メルカリでの中古品転売に古物商許可は不要と言われたが本当?

この記事は専門家が監修しています

古着やリサイクル品などの中古品(古物)を転売するには、原則として古物商の許可が必要です。

メルカリやヤフオクなどのネット取引であっても変わりません

古物商の許可なく古物の取引や転売をした場合には、古物営業法違反として逮捕・処罰される可能性があります。

ところがネット上では、「メルカリで中古品を転売する場合は古物商の許可がいらない」という噂を目にすることがあります。

なぜそのようなデマ情報が出回っているのでしょうか。

今回は、噂の真相について説明をしたいと思います。

「メルカリは古物商許可がいらない」という噂

う~ん・・・

どうしたの、こぶ吉?

中古品を転売する場合、古物商の許可が必要なんだよね?

そうよ、古着や古本みたいな中古品(古物)を転売して利益を出す場合には、古物商許可が必要よ

もし、古物商の許可がないまま中古品の転売を続けていたら逮捕や処罰されてしまう可能性だってあるわ

友達がメルカリで中古品を転売するとき、警察に相談したら、「メルカリでは古物商許可はいらない」って言われたらしいんだけど、どういうことなのかな?

え・・・そんなことあるの?

中古品をビジネスとして転売する場合には、古物商許可が必要です。

古物商許可なく、中古品転売をすると古物営業法違反(3年以下の懲役または100万円以下の罰金)として逮捕・処罰されてしまうおそれがあります。

ですが、ネット上では、「メルカリの利用には古物商許可はいらない」という記事をたまにみかけます。

また、こぶ吉がいうように、「警察がメルカリ利用に古物商許可は不要と言っていた」という情報まであります。

このような情報がなぜ出回っているのかというと、次のような事情が考えられます。

なぜ間違った情報が出回っているのか

メルカリの規約で中古品転売ビジネスが禁止されているから

古物商許可はすべての中古品転売に必要とされているわけでありません。

利益目的で中古品を転売する場合に必要とされています

ですが、メルカリでは利用規約によって、中古品を転売して利益を出すことを禁止しています

要するに、メルカリでは古物商許可が必要な中古品の転売ビジネスが禁止されているのです。

そのため、警察は「どうせメルカリでは中古品の転売ビジネスはできないんだから、古物商許可はいらないだろう」という気持ちで発言したのではと考えられます。

なるほど~。
古物商の許可は、中古品転売で儲けようとする場合に必要だけど、メルカリではそもそも中古品転売で儲けることを禁止しているんだね
だから、メルカリで古物商許可はいらないっていう噂が広まったんだ

でも、実際にメルカリを利用して中古品転売で利益を出している人ってたくさんいるよね。
そういう場合はどうなるの?

その場合は、古物商許可が必要で、許可なく取引をした場合は逮捕の可能性があります

なるほど、そういうことか

単純に警察が勘違いをした可能性

たまに「メルカリの中古品転売には古物商許可がいらないと警察に言われた」というネットの情報を目にします。

この情報は、単純に警察の勘違いによる可能性があります。

ええ~~そんなことあるの?

古物商の仕組みは複雑で、古物商許可が必要かどうかあいまいなケースがたくさんあります。

古物商許可を担当している警察官であっても、古物商に関する知識には当然差があります。

不慣れな警察官だと、勘違いなどから誤ったアドバイスをしてしまう可能性もあります

特にメルカリなどネットサービスについては、パソコンにあまり詳しくない警察官だと勘違いをする可能性は高くなるのです。

ですから、古物商に関して正確な情報を知りたいという方は、古物商専門の行政書士に相談することをおすすめします

「警察が言ったから」は通用しません

中古品の転売をビジネスとして行う場合は、古物商の許可が必要です。

古物商許可なく、古物取引をした場合、無許可営業として逮捕・処罰されてしまう可能性があります。

メルカリなどのネット取引であっても同じです。

ネット上では、「メルカリの中古品転売に古物商許可は不要だって警察が言っている」という記事を目にします。

仮にこの記事が本当だったとしても、逮捕や処罰を免れることはできません

古物営業法違反で逮捕される場合に、「警察が許可は不要って言っていたから」という言い訳は通用しません

警察の発言を信用したからといっても、逮捕や処罰を免れることはできないというのが現在の裁判所の見解なのです。

正確な情報は専門家に相談しよう

警察官も勘違いしてしまうこともあるのね

え~~、じゃあ、一体どうすればいいんだ~~

警察官も人間ですから、当然ミスや勘違いもします。

また、相談者の説明の仕方によって、警察官が誤解をしてしまうという可能性もあります。

そこで、古物商関連について正確・確実な情報を知りたいという方は、専門家に相談することをおすすめします。

専門家とは、古物商を専門に扱っている行政書士のことをいいます。

古物商専門の行政書士は、普段から古物に関する案件をたくさん扱っていて、知識や経験も豊富です。

古物商に不慣れな警察官よりは正確なアドバイスを期待することができます。

誤った知識のままで古物取引を続けていると、逮捕や処罰など取り返しがつかないことになりかねません

中古品転売で利益を出している方や、これから出そうと思っている方は、警察だけでなく、古物商専門の行政書士に相談することをおすすめします

ネットで無料の相談を受け付けている行政書士もたくさんいるので、一度検索してみるといいでしょう。

メルカリの利用に古物商許可が必要なケースと不要なケース

結局のところ、メルカリを利用する場合は古物商許可が必要なの?いらないの?

古物商許可は、中古品を転売して利益を出そうとする場合に必要な資格です。

例えば、以下の場合には古物商の許可が必要です。

  • 近所のリサイクルショップで仕入れた中古家電を修理してメルカリで転売する
  • ブックオフせどりで仕入れた古本をメルカリで転売する
  • メルカリで仕入れた古着をヤフオクで転売する
  • メルカリで仕入れた中古ゲーム機をメルカリで転売する

これらの場合には、利益を出すための転売と考えられるため、古物商の許可が必要です

逆に、利益を出すことが目的でない場合は、古物商許可は不要です。

例えば、以下の場合です。

  • 自分が長年愛用してきたアンティーク家具をメルカリで販売する
  • 家族からもらった家電が不要になったのでメルカリで販売する
  • メルカリで古着を購入したがサイズが合わなかったためメルカリで再出品する

これらの場合は、不用品を処分しているにすぎないため、利益目的とはいえず、古物商の許可はいらないのです。

メルカリでの中古品転売に古物商許可は不要と言われたが本当? まとめ

古着や中古品などの古物をビジネス目的で転売する場合には、古物商の許可が必要です。

メルカリやヤフオクのようなネット取引であっても同様です。

古物商の許可なく取引をした場合、古物営業法違反として逮捕・処罰されてしまう可能性があります。

ネットでは「メルカリの中古品転売に古物商許可は不要だと警察に言われた」という情報を目にします。

こうした情報が出回っている背景には、

  • そもそも単なるガセ情報
  • メルカリではビジネス目的の古物転売が禁止されているため
  • 単純に警察の勘違い

などの理由が考えられます。

確実な情報を知りたいという方は、古物商の専門家である行政書士に相談することをおすすめします

専門家のアドバイスを受けながら安心かつ安全な取引をするよう心がけましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)





必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。