【古物商許可】営業所が複数ある場合の取得方法

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

古物商許可を申請するとき、複数の営業所を申請したい場合は、申請書の『その2』に、主たる営業所を書いて、『その3』に、それ以外の営業所を書いて申請します

古物営業法が改正されたので、2020年4月1日からは、古物商許可を申請するときに、複数の都道府県に複数の営業所を、同時に申請できるようにもなりました。

古物商許可を取りたいんだけど、複数の営業所を同時に申請することはできるの?

元々は、同じ都道府県内なら、複数の営業所を同時に申請することができたの。

今は違うの?

今は、複数の都道府県に、複数の営業所を同時に申請することもできるのよ。

複数の営業所を申請して、古物商許可を取得する方法を、詳しく解説しましょう。

古物商許可の申請で複数の営業所を申請する方法

古物商許可を申請するとき、一度に複数の営業所を申請することができます

そのことについて、詳しく解説しましょう。

許可申請書『その2』に主たる営業所、『その3』にその他の営業所を書いて申請する

古物商許可を申請するとき、複数の営業所を申請したい場合は、申請書の『その2』に、主たる営業所を書いて、『その3』に、それ以外の営業所を書けば、申請できます

『その2』とか『その3』って何だ?

古物商許可申請書は、4枚で1セットになっています。

それぞれ、1枚目から順に、その1、その2、その3、その4と、名前がついています。

なるほどね~。

『その1』~『その4』には、こんなことを書くの。

  • 【その1】申請する人(会社)の氏名(名称)や住所など
  • 【その2】主たる営業所の名称や所在地など
  • 【その3】その他の営業所(主たる営業所以外の営業所)の名称や所在地など
  • 【その4】インターネットで取引する場合のURL

主たる営業所とは、営業の中心となる営業所のこと

古物商許可を申請するとき、複数の営業所を申請したい場合は、申請書の『その2』に、主たる営業所を書いて、『その3』に、それ以外の営業所を書いて申請します

主たる営業所って何?

主たる営業所とは、営業の中心となる営業所のことです。

例えば、法人の古物商が、A店とB店の、2つの営業所を持っていて、A店を、本店として登記しているとします。

この場合、A店が本店として登記されているからといって、A店が、主たる営業所になるとは限りません

もし、実態として、メインで営業している方がB店であれば、B店が、主たる営業所となります。

あくまで、メインで営業している実態のある営業所が、主たる営業所です。

へぇ~そうなんだ。

A店が登記上の本店で、B店を主たる営業所にしたとしても、登記はそのままで構いません

B店を「本店」に登記変更しなくてもいいんだ。

営業所が1つしかない場合は、その営業所が、主たる営業所となります。

複数の営業所は都道府県の隔たりなく置ける

古物商許可を申請するとき、複数の営業所を申請したい場合、都道府県の隔たりなく申請することができます

例えば、一度の古物商許可申請で、東京にA店、千葉にB店、神奈川にC店を置くような申請ができます。

申請先は主たる営業所のある場所を管轄する警察署

古物商許可を申請するとき、申請先は、主たる営業所のある場所を管轄する警察署です

東京にA店、千葉にB店、神奈川にC店を置くような申請をするとき、東京の警察署に行くのか、千葉の警察署に行くのか、神奈川の警察署に行くのか、迷う人もいるでしょう。

複数の営業所を申請する場合も、申請先は、主たる営業所のある場所を管轄する警察署です。

その他の営業所の場所を管轄する警察署では、何も手続きしません

1ヶ所で手続きが済むんだ。

便利でしょ。

複数の営業所を申請するときと、1つの営業所だけで申請するときとで、『その3』の書き方が異なる

古物商許可を申請するとき、複数の営業所を申請するときと、1つの営業所だけで申請するときとで、申請書『その3』の書き方が変わります

書き方を、記入例と一緒に解説するわね。

『その1』、『その2』、『その4』の書き方に違いはないので、割愛します。

古物商許可申請書の書き方を詳しく知りたい方は、【2020年版】古物商許可に必要な書類一覧を、ご覧ください。

複数の営業所を申請するときの書き方

古物商許可を申請するとき、複数の営業所を申請したい場合の、申請書の『その3』の書き方を解説します。


主たる営業所以外の営業所が、複数ある場合、その数と同じ枚数の、申請書『その3』を用意します

例えば、主たる営業所の他に、3つ営業所を申請するなら、『その3』は3枚必要です。

形態

『1.営業所あり』に〇をつけます

名称

営業所の屋号を書きます

例えば、『BOOKOFF』は、『ブックオフコーポレーション株式会社』が運営していますが、屋号にあたるのは、BOOKOFFです。

会社名を書かないように気をつけましょう。

屋号に、『新宿店』などとついている場合は、『BOOKOFF新宿店』のように、省略せずに書きます。

所在地

営業所の所在地と、電話番号を書きます

営業所の所在地が、申請者の住所と同じ場合は、空欄で構いません。

取り扱う古物の区分

営業所で取り扱う古物の区分(品目)をすべて選んで、〇をつけます

先述したように、古物商許可申請書の『その3』は、その他の営業所の数だけ用意します。

この欄は、営業所ごとに書類を作成していきます

例えば、A店では、美術品類を取り扱い、B店では、衣類を取り扱うとします。

このようなとき、A店用の『その3』では、美術品類にだけ〇をつけます。

B店で衣類を取り扱うからといって、A店用の『その3』で、美術品類と衣類、2つに〇をつけてはいけません。

管理者

営業所の管理者の、氏名生年月日住所を書きます

管理者って何?

管理者とは、営業所の管理や、従業員の監督などをする、店長さんのような立場の人のことです。

古物商許可を申請するときには、必ず、営業所の管理者を決めないといけません。

そうなんだ~。

管理者は、申請者が兼ねることもできます

ただし、1人の管理者が、複数の営業所の管理者を掛け持ちすることは、よほど特殊な例でない限り、認められません

基本的には、営業所ごとに、別々の管理者を置くことになります。

管理者について詳しく知りたい方は、【古物商Q&A】古物商許可を取るときの管理者って何をする人?を、ご覧ください。

1つの営業所だけで申請するときの書き方

古物商許可を申請するとき、1つの営業所だけで申請する場合の、申請書の『その3』の書き方を解説します。


古物商許可を申請するとき、営業所が1つだけ(主たる営業所だけ)でも、申請書『その3』は必要です。

形態

『2.営業所なし』に〇をつけます

申請する営業所が1つだけ(主たる営業所だけ)の場合、この欄に〇をつけるだけで、あとは何も書きません。

古物商許可を取得したあと営業所を追加する場合の手順

古物商許可を取得したあとで、新たに営業所を追加することもできます

その場合の、手続きの方法も解説しましょう。

『変更届出書』と『変更届出・書換申請書』の2つの手続きが必要

古物商許可を取得したあとで、新たに営業所を追加する場合、『変更届出書』『変更届出・書換申請書』という、2つの届出をする必要があります

『変更届出書』は、営業所を追加するための届出で、『変更届出・書換申請書』は、営業所が追加されたことで、古物商許可の内容が変更されたことを届け出るものです。

手続きが2段階あるんだね。

営業所を追加する3日前までに『変更届出書』を出す

古物商許可を取得したあとで、新たに営業所を追加する場合、まず、『変更届出書』という書類を出します

『変更届出書』の提出先は、主たる営業所がある場所を管轄する警察署です。

『変更届出書』は、営業所を追加する3日前までに、届け出ないといけません。

追加した日から14日以内に『変更届出・書換申請書』を出す

『変更届出書』を出して、営業所が追加できたら、次に、『変更届出・書換申請書』という書類を出します

『変更届出・書換申請書』の提出先は、主たる営業所がある場所を管轄する警察署です。

『変更届出・書換申請書』は、営業所を追加した日から14日以内に、届け出ないといけません。

営業所の変更や廃止も同じ要領で手続きする

営業所を追加するとき以外にも、営業所の申請内容(名称や所在地など)を変更するとき、営業所を廃止するときにも、同じ要領で手続きを行います

先に『変更届出書』を出して、次に『変更届出・書換申請書』を出すってことね。

営業所の管理者の証明書類も用意する

古物商許可の申請には、申請書の他に証明書類も必要です。

複数の営業所を申請するときは、営業所の数だけ管理者が必要となり、管理者それぞれの証明書類が必要になります

例えば、営業所を3ヶ所申請するのなら、3人分の管理者の証明書類が、必要だということです。

基本的に、同じ管理者は、複数の営業所の管理者を掛け持ちできません

そうなんだ~。

管理者の証明書類はこれよ。

管理者の証明に必要な書類は、次の4点です。

  • 誓約書
  • 略歴書
  • 身分証明書(本籍地の役所で発行してもらうもの)
  • 住民票

行政書士なら古物商許可の申請を代わりにやってくれる

古物商許可の申請を、自分で行うのが難しいと感じたら、行政書士に頼むといいでしょう

行政書士?

行政書士とは、古物商許可などの、許認可の申請を代わりにやってくれる専門家です。

古物商許可の申請には、たくさんの書類が必要ですし、見慣れない書類が多いので、自分で申請するのは、なかなか大変です。

行政書士に頼めば、書類の作成を代わりにやってくれます

しかも、古物商許可の申請には、役所で取り寄せる証明書類も必要ですが、行政書士は、そのような書類も、役所に代わりに取りに行ってくれます

こちら側は特に何もせずに、行政書士に任せているだけで、古物商許可を取得することができます

へぇ~。便利な専門家だね~!

古物商許可を取ったあとも、行政書士に頼めることがあるわよ。

行政書士は、先述したような、『変更届出書』、『変更届出・書換申請書』などの、各種届出の手続きも、代わりにやってくれます

いいね~!僕も行政書士にお願いしよう。

法改正前はこうだった

ここまで解説した内容は、法改正後の2020年4月1日以降のものです。

実は、法改正前は、古物商許可を申請するときに、複数の都道府県に複数の営業所を申請することは、できませんでした

法改正で、だいぶ便利になったんだね。

法改正前がどうだったかも、参考までに紹介するわね。

同じ都道府県でしか、複数の営業所を同時に申請することはできなかった

2020年4月1日の法改正までは、古物商許可の申請で、複数の営業所を同時に申請する場合は、同一の都道府県の営業所に限り複数申請ができました

例えば、東京都に2つの営業所を置く申請を、同時に行うことはできましたが、東京都と千葉県に1つずつ営業所を置く申請は、同時に行うことはできませんでした。

都道府県ごとに許可が必要だった

古物商許可は、2020年4月1日の法改正まで、都道府県単位の許可でした

そのため、古物商許可を取得した都道府県ではない場所に、新たに営業所を置く場合、その都道府県の古物商許可を、新たに取得する必要がありました。

そうだったんだ!それは面倒くさいね。

改正前に全国展開していた古物商は、全都道府県の古物商許可を取得していたのよ。

法改正した現在は、1つの古物商許可があれば、全都道府県に営業所を置くことができます

【古物商許可】営業所が複数ある場合の取得方法 まとめ

古物商許可の申請で、複数の営業所を申請するときは、申請書の『その2』に、主たる営業所を書いて、『その3』に、それ以外の営業所を書いて申請します。

複数の営業所は、どこの都道府県でも置くことができます

古物商許可の申請書は、主たる営業所の場所を管轄する警察署に出します。

古物商許可を取得したあとで、新たに営業所を追加する場合は、追加する3日前までに『変更届出書』を出して、次に、追加した日から14日以内に『変更届出・書換申請書』を出します。

複数の営業所を申請するときは、営業所の数だけ管理者が必要となり、管理者それぞれの証明書類も必要です。

行政書士に頼めば、古物商許可の申請を代わりにやってくれます。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。