古物商の変更届が14日以内に出せない場合どうすれば良い?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

古物商許可の変更届出が間に合わない場合は、行政書士に相談をしましょう

古物取引を行うホームページのURLや、古物商の住所など、警察に申請した情報に変更が生じた場合、変更届出や、書換申請を行わなければなりません。

この手続きは、変更があった日から14日以内に行わなければならず、放置すると最悪の場合、古物営業法違反として処罰される可能性があります。

古物商許可の変更届出が間に合わない場合の対処法などについて、解説しましょう。

変更届出が間に合わない場合は行政書士を活用しましょう

大変だー

どうしたの、こぶ吉

最近、古物取引で使っているホームページのURLを変更したんだよ。
だけど、変更届出をするのをすっかり忘れてたんだ。

大変!古物商許可の変更届出は、変更があった日から14日以内に、やらないといけないのよ。

期限は明後日までなんだけど、他の仕事もあるし、書類の書き方もよくわからないし…。
どう考えても間に合わないよ~。どうしたらいいんだろう?

そうならないように、あらかじめ準備しておくのが一番だけど、今さら言ってもしょうがないわね。
そういうときは、専門家に相談しましょう。

専門家って~?

古物商許可を専門に扱っている行政書士のことよ。
行政書士は許認可のプロなの、きっとなんとかしてくれるはずよ。

わかった、ちょっと調べてみるよ。

古物商は、許可申請時に提出した情報に変更が生じた場合は、原則として14日以内に変更届出の手続きをしなければなりません

この手続きを怠ると、古物営業法違反(10万円以下の罰金)で処罰されてしまう可能性があります。

変更が生じた場合は、十分に余裕を持って、変更届出を行いましょう。

変更届出の手続きは複雑で、自分でやるとなかなか受け付けてもらえない可能性もあります。

もし、変更届出が期限に間に合わないという場合は、古物商許可の専門家に相談をするべきです。

ここでいう専門家とは、古物商許可を専門に扱っている行政書士のことをいいます。

行政書士に変更届出の代行を依頼すれば、最短で手続きをしてくれます

「このままじゃ間に合わない」という方だけでなく、「もうとっくに期限をすぎてしまった」という方も、そのまま放置するのではなく、専門家に相談することをおすすめします。

行政書士に依頼する2つのパターン

自分で変更届出をする時間がないから、行政書士にお願いすることにするよ。

そうね。それがいいわ。

行政書士って、具体的にどういうサービスがあるんだろう。

古物商許可の内容に変更が生じた場合は、変更届出を行わないといけません

変更届出は、変更があった日から14日以内に行わなければならず、放置すると処罰の対象となります

自分で申請をする時間がないという方は、古物商専門の行政書士に代行を依頼しましょう。

行政書士に代行を依頼する場合、次の2つのパターンがあります。

  • 書類の作成のみを依頼して提出は自分で行う
  • 書類作成から提出までのすべてを依頼する

僕の場合は、平日に時間がとれそうにないから、2の「すべてを依頼」にしようかな。

そうね。警察署の窓口は、平日の8:30~16:30頃までしかやってないから、この時間に行けないとなると厳しいわね。

料金はいくらぐらい?

書類作成のみだと、5000円~10000円前後、手続き全部を依頼すると、15000円~20000円が相場ね。

大きな出費だなぁ…

でも、めんどくさい書類を作成してくれるし、提出まで依頼すれば、1日自由な時間が生まれるから、放置して罰金10万円を払うよりは安いもんでしょ。

たしかにそうだね。じゃあ、手続き全部を依頼することにするよ。僕は何をすればいいのかな?

こぶ吉は、委任状と変更届出の書類に、署名と捺印して、それを行政書士に渡すだけよ。

え?それだけ?

そうよ。丸投げして大丈夫。あとは行政書士が全部やってくれるから。

うわー!楽ちんだー!

古物商許可専門の行政書士に依頼しましょう

じゃあ、早速、近所の行政書士に電話しよ…

待って!行政書士なら誰でもいいってわけじゃないの。

えええ!そうなの?

行政書士っていっても、専門分野はいろいろなの。
依頼するなら、古物商許可を専門に扱っている行政書士にしてね。

わかった、そうするよ。でも、行政書士の専門分野って、どうやって分かるの?

ネットで検索するのが一番早いわね。全国対応している行政書士事務所もいっぱいあるから、その場合は事務所の場所が遠くても、気にしなくて大丈夫よ。

それなら安心だね。

古物商許可の変更届出の手続きを、行政書士に依頼するときは、古物商専門の行政書士に任せるようにしましょう。

行政書士の業務分野は、建築業の許認可申請や、外国人のビザ申請など、広範囲にわたります。

他分野の行政書士に依頼した場合、古物商にあまり詳しくなく、変更届出の手続きがなかなか進まないという結果になりかねません。

そのため、依頼するのであれば、必ず、古物商許可専門の行政書士にしましょう。

古物商許可専門の行政書士は、ネットで検索すればすぐに見つかるはずです。

できれば、その中でも、全国対応をしている行政書士に依頼しましょう。

古物商許可申請は、都道府県ごとにルールが異なる場合があります。

全国対応している行政書士の場合、各都道府県のルールに詳しく、手続きがスムーズに進みやすいからです。

ただし、人気がある行政書士事務所は、とっても忙しいです。

14日以内の期限ギリギリに依頼しても、別の仕事で対応できない場合も考えられます。

行政書士に依頼する場合でも、余裕をもって行うと良いでしょう。

変更届出の注意点

古物商許可の内容に変更が発生した場合、変更届出や、書換申請を行わなければなりません。

変更届出を行う場合の注意点について解説します。

変更届出と書換申請の違い

古物取引を行うホームページのURLや、古物商の住所など、警察に申請している情報に変更が生じた場合、変更届出や、書換申請を行わなければなりません。

変更届出と書換申請の違いは、古物商許可証の記載を書き換えるかどうかという点です。

古物商許可証の記載に変更が生じた場合は、書換申請を行い、その他の事項に変更が発生した場合には、変更届出を行います。

例えば、古物商許可証には、古物商の住所が記載されています。

そのため、古物商の住所に変更があった場合は、書換申請を行うことになります。

変更届出は、手数料無料ですが、書換申請は、1500円の手数料が必要です。

会社を設立した場合は要注意

個人で古物商許可を取得した人が、古物ビジネスが上手くいって、会社を設立するということもあるでしょう。

この場合、変更届出を行うのではなく、新たに古物商許可を取得しなければならないので、注意が必要です。

法律上、個人と法人は、別人格として扱われます。

そのため、個人で取得した古物商許可を、法人で使用することはできません

法人の古物商許可を取得する場合は、個人よりも手続きが複雑になります。

古物ビジネスの法人化を検討している方は、専門家である行政書士に相談することをおすすめします。

登記が必要な場合は注意

古物取引を行うホームページのURLや、古物商の住所に変更があった場合は、変更届出や書換申請を行う必要があります。

変更届出や書換申請の手続きは、原則として、変更があった日から14日以内に行わなければなりません。

手続きに、法人の登記事項証明書が必要な場合は、期限が20日以内に延長されます。

法人の登記事項証明書が必要な場合とは、法人の会社名や、住所などに変更があった場合です。

期限が20以内に延長されるとはいえ、登記変更の手続きは10日以上かかることもあるので、時間に余裕をもって行うようにしましょう。

古物商の変更届が14日以内に出せない場合どうすれば良い? まとめ

古物商許可の変更届出を、14日以内に行えないという方は、古物商許可の専門家である行政書士に相談しましょう

古物取引を行うホームページのURLや、古物商の住所などに変更があった場合、警察署で変更届出や、書換申請を行わなければなりません。

変更届出や書換申請には期限が定められており、変更があった日から14日以内に行う義務があります。

この義務を怠った場合、警察から事情の説明を求められたり、場合によっては、古物営業法違反で処罰されてしまう可能性もあります。

時間に余裕をもって変更届出を行うのが一番ですが、もし間に合わなくなってしまった場合は、行政書士の活用を検討しましょう。

古物商のプロである行政書士に相談・依頼すれば、安全かつスムーズに手続きを進めてくれるでしょう。

ただし、人気行政書士事務所は毎日多忙です。

許可の申請や、変更届出の手続きは、平日の決められた時間しか受付けていないため、予定がびっしりと入っているケースもあります。

依頼する場合も、余裕をもって行うことをおすすめ致します。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。