【徹底比較】自分で取得 vs. 行政書士に依頼

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

古物商許可の取り方は、自分で取得する方法と、行政書士に依頼する方法があります。

どちらの方法で取得するかは自由ですが、2つの方法を比較すると、行政書士に依頼する方がメリットが多いので、お得だと言えます。

ですが、費用を安くおさえることを重視するなら、自分で取得する方がお得だと言えます。

比較をもっと細かく見てみたいな~。

徹底比較してみようじゃない!

自分で取得 vs. 行政書士に依頼

古物商許可の取得を、自分で行う場合と、行政書士に依頼する場合で、手間や時間などの項目ごとに比較して、表にまとめてみましょう。

自分で取得行政書士に依頼
手間かかるほとんどかからない
時間何ヶ月もかかることもある最短期間で取得できる
取得後のサポート最悪、許可が取り消されることもある取得後も相談に乗ってくれる
費用申請手数料のみ(1万9千円)申請手数料+報酬(約6~8万円)

表をザッと見ても分かるように、自分で取得する場合のメリットは、費用が安く済むことだけです。

対して、行政書士に依頼する方は、費用がかかること以外はメリットばかりです。

費用を取るか、それ以外のメリットを取るか、ということだね。

メリットの多さを考えると、行政書士に依頼する方がお得だと言えます。

ですが、費用をどうしても用意できない人や、安く済ませるためなら手間や時間は惜しまないという人なら、自分で取得する方がお得だと言えるでしょう。

次は、項目ごとに詳しく解説するね。

手間

古物商許可の申請には、たくさんの書類が必要になります。

しかも、必要な書類は、申請する人の状況によって異なります。

なので、自分で取得するには、まず、自分に必要な書類は何なのか、調べることから始めなければなりません。

知識がないと、書類を調べる作業だけで数日かかってしまう可能性もあります。

これは面倒だなぁ…

また、その書類の大半は役所で受け取るものです。

なので、自分で取得するには、役所に足を運ぶ必要があります。

それだけでも単純に手間がかかりますし、役所は平日の日中しか開いていませんから、その時間に働いている人にとっては、休みを取ったりしなくてはなりません

また、書類をそろえたら、警察署の窓口に行かなくてはなりません。

申請は、警察署の窓口でしか受け付けていないからです。

警察署の窓口も役所と同じく、平日の日中しか開いていません。

僕の職場は、簡単に休みが取れないから大変だなぁ…

対して、行政書士に依頼すると、手間は一切かかりません。

なぜなら、行政書士がすべて代わりにやってくれるからです。

行政書士は、依頼人にどんな書類が必要なのかをすぐに判断してくれます。

そして、役所も警察署も代わりに行ってくれます。

依頼人がすることは特になく、行政書士におまかせしていれば、古物商許可を取ってきてくれます。

えっ!?そんなに何でもやってくれるの!

行政書士って便利でしょ。

『手間』は、行政書士に軍配あり!

時間

古物商許可の申請は、先述したように、自分で行うと手間がかかります。

必要な書類を調べたり、役所や警察署に出向く作業は時間もかかります。

それに、大半の人は、古物商許可の申請なんてやったことがないでしょうから、スムーズに進まないことが多いです。

慣れない作業をすると、結構な時間がかかるでしょう。

また、自分で申請した場合、ミスが起こりやすいです。

やっとの思いで書類を用意して、いざ申請に行ったら、書類に不備が見つかって、申請を受け付けてもらえないということも多いです。

そうなると、また書類をそろえるところから、やり直しになってしまいます。

自分で申請すると、平均5~7回やり直しになるというデータもあります。

また、申請のための作業を始めてから取得までに、半年以上かかったというデータもあります。

僕も慣れていないから、何ヶ月もかかりそうだな…

役所でもらう書類は、基本的に有効期限はありません。

ですが、古物商許可の申請では、発行から3ヶ月以内のものでないと、受け付けてもらえません。

書類集めでミスを繰り返してしまうと、役所でもらう書類の有効期限が過ぎてしまう可能性もあります。

そうなれば、また役所に行かないといけなくなり、ますます時間がかかってしまいます。

悪循環だ…

書類の不備は、申請時に判明すれば、まだいい方です。

申請は認められたものの、審査の段階で不備が発覚したりして、許可が下りないということもあり得ます。

そうなると、申請したときに申請手数料(1万9千円)を払っているので、時間だけでなく、お金も無駄になってしまいます。

申請手数料は、支払ったあと、たとえ許可が下りなかったとしても、返金されることはありません。

それは最悪だ…

対して、行政書士に依頼すると、無駄な時間がかかることはありません。

行政書士は、古物商許可の申請を何度もこなしているプロなので、すべての作業をスムーズに終わらせてくれます。

また、ミスには細心の注意をはらって作業を進めるので、書類に不備が見つかることもなく、一発で申請を通してくれます。

行政書士に依頼すれば、最短期間で古物商許可を取得することができます。

さすがプロだなぁ~。

行政書士ってスゴいでしょ。

『時間』も、行政書士に軍配あり!

取得後のサポート

古物商許可を取得すれば、すぐにでも営業を始められるわけではありません。

古物商には、古物商プレートを営業所に掲げることや、古物台帳を記入することが義務づけられてるので、それらを用意しないと営業を始められません。

これらの義務は、怠ると罰則が科せられる可能性があります

営業所に古物商プレートを掲げなかった場合は、10万円以下の罰金
古物台帳を記入しなかった場合は、6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金です。

自分で古物商許可を取得すると、古物商のルールをよく知らないままでいる可能性もあります。

ルールを知らずに、古物商プレートや古物台帳を用意しなかったことで罰則を受けるのは、とてももったいないことです。

古物商になる前から、細かいルールなんて分からないよ…

対して、行政書士に依頼すれば、古物商許可の取得後もサポートを受けられます。

行政書士事務所によっては、古物商プレートの作成も請け負っていたり、古物台帳を無料でつけてくれるところもあります。

古物商プレートや古物台帳のこと以外にも、古物商のルールはたくさんあります。

古物商のルールの中には、破ってしまうと、最悪、許可が取り消されるものもあります。

行政書士に依頼すれば、古物商許可の取得後でも、営業を始めるまでは相談に乗ってくれるので、分からないことを質問することができます。

許可取得後の相談は別料金とする行政書士事務所もあります

それはありがたいね!

行政書士って親切でしょ。

『取得後のサポート』も、行政書士に軍配あり!

費用

古物商許可の申請には必ず、申請手数料として1万9千円の費用がかかります。

申請手数料は、自分で申請しても、行政書士に依頼しても、必ず1万9千円です。

住民票の交付手数料の300円など、申請手数料以外にも多少の費用がかかりますが、それらの費用は省きます。

行政書士に依頼するメリットは多いですが、唯一のデメリットとなるのが費用です。

行政書士はボランティアではありませんから、依頼すれば当然、報酬を支払わないといけません。

行政書士への報酬額は、事務所によってまちまちですが、相場は4~6万円です。

なので、行政書士に依頼すると、申請手数料と合わせて、約6~8万円の費用がかかります。

決して安い金額ではないわね。

対して、自分で申請した場合は、費用は1万9千円で済みます

行政書士に依頼する場合の、3分の1~4分の1程度に費用をおさえることができます。

『費用』は、自分で取得に軍配あり!

ただ、先述したように、申請手数料を払ったあとで、審査の段階で不備が見つかって許可が下りないということもあります。

そうなれば、また申請し直すことになり、申請手数料が余分にかかってしまいます。

そのようなことになるのは、自分で申請する場合がほとんどで、行政書士が申請して許可が下りないことは、ほとんどありません。

行政書士の選び方には注意が必要

古物商許可の取得は、トータルで見れば行政書士に依頼する方がお得だと言えます。

ただ、行政書士も様々なので、選び方を間違うと、かえって損をする可能性もあるので注意しましょう。

古物商許可の取得に最適な行政書士の選び方を教えるね。

  • 古物商許可専門の行政書士を選ぶ
  • 相場に合った報酬額の行政書士を選ぶ
  • 返金保証を行っている行政書士を選ぶ

古物商許可専門の行政書士を選ぶ

行政書士が扱う許認可はたくさんあります。

なので、ほとんどの行政書士事務所は、何でもかんでも扱わずに『〇〇許可専門』といった感じで、扱う許認可をしぼって運営しています。

古物商許可の取得を行政書士に依頼するなら、必ず、古物商許可専門をうたっている行政書士事務所にしましょう。

行政書士の中には、やり慣れていない許認可の申請を引き受けた上に、ミスをしてしまう人もいるようなので、注意しましょう。

それはヒドいな!

相場に合った報酬額の行政書士を選ぶ

古物商許可の取得を行政書士に依頼する場合、報酬額の相場は4~6万円です。

この金額は、行政書士事務所が運営に必要な経費などを考えてはじき出した、妥当な金額です。

行政書士事務所の中には、この相場を下回る、激安価格を設定しているところもあります。

激安だとお得に感じてしまいますが、相場から外れた価格を設定している行政書士事務所は、トラブルが起きる可能性が高いとされています。

トラブルには、例えばこのようなものがあります。

  • 実は、書類の作成などは別料金になっていて、トータルすると相場よりも高い報酬を払わされる
  • 書類の作成はやってくれたものの、審査に通らず許可が下りない
  • ダラダラしていて、一般的な行政書士より取得までに時間がかかる

そんな悪質な行政書士もいるのか!

費用が安い行政書士は安易に選ばずに、サービス内容や実績などを考慮して、選ぶようにしましょう。

返金保証を行っている行政書士を選ぶ

行政書士を選ぶときは、返金保証を行っている行政書士を選ぶのが望ましいです。

返金保証とは、もし許可が下りなかった場合に、払っていた報酬を返してくれる保証のことです。

行政書士の中には、適当に書類を作って、報酬だけもらう無責任な人もいるようです。

行政書士にとって返金保証はリスクになるので、確実に許可を取得する自信がないとできないサービスです。

返金保証を行っている行政書士を選ぶことは、より確実に古物商許可を取得することにつながります。

行政書士って、みんな同じではないのよ。

適当に選んじゃいけないね。

【徹底比較】自分で取得 vs. 行政書士に依頼 まとめ

古物商許可は、自分で取得する方法と、行政書士に依頼して取得する方法があります。

2つの方法を比較して表にまとめると、このようになります。

自分で取得行政書士に依頼
手間かかるかからない!
時間かかるかからない!
取得後のサポートないある!
費用1万9千円!約6~8万円

自分で取得する場合、手間や時間がかかり、取得後のサポートはないので、デメリットが多いですが、費用を安くおさえられるメリットがあります。

対して、行政書士に依頼する場合、手間や時間がかからない上に、取得後のサポートもあって、メリットが多いですが、費用が高くつくデメリットがあります。

メリットの多さを考えると、行政書士に依頼する方がお得だと言えます。

手間や時間を惜しまずに、費用にこだわるなら、自分で取得する方がお得だと言えます。

行政書士を選ぶときは、次のようなことに注意するといいです。

  • 古物商許可専門の行政書士を選ぶ
  • 相場に合った報酬額の行政書士を選ぶ
  • 返金保証を行っている行政書士を選ぶ

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。