転売に古物商許可が必要なケース

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

転売は、やり方によっては、古物商許可が必要になります。

例えば、メルカリで転売目的でゲームソフトを買って、それをAmazonに転売するケースなど、中古品を転売目的で仕入れて行う転売に、古物商許可が必要となります。

転売に古物商許可なんていらないと思ってたなぁ~。

転売のやり方によって、古物商許可が必要だったり、不要だったりするの。

転売に古物商許可が必要となる具体例をいくつか挙げて、詳しく解説しましょう。

転売に古物商許可が必要となるケース

転売は、やり方によっては、古物商許可という許可が必要になります。

古物商許可が必要となる転売の具体例を挙げてみましょう。

  • 古着屋で、転売目的で古着を買って、それをリサイクルショップで転売する
  • 中古ブランド店で、転売目的で中古バッグを買って、それをヤフオク!で転売する
  • メルカリで、転売目的で中古ゲームソフトを買って、それをAmazonで転売する

古着屋で、転売目的で古着を買って、それをリサイクルショップで転売する

古着屋で、転売目的で古着を買って、それをリサイクルショップで転売するには、古物商許可が必要です。

古着を転売するときに古物商許可が必要なのかな?

違うわね~。

このケースは、古着を転売するから古物商許可が必要というわけではありません。

例えば、これが中古の反物だったり、中古の布団だったりしても、古物商許可が必要です。

古物商許可が必要かどうかを判断するポイントは、2つあります。

ひとつは、転売する物が中古品かどうかです。

古物商許可は、中古品の転売に関わってくる許可です。

古着は、もちろん中古品なので、このポイントに当てはまります。

もうひとつは、転売する中古品をどのように手に入れたかです。

このケースで転売する中古品(古着)は、自分で使うために買ったのではなく、転売するために買っています。

つまり、転売する中古品を仕入れているということです。

要するにね。

中古品を転売目的で仕入れて行う転売に、古物商許可が必要です。

中古ブランド店で、転売目的でバッグを買って、それをヤフオク!で転売する

中古ブランド店で、転売目的で中古バッグを買って、それをヤフオク!で転売するには、古物商許可が必要です。

分かった、ヤフオク!で転売するときに古物商許可が必要なんだな。

ブー✖

このケースは、ヤフオク!で転売するから古物商許可が必要というわけではありません。

例えば、これがAmazonだったり、メルカリだったりしても、古物商許可が必要です。

古物商許可が必要かどうかを判断するポイントは、2つあります。

ひとつは、転売する物が中古品かどうかです。

古物商許可は、中古品の転売に関わってくる許可です。

中古バッグは、もちろん中古品なので、このポイントに当てはまります。

もうひとつは、転売する中古品をどのように手に入れたかです。

このケースで転売する中古品(中古バッグ)は、自分で使うために買ったのではなく、転売するために買っています。

つまり、転売する中古品を仕入れているということです。

要するにね。

中古品を転売目的で仕入れて行う転売に、古物商許可が必要です。

メルカリで、転売目的でゲームソフトを買って、それをAmazonで転売する

メルカリで、転売目的で中古ゲームソフトを買って、それをAmazonで転売するには、古物商許可が必要です。

んー、メルカリで買った物をAmazonで転売するのに古物商許可が必要なのか?

残念、不正解!

このケースは、メルカリで買った物をAmazonで転売するから古物商許可が必要というわけではありません。

例えば、これが逆だったり、メルカリやAmazon以外のサイトだったりしても、古物商許可が必要です。

古物商許可が必要かどうかを判断するポイントは、2つあります。

ひとつは、転売する物が中古品かどうかです。

古物商許可は、中古品の転売に関わってくる許可です。

中古ゲームソフトは、もちろん中古品なので、このポイントに当てはまります。

もうひとつは、転売する中古品をどのように手に入れたかです。

このケースが転売する中古品(中古ゲームソフト)は、自分で使うために買ったのではなく、転売するために買っています。

つまり、転売する中古品を仕入れているということです。

要するにね。

中古品を転売目的で仕入れて行う転売に、古物商許可が必要です。

古物商許可は中古品を転売目的で仕入れるための許可

古物商許可って、こういう許可なの。

古物商許可とは、中古品を転売目的で仕入れるための許可です。

一般的には、リサイクルショップや中古車屋など、中古品を売り買いするお店を営業するときに、必要な許可として知られています。

中古品を売り買いするお店には、例えば、次のようなものがあります。

  • リサイクルショップ
  • 中古車屋
  • 骨董品店
  • 中古ブランド品店
  • 金券ショップ

これらのお店を営業するには、古物商許可が必要です。

どのお店も、中古品を仕入れて転売(販売)してるでしょ。

たしかにそうだね。

また、お店を開いていなくても、古物商許可が必要になる場合もあります。

古物商許可が必要となるケース

  • 古着屋で、転売目的で古着を買って、それをリサイクルショップで転売する
  • 中古ブランド店で、転売目的で中古バッグを買って、それをヤフオク!で転売する
  • メルカリで、転売目的で中古ゲームソフトを買って、それをAmazonで転売する

これらのケースのように、お店を開いていなくても、中古品を転売目的で仕入れて転売していれば、古物商許可が必要になります。

なるほど~。

あらためて、古物商許可とは、中古品を転売目的で仕入れるための許可です。

古物商許可は、物を転売するときに関わってくる許可だと、よく誤解されます。

正しくは、転売する物を仕入れるときに関わってくる許可です。

なので、厳密に言うと、転売するか、しないかは関係ありません。

中古品を転売目的で仕入れるだけで古物許可が必要になります。

古物商許可を取らなかったときの罰則

古物商許可が必要になる転売を、古物商許可を取らずに行うと、逮捕される可能性があります。

中古品の転売をビジネスとして行うのに、古物商許可が必要だということは、法律で決められています。

なので、これを守らないことは、れっきとした犯罪なのです。

古物商許可って、そんなに大事な許可だったのか!

そうよ。罰則も重たいんだから。

古物商許可を取らずに、中古品の転売をビジネスとして行うと、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方が科せられる可能性があります。

うわぁ~!

これから、中古品の転売ビジネスを始めようと考えている人は、必ず、古物商許可を取ってから始めましょう。

また、古物商許可が必要だと知らずに、中古品の転売ビジネスを既に行っているという人も、今からでも遅くないので、古物商許可を取りましょう。

その際は、今、ネットオークションなどに出品している商品は取り下げて、一旦、取引するのはやめましょう。

取引を再開するのは、古物商許可を取ってからにしましょう。

転売に古物商許可が不要なケース

古物商許可が不要な転売の具体例も挙げてみましょう。

  • デパートで、転売目的で新品の靴をセールで買って、それを古着屋で転売する
  • 家にあった、いらないCDを、BOOKOFFで転売する

デパートで、転売目的で新品の靴をセールで買って、それを古着屋で転売する

デパートで、転売目的で新品の靴をセールで買って、それを古着屋で転売するとき、古物商許可は不要です。

先述したように、古物商許可は、“中古品”を転売目的で仕入れるための許可です。

このケースで仕入れている靴は、デパートで買った新品のものなので、中古品ではありません。

新品の転売なので、この転売のケースに古物商許可は不要です。

転売目的で仕入れた物を転売してるけど、古物商許可はいらないんだね。

家にあった、いらないCDを、BOOKOFFで転売する

家にあった、いらないCDを、BOOKOFFで転売するとき、古物商許可は不要です。

先述したように、古物商許可は、中古品を”転売目的で仕入れる”ための許可です。

家にあった不要品は、仕入れて手に入れた中古品ということにはなりません。

このケースでは仕入れた物を転売していないので、古物商許可は不要です。

仕入れていない物の転売には、古物商許可はいらないんだね。

不要品の他に、タダでもらった物も、仕入れた物にはあたりません。

タダでもらった物を転売する場合も、古物商許可は不要です。

新品の転売に古物商許可がいらない理由

なんで新品の転売には、古物商許可がいらないの?

古物商許可が、こんな理由で作られた許可だからよ。

古物商許可の制度の目的は、盗品が市場に出回らないようにするためです。

新品の商品の中に、盗品が混じる可能性はほとんどないので、新品の転売に古物商許可は不要なのです。

だけど、新品の見極めには注意してね。

新品の判断には注意が必要

古物商許可を取り締まる、古物営業法という法律では、新品のとらえ方が一般的なとらえ方と異なるので、注意が必要です。

古物営業法には、『物自体が新品でも、取引された物は中古品とみなす』という定義があります。

例えば、Aさんが新品の洋服を転売目的で服屋さんで買って、それを一度も着ていない状態で、ネットオークションに出品したとします。 

その洋服をBさんが転売目的で落札して、そのままの状態で転売したとします。

このような例では、Aさんには古物商許可が不要で、Bさんには古物商許可が必要となります。

例の洋服は、一般的な感覚だと、Aさんが買ったときも、Bさんが落札したときも、どちらも同じ状態の新品です。

ですが、古物営業法の解釈では、Aさんは新品の転売、Bさんは中古品の転売とみなされるのです。

なんでだ?

例の洋服は、古物営業法上は、Aさんが服屋さんで買った時点で、中古品とみなされます

Aさんが服屋さんで取引した(買った)からです。

なので、Bさんは中古品を転売目的で落札していることになり、Bさんには古物商許可が必要ということになります。

洋服を買った時点で中古品になるんだったら、Aさんにも古物商許可が必要なんじゃ…?

古物商許可は、中古品を転売目的で仕入れるための許可だと、先述しました。

なので、古物商許可が必要かどうかは、物を転売するときではなく、転売目的で仕入れるときに判断されます。

Aさんが洋服を仕入れる段階では、洋服は新品なので、古物商許可は不要なのです。

なるほどね!

古物商許可の申請は行政書士に任せると簡単

古物商許可を取るときは、手続きを簡単にするために、行政書士を利用するのがオススメです。

助けがいるほど難しい手続きなの?

古物商許可は、必要な書類を用意して、それを警察署に申請して、警察の審査に通れば取ることができます。

申請に必要な書類はたくさんある上に、普段の生活では見慣れないものばかりです。

また、必要な書類は申請する人によって異なるので、自分に必要な書類を把握するのも、なかなか大変です。

場合によっては、オリジナルの書類を一から作ることだってあります。

大変だ…

古物商許可の申請に必要な書類は、役所で受け取るものもあるので、取りに行く時間をつくるのもなかなか大変です。

また、申請手続きは、インターネットや郵送で行うことはできません。

申請は必ず、警察署に出向いて行わなければなりません。

申請のときに、間違った書類を用意したり、書類の書き方が間違っていたりしたら、申請は受け付けてもらえず、やり直しとなってしまいます。

僕がやったら何ヶ月もかかりそうだ…

そのために行政書士がいるの!

古物商許可の申請を行政書士に頼めば、大変な作業に手をわずらわせることはありません。

行政書士は、どんな書類が必要なのかを的確に判断してくれますし、書類集めも、警察署への申請も代わりにやってくれます。

プロなので書類に不備が出ることもありません。

一発で確実に古物商許可を取ってきてくれるので、とても便利です。

すごい!何でもやってくれるんだ~。

転売に古物商許可が必要なケース まとめ

転売に古物商許可が必要なケースは、例えば、次のようなケースです。

  • 古着屋で、転売目的で古着を買って、それをリサイクルショップで転売する
  • 中古ブランド店で、転売目的でバッグを買って、それをヤフオク!で転売する
  • メルカリで、転売目的でゲームソフトを買って、それをAmazonで転売する

このように、中古品を仕入れて転売するときに、古物商許可が必要となります。

古物商許可を取らずに、中古品の転売ビジネスを行うと、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方が科せられる可能性があります。

例えば、次のような転売のケースでは、古物商許可は不要です。

  • デパートで、転売目的で新品の靴をセールで買って、それを古着屋で転売する
  • 家にあった、いらないCDを、BOOKOFFで転売する

このように、新品の物や、仕入れていない物を転売するときには、古物商許可は不要です。

古物商許可の申請は、行政書士に頼むと手続きが簡単になるので便利です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問にはご回答は致しかねます。
※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。