んで取る場合は、申請手数料の他に、行政書士に支払う費用がかかります。

費用を抑えられる点は、古物商許可を自分で取る場合のメリットと言えるでしょう。

次は審査ね。

3. 警察が審査をする

提出した書類が受理されたら、次は、警察が審査をします。

審査は約40営業日かかります。

40日!?そんなにかかるんだね…

この期間は、まれに短く済むこともあるようですが、基本的には、誰が申請しても約40営業日は待つことになります。

ここは気長に待ちましょう。

わかった~。

書類に不備がなかったとしても、審査に落ちることもあります。

欠格要件に当てはまっていることを隠していた場合などです。

例えば、暴力団員なのを隠して申請をすれば、書類上は暴力団員であることは分からないので、書類は受理されてしまうでしょう。

でも、警察が審査するわけですから、これぐらいのことは調べればすぐに発覚してしまいます。

暴力団員に古物商許可を取ることはできないので、審査には落ちてしまいます。

古物商許可を取るときは、書類を正しく用意することはもちろん大切ですが、ウソをつくことも絶対にやめましょう。

審査に落ちたら、1万9000円の申請手数料もまるまる損してしまうので、ウソをついてもいいことはありません。

うわぁ~。

審査に通ったら、あとは許可証をもらうだけよ。

4. 許可証を取りに行く

審査に通れば、警察署から古物商許可証を取りに来るようにと連絡があります。

古物商許可証とは、古物商許可を取ったことを証明する免許証のようなものです。

申請に行ったときのように、訪問する日時を伝えてから警察署に行きましょう。

許可証を受け取れば、古物商許可の取得が完了です。

古物商許可って、こうやって取るんだね~。

自分で取る方法のメリット、デメリットをおさらいしておきましょ。

自分で取る場合のメリット・デメリット

古物商許可を自分で取る方法のメリットと、デメリットです。

メリット

  • 費用を抑えられる

デメリット

  • 時間と手間がかかる
  • ミスが起きやすい

じゃぁ次は、行政書士に頼んで取る方法を解説するわね。

行政書士に頼んで取る場合の流れ

古物商許可を行政書士に頼んで取る方法を詳しく解説しましょう。

1. 行政書士事務所に申し込む

まずは、行政書士事務所に、古物商許可の取得代行を申し込みます。

行政書士事務所は、全国対応している事務所も多いです。

全国対応している事務所なら、遠方からでも申し込みできるので便利です。

クチコミなどを参考にして、申し込む事務所を選ぶといいでしょう。

選ぶのは古物商許可専門の事務所にしてね。

日本にはたくさんの許認可があるので、多くの行政書士事務所は、専門分野をしぼって運営しています。

「古物商許可専門」をうたっている事務所に申し込むようにしましょう。

申し込みは、事務所に直接うかがうのはもちろん、インターネットで申し込める事務所も多いです。

そうなんだ~。簡単だね!

行政書士に古物商許可の取得代行を申し込むときの費用は、事務所によって異なりますが、相場は約4万円です。

4万円!?結構高いなぁ…

行政書士の費用とは別に、古物商許可の申請には1万9000円の手数料もかかるので、合わせて約6万円の費用がかかります。

費用が高くつく点は、古物商許可を行政書士に頼んで取る方法のデメリットと言えるでしょう。

申し込んだらヒアリングがあるわ。

2. 行政書士からのヒアリング

行政書士事務所に古物商許可の取得代行を申し込んだら、次は、行政書士からのヒアリングがあります。

古物商許可の申請書類は人によって異なるので、いくつか質問をしないと、どのような書類が必要になるか分からないからです。

ヒアリングも申し込みと同じように、メールなどで簡単に受けられることが多いです。

なるほど~。簡単だ~。

ヒアリングでは、欠格要件に当てはまっているかどうかも聞かれます。

「自己破産しているか?」、「犯罪歴はあるか?」といった答えにくい質問もありますが、隠さずに正直に答えましょう。

欠格要件に当てはまることを隠していたことが原因で、古物商許可を取れないことになっても、行政書士は責任を負えません

これは隠していた方が悪いわね。

欠格要件に当てはまることを正直に伝えれば、行政書士が許可を取るための対策を考えてくれます。

欠格要件に当てはまっていても、何らかの対策を取れば、許可を取れるようになる場合もあるのです。

ヒアリングが済んだら、あとは行政書士におまかせね。

3. 行政書士が書類を用意してくれるのを待つ

ヒアリングが済んだら、待っているだけでOKです。

行政書士が必要な書類を判断して、すべて用意してくれます。

記入が必要な書類は、記入もやってくれますし、役所で取り寄せる書類は、取りに行ってくれます。

えぇっ!そんなに何でもやってくれるの!

それが行政書士の仕事だからね。

古物商許可を自分で取ると、必要な書類を調べることから始まり、それをせっせと集める作業があったりと、時間と手間がかかります。

行政書士に頼む場合、ちょっとしたヒアリングを受けるだけで、すべての書類を用意できます。

時間も手間もかからない点は、古物商許可を行政書士に頼んで取る方法のメリットと言えるでしょう。

書類を用意してもらったら、警察署に提出ね。

4. 書類を警察署に提出する

行政書士に用意してもらった書類を受け取ったら、次は、書類を警察署へ提出に行きます。

提出する警察署は人によって異なりますが、どこの警察署に行くかも行政書士が教えてくれるので安心です。

案内された警察署に持って行きましょう。

提出の流れは、古物商許可を自分で取る場合と同じです。

事前に訪問する日時を伝えておくことや、印鑑とボールペンを持っていくことを忘れないようにしましょう。

な~んだ。行政書士が警察署にも行ってくれるのかと思ってたよ。

行ってもらいたいなら頼めるわよ。

行政書士が行うのは基本的に書類を用意するところまでですが、オプションを追加することもできます。

オプションを追加すれば、警察署に書類を提出する作業も行政書士がやってくれます。

ただし、提出代行は、全国対応している行政書士事務所であっても、事務所の近隣の都道府県に限られます。

もちろんオプションなので、通常の費用とは別に追加料金がかかります。

行政書士事務所によって料金は異なりますが、相場は約15000円です。

事務所によっては提出代行はやっていないこともあるので、自分が申し込む事務所に確認してみましょう。

そんなオプションもあるのか~。

行政書士に用意してもらった書類であれば、不備が見つかることはないでしょう。

申請は一回で受理されるはずです。

ミスがない点は、古物商許可を行政書士に頼んで取る方法のメリットと言えるでしょう。

書類を提出したら、次は審査ね。

5. 警察が審査をする

提出した書類が受理されたら、次は、警察が審査をします。

行政書士に書類を用意してもらったからといって、審査が早く終わるということはありません。

自分で取る方法と同じように、審査には約40日かかります。

ここは気長に待ちましょう。

審査に通ったら、あとは許可証をもらうだけよ。

6. 許可証を取りに行く

審査に通ったあとも、古物商許可を自分で取る場合と流れは同じです。

警察署から連絡があるので、訪問する日時を伝えてから、古物商許可証を受け取りに行きましょう。

許可証を受け取れば、古物商許可の取得が完了です。

行政書士に頼んで取る方法のメリット、デメリットをおさらいしておくわね。

行政書士に頼んで取る場合のメリット・デメリット

古物商許可を行政書士に頼んで取る方法のメリットと、デメリットです。

メリット

  • 時間も手間もかからない
  • ミスがない

デメリット

  • 費用が高くつく

古物商許可の取り方がよく分かったよ。どの方法で取るか迷うな~。

メリットとデメリットを比較して決める

古物商許可を取る2つの方法はどちらも、メリットとデメリットがあります。

どこを重要視するかは自分次第です。

自分に合った方法をよく考えて、どちらの方法をとるか決めましょう。

古物商許可の取り方 まとめ

古物商許可の取り方は、「自分で取る方法」「行政書士に頼んで取る方法」があります。

大まかな流れはどちらの方法でも同じです。

  • 必要な書類を用意する
  • 書類を警察署に提出する
  • 警察が審査をする
  • 許可証を受け取る

2つの方法には、それぞれメリットとデメリットがあります。

「自分で取る方法」

メリット

  • 費用を抑えられる

デメリット

  • 時間と手間がかかる
  • ミスが起きやすい

「行政書士に頼んで取る方法」

メリット

  • 時間も手間もかからない
  • ミスがない

デメリット

  • 費用が高くつく

どこを重要視するかをよく考えて、自分に合った方法で取るといいでしょう。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。