転売に古物商許可はいらない?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

転売をする多くの場合、古物商許可が必要です。

よくネット上では「転売には古物商許可はいらない」といった書き込みを目にすることがありますが、ほとんど誤った情報です。

無許可で転売をすると警察に逮捕されることもあるので注意しましょう。

転売をするのであれば、古物商許可が必要な転売かどうか、自分で判断できるようになることが重要です。

どうやって、古物商許可が必要な転売かどうか判断したらいいの?

今回は、判断するポイントをわかりやすく説明するわ

転売には原則として古物商許可が必要です

転売でお金を稼ぐには原則として古物商許可が必要です。

古物商許可を取らずに転売を続けると、警察に逮捕されることもあるので注意しましょう。

最近、転売をする人が急増しています。

スマホが普及し、メルカリなどのアプリを使えば誰でも簡単に転売でお金を稼ぐことができるようになったからです。

特にインターネットを使った転売は、ちょっとしたスキマ時間を利用してお金が稼げるので、サラリーマンや主婦の副業としてとても人気が高まっています。

ただ、転売をするには注意しなければならないことがあります。

それは、基本的に転売には古物商許可という資格が必要ということです。

この許可がないと原則として転売でお金を稼ぐことはできないのです。

そうかなぁ?たまにネットで「転売に古物商許可はいらない」っていうコメントを見かけるんだけど・・・

たしかに、そういう書き込みがあるのは事実ね。でもそのほとんどが誤った情報なの

「転売に古物商許可はいらない」という誤った情報に注意しましょう

転売をするには、原則として古物商許可が必要です。

ですが、ネットの掲示板やSNS上では、「転売に古物商許可はいらない」という書き込みを目にすることがあります。

例えば、

メルカリの転売には古物商許可はいらない

月に数万円程度の転売だったら古物商許可はいらない

個人で転売をするんだったら古物商許可を取る必要はない

などです。

ですが、これらはすべて誤った情報です。

無許可営業に対する罰則はとても重く、うっかりネットの書き込みを信用して転売すると大変なことになってしまいます。

転売をするのであれば、自分で古物商許可が必要な転売かどうか、しっかり区別できるようになることが重要です。

古物商許可が必要かどうかってどうやって判断するの?

じゃあ、その方法について説明するわ。重要なポイントは「中古品かどうか」と「転売ビジネスかどうか」という2つよ

古物商許可が必要な転売かどうかを見極める重要なポイントは「中古品」と「転売ビジネス」

転売をするには、基本的に古物商許可という資格が必要です。

ですが、どんな転売にもこの資格が必要というわけではありません。

古物商許可が必要かどうかの重要なポイントは次の2つです。

  • 中古品の転売かどうか
  • 転売ビジネスにあたるかどうか

それぞれについて、詳しく説明をします。

古物商許可は中古品の転売に必要です

古物商許可とは「中古品」の転売ビジネスに必要な資格です。

新品の商品をお店で購入して、それを転売する場合、古物商許可は必要ありません。

商品が新品・未使用品だったら古物商許可のことは気にしなくていいってことだね

ちょっと待って、1つ大事な注意点があるの

法律では、「新品・未使用品でも取引のために使用された物は古物(中古品)に含まれる」と規定されています。

どういうことかというと、人が自分で使用するために購入した物は、たとえそれが未使用のままでも中古品として扱われるということです。

よくネットのオークションなどで、個人の出品者が新品・未使用品を出品していることがありますが、多くの場合はこのケースに該当します。

そのため、この商品を仕入れて転売する場合は、古物商許可が必要なのです。

ネットの取引をたくさんする人は、念のため古物商許可を取得しておく方が安全といえるわね

ショップっぽいサイトやアカウントでも、実際は個人だったっていうこともあるもんね

古物商許可が必要な転売ビジネスとは?

古物商許可は中古品の「転売ビジネス」をするときに必要です。

転売ビジネスというのは、転売を目的で商品を仕入れる(買い受ける)ことをいいます。

ですから、不用品の処分や無料で引き取った商品を転売する場合、古物商許可は必要ありません。

長年愛用した自分の物や、タダでもらった物を転売する場合、古物商許可はいらないってことだね

他にも、ゲームセンターで手に入れた景品や懸賞で当たった賞品を転売する場合も、仕入れ行為がないから古物商許可は不要よ

古物商許可を取らないで転売をするとどうなる?

古物商許可を取得せずに転売をすることを「無許可営業」といい、無許可営業を続けると警察に逮捕されます。

逮捕されると、「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」という重い罰則が科せられます。

さらに、5年間は古物商許可の取得ができないというペナルティも受けることとなります。

このように、無許可営業に対する代償はとても大きいので、転売をするときは必ず古物商許可を取得するようにしましょう。

でも、現実に逮捕されることなんてあるのかなぁ

実際に、アイドルグループのチケットを無許可で転売した女性が逮捕されニュースで話題になりました。

特に最近は、無許可営業の増加により警察の取り締まりが厳しくなっています。

転売でお金を稼げても逮捕されてしまったら意味がありません。

無許可営業は絶対にやめましょう。

古物商許可は更新制度や期限がないから、一度取得すれば生涯有効な資格よ。転売に興味のある人は、取っておいて損のない資格といえるわね

でも、古物商許可ってどうやって取得すればいいんだろう?簡単に取得できるのかなぁ?

古物商許可を取る最も簡単な方法

古物商許可を取る一番簡単な方法、それは行政書士に依頼をする方法です。

古物商許可の取得は自分でやろうとするととても大変です。

申請にはたくさんの書類が必要で、その手続きも複雑でわかり難いからです。

警察のチェックは厳しく、1か所でもミスがあると申請は受け付けてもらえず、あらためて申請をやりなおさないといけません。

そのため、自分で申請をすると、手続きがなかなか進まず、いつまで経っても許可が下りない可能性があるのです。

しかし行政書士に依頼をすれば、そんな心配はありません。

書類作成のプロが代行してくれるので、依頼者は任せっきりで、最短で許可を取ることができるのです。

また、行政書士によっては、許可の代行だけでなく、ビジネスに関するアドバイスもしてくれるケースがあります。

これから転売を始める人にとって、専門家のアドバイスはとても役に立つでしょう。

気になる方は、一度、行政書士に相談することをおすすめします。

転売に古物商許可はいらない? まとめ

転売をする場合、原則として古物商許可が必要です。

古物商許可とは中古品の転売ビジネスをするときに必要となる資格です。

古物商許可が必要かどうかの重要なポイントは、「中古品の転売かどうか」「転売ビジネスにあたるかどうか」の2つです。

もし、古物商許可が必要なのに無許可で転売をすると、警察に逮捕されてしまいます。

無許可営業に対する罰則はとても重く、「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」となっています。

転売に興味のある方は、行政書士に依頼をするなどして、あらかじめ古物商許可を取得しておきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問にはご回答は致しかねます。
※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。