【2020年古物営業法改正】全国統一で各県のローカルルールは解消された?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

2020年(令和2年)に古物営業法が改正されましたが、各都道府県のローカルルールはまだ解消されていません。

そのため、古物商許可を申請するときは、自分の住んでいる地域のローカルルールに合わせて申請をすることが重要です。

僕も、これから古物商許可を取得しようと思ってるんだけど、ローカルルールについてもっと詳しく教えて~

いいわよ。今回は、ローカルルールが2020年の改正でどう変わったか、どうすれば効率よく古物商許可を取得できるかなど、詳しく説明するわ

古物営業法改正による全国統一後もローカルルールは解消されていません

2020年(令和2年)に古物営業法が改正され全国統一化が図られました。

ですが、各都道府県ごとのローカルルールは解消されず、いまだ地域によって申請のルールが異なるケースがあります。

そのため、古物商許可を取得するのであれば、自分の住んでいる地域のローカルルールに対応した申請をしなければなりません。

各都道府県の警察署に確認をするか、行政書士などの専門家に依頼をして取得することをおすすめします。

なんで?今回の古物営業法改正では、統一化はされなかったってこと?

いいえ。ある程度は統一化が図られたんだけど、ローカルルールは完全には解消されなかったの

2020年(令和2年)の古物営業法改正で全国統一化が図られました

これまで古物商許可は、各都道府県ごとの許可でした。

そのため、例えば東京都で古物商許可を取得したあと、営業所を大阪に移転する際は、あらためて大阪で古物商許可を取得しなおさなければならなかったのです。

ですが、2020年(令和2年)4月1日の古物営業法改正によって、古物商許可の単位が見直され、古物商許可は全国共通の許可となりました。

その結果、一度古物商許可を取得すれば、他の都道府県に移転した場合でも、許可を取得しなおす必要はなくなったのです。

一度取得すれば、全国どこでも転売ビジネスができるってことだね

ただ、変更届は忘れずにしなきゃだめよ

でも、全国共通の許可になったんなら、ローカルルールも無くなったんじゃないの?

改正後もローカルルールは解消されていません

2020年(令和2年)4月1日の古物営業法改正によって古物商許可の単位が見直され、古物商許可は全国共通の許可になりました。

その影響により、申請書類も全国統一化が図られました。

これまで、申請書類は各都道府県ごとに異なった書式だったのですが、全国で統一の書式が使われるようになったのです。

ただ、全国統一化が図られたのは申請書類だけで、略歴書や宣誓書などの添付書類については、今回の改正によっても統一化されていません。

そのため、今まで通り自分の住んでいる地域のローカルルールに合わせて申請をしないと、受け付けてもらえないので注意が必要です。

ローカルルールが完全に解消されるには、まだまだ時間がかかるみたいなの

そもそも、古物商許可のローカルルールって何だっけ?

各都道府県ごとに申請に必要な手続きや書類が違うケースがあるのよ

古物商許可のローカルルールとは

中古品の転売ビジネスをするときは、あらかじめ古物商許可を取得しなければなりません。

もし、許可なく転売をすると古物営業法違反として警察に逮捕される可能性もあるので、事前にしっかりと取得しておきましょう。

ただ、古物商許可の申請は「複雑で難しい」といわれることがあります。

その大きな理由は、古物商許可の申請には各都道府県ごとのローカルルールがあるからです。

ローカルルールとは、古物商許可の申請に必要な手続きや書類が、都道府県ごとによって違うことをいいます。

例えば、大阪で必要とされている添付書類が東京では不要とされたりするのです。

そのため、自分でネットで調べて申請をしても、自分の地域のルールに合っていないと、申請に不備があるとして受け付けてもらえません。

これが、古物商許可の申請は難しいといわれる理由なのです。

なるほど~、自分の地域にあったやり方で申請をしないと受け付けてもらえないわけか~

そういうことね。だから中には何回申請しても申請が通らないって人もいるのよ

でも、そもそも何でローカルルールなんてものがあるの?

それは、古物商許可を管轄しているのが都道府県の公安委員会だからなのよ

古物商許可にローカルルールがある理由

古物商許可には、各都道府県ごとによって手続きや添付書類が異なるというローカルルールがあります。

そのため、古物商許可を申請するときは、自分の住んでいる地域のルールを調べてから申請をする必要があります。

そもそも、なぜこのようなローカルルールが存在するのでしょうか?

それは、古物商許可を管轄しているのが、各都道府県の公安委員会だからです。

都道府県公安委員会は各都道府県の知事の管理下にあります。

そのため、都道府県公安委員会が管轄する古物商許可のルールも都道府県ごとによって異なるのです。

都道府県ごとに管轄が違うからルールも違うってことだね

そうね。2020年の改正で少しは統一化されたんだけど、それでもまだまだローカルルールがたくさん残っているわ

じゃあ、古物商許可を取得するには、自分の地域のローカルルールを一から調べなきゃいけないってことかぁ。大変だなぁ

そんなことしなくても、簡単に古物商許可を取得する方法があるわ

ローカルルールを調べずに古物商許可を簡単に取得する方法

自分の地域のローカルルールを調べなくても、簡単に古物商許可を取得する方法があります。

それは、行政書士の代行サービスを利用する方法です。

古物商許可の申請手続きは、複雑で難しいといわれています。

それは、これまで説明したような地域のローカルルールがあるからです。

そのため、自分で申請をすると、一から自分の地域のルールを調べないといけないので、とてもたくさんの手間や時間が必要になります。

もし、簡単に古物商許可を取得したいのであれば、行政書士に代行を依頼しましょう。

行政書士に依頼をすれば、自分で複雑なルールを調べなくても、簡単に古物商許可を取得することが可能です。

行政書士に依頼をするときは、全国対応をしている行政書士に依頼するのが重要なポイントです。

地域に密着した行政書士では、別の地域のローカルルールに対応することができず、申請に余計な時間がかかってしまう可能性があるからです。

全国対応をしている行政書士であれば、全国のローカルルールに精通しているので、ルールの違いに手間取ることなく最短で許可を取得してくれます。

また、行政書士によっては営業開始までの準備までサポートしてくれるケースもあります。

これから転売ビジネスを始める人にとって、行政書士はとても心強いパートナーになってくれるはずです。

【2020年古物営業法改正】全国統一で各県のローカルルールは解消された? まとめ

2020年(令和2年)古物営業法改正による全国統一でも、ローカルルールは解消されていません。

そのため、自分の地域にあったルールで申請をしないと、申請が受け付けてもらえず、許可を取得することはできません。

スムーズに申請をするためには、事前に管轄の警察署に確認をするか、行政書士に代行を依頼するとよいでしょう。

行政書士に依頼をするときは、ローカルルールに強い全国対応をしている行政書士を選びましょう。

ネットで検索をすればすぐに出てくるので、気になる方は一度チェックすることをおすすめします。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。