【自分で・代行で】岡山で古物商許可を取得する方法

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

岡山で古物商許可を取得する方法には、大きく分けて次の2つがあります。

  • 自分で取得する方法
  • 行政書士に代行を依頼する方法

もし、あなたが簡単に古物商許可を取得したいのであれば、行政書士に代行を依頼する方法がおすすめです。

今回は、それぞれの方法についてメリットやデメリットなどを詳しく説明をします。

岡山で古物商許可を自分で取得する場合のメリット

岡山で古物商許可を自分で取得する方法には、次のようなメリットがあります。

  • 行政書士への報酬が不要
  • 古物商に関する知識が深まる

これらのメリットについて説明をします。

行政書士への報酬が不要です

古物商許可を自分で申請をすれば、当然ですが、行政書士に対して報酬を支払う必要はありません。

行政書士に代行を依頼した場合、相場だとだいたい4万円から6万円の報酬が必要です。

この費用がいらないというのは、これから古物ビジネスを始めようとする方にとっては、メリットといえるでしょう。

これから古物ビジネスを始める人は、まだいくら儲かるかわからないから、できるだけ初期費用は抑えたいものよね

古物商に関する知識が深まります

古物商許可の申請手続きはとても複雑です。

そのため、自分で申請する場合、何度もネットで調べたり、管轄の警察署に問い合わせることが必要です。

そうやって、古物商許可について自分で調べているうちに、古物商に関する知識が自然と身につきます。

これから、古物商としてやっていくのであれば、古物商に関する知識が身に付くというのはメリットといえるね。

岡山で古物商許可を自分で取得する場合のデメリット

岡山で古物商許可を自分で取得する場合のデメリットには、

  • 申請手数料が無駄になる可能性
  • 精神的ストレスが大きい

という点があります。

申請手数料が無駄になる可能性があります

古物商許可を自分で申請した場合、申請手数料(19000円)が無駄になる可能性があります。

古物商許可は欠格要件に該当する場合、取得することができません。

欠格要件とは、古物商許可の取得ができくなる要件のことをいい、次のようなものがあります。

  • 破産手続開始の決定を受けて復権を得ない者
  • 過去に犯罪歴のある人
  • 暴力団員、暴力的不法行為をする恐れのある者
  • 住居の定まらない者

これらの欠格要件に該当する場合、古物商許可を取得することはできず、申請をしても不許可となります。

注意が必要なのは、不許可になっても、支払った申請手数料(19000円)は返金されないということです。

ですから、自分で取得する場合、まずは自分が欠格要件に該当しないかどうかのチェックをすることが重要です。

ただ、欠格要件の調査には、専門的な知識が必要な場合もあり、自分でやると間違えて判断してしまうおそれがあります。

その結果、不許可になって申請手数料が無駄になってしまうというケースがよくあるのです。

なんで、不許可になったのに手数料が返金されないの~?

申請手数料は、担当の警察官に審査してもらうために支払うお金です。

ですから、審査の結果、欠格要件に当たるとして不許可になっても、申請手数料は返金されないのです。

精神的ストレスがとても大きいので要注意

自分で古物商許可の取得をすると精神的なストレスがとても大きいので注意しましょう。

自分で古物商許可を取得する場合、難しい申請書を自分で作成し、たくさんの必要書類を集めなければなりません。

また、許可申請の手続きは複雑で、必要書類をすべて集めて提出したからといって、1回の申請で許可が下りることはまずありません。

担当の警察官から、何度も訂正を指示され、そのたびに申請を繰り返さないといけないのです。

慣れない手続きを何度も繰り返し行うのは、精神的にとても大きなストレスとなります。

あまりのストレスで、中には古物商許可の取得を諦めてしまう人もいるようね

岡山で行政書士に依頼して古物商許可を取得する場合のメリット

岡山で行政書士に依頼をして古物商許可を取得する方法には、次のようなメリットがあります。

  • 申請手数料が無駄になることはありません
  • とにかく簡単に古物商許可の取得ができる
  • 古物営業開始までサポートを受けられる

申請手数料の無駄がありません

先ほども説明したとおり、申請者が欠格要件に該当する場合、古物商許可を申請しても不許可となってしまいます。

不許可になった場合でも、申請手数料(19000円)は返金されません

ですから、古物商許可の申請には、欠格要件に該当するかどうかのチェックがとても重要なのです。

行政書士に依頼をした場合、欠格要件の調査は行政書士が責任をもってやってくれます。

ですから、申請手数料が無駄になってしまうということはなく、安心して許可の申請ができるのです。

欠格要件のチェックって自分じゃできないの?

可能だけど、中には専門的な知識が必要なケースもあるから、専門家に任せた方が確実よ

簡単に古物商許可の取得ができます

古物商許可の取得を行政書士に依頼した場合、とにかく楽して簡単に許可を取ることが可能です。

行政書士に依頼をすれば、難しい申請書の作成や、面倒な必要書類の収集など、すべて代行してくれます。

そのため、依頼者は面倒な手続きに時間を取られることなく、古物ビジネスの準備に専念することが可能なのです。

ストレスなく効率的に古物商許可を取得したいという方にとっては、とても大きなメリットといえるでしょう。

古物営業開始までサポートを受けられます

古物商許可は取得して終わりというわけではありません。

取得後も、古物プレートの設置や古物台帳の準備など、ビジネスを開始するまでに色々とやらなければならないことがあります。

これらの準備について、警察署では特にアドバイスなどを受けることはできません。

そのため、自分で許可を取得した場合は、ネットなどで調べながら準備をしなければならないのです。

古物商許可の取得を行政書士に依頼すれば、これらの準備についても必要なサポートを受けることができます。

これから古物ビジネスを始めようとする方にとっては、大きなメリットといえるでしょう。

岡山で行政書士に依頼をして古物商許可を取得するデメリット

岡山で古物商許可の取得を行政書士に依頼するデメリットは、やはり報酬を支払わなければならないということです。

古物商許可の取得を行政書士に依頼した場合、相場だとだいたい4万円から6万円の報酬が必要です。

これから古物ビジネスを始める方にとっては、決して安い金額とはいえません。

ですが、複雑で面倒な古物商許可を簡単に取れて、さらに、許可取得後のサポートまで受けられるのであれば、それ以上の価値があるといえるかもしれません。

もし、これから岡山で古物商許可を取得しようと考えている方は、行政書士の利用も検討するべきです。

岡山県で古物商許可を自分で取得する方法

岡山県内で古物商許可申請手続きを自分で進めていきたい方のために、ポイントを解説していきます。
大きく6つのポイントがありますので確認していきましょう。

岡山県内で古物商許可申請 6つのポイント

  • 古物商の営業所を管轄する警察署を確認すると同時に許可申請書を入手
  • 許可申請に必要な添付書類を取得
  • 管轄警察署へ連絡をして申請事前ヒアリング
  • 担当警察官へ許可申請のアポイントを入れる
  • 古物商許可申請書類を提出
  • 許可証を取得

① 古物商の営業所を管轄している警察署の確認と許可申請書の入手

古物商許可申請は、岡山県公安委員会(管轄警察署経由)に対して申請します。

以下の岡山県内の警察署一覧からご自身の管轄警察署を確認するとともに、
岡山県警察のホームページから古物商許可申請書を入手しましょう。

岡山県内の警察署一覧

岡山県内の警察署一覧です。
古物営業所の所在地により、以下の中から管轄警察署が決まります。
営業所を管轄している警察署をチェックしましょう。

警察署住所電話番号
岡山中央警察〒703-8256
岡山市中区浜1-19-39
(086)270-0110
岡山東警察署〒704-8191
岡山市東区西大寺中野501-9
(086)943-4110
岡山西警察署〒700-0065
岡山市北区野殿東町2-10
(086)254-0110
岡山南警察署〒700-0944
岡山市南区泉田5-4-6
(086)245-0110
岡山北警察署〒709-2132
岡山市北区御津草生2090
(086)724-0110
赤磐警察署〒709-0861
岡山市東区瀬戸町瀬戸166
(086)952-0110
備前警察署〒705-0001
備前市伊部276-1
(0869)63-0110
瀬戸内警察署〒701-4302
瀬戸内市牛窓町牛窓4780-11
(0869)34-6110
玉野警察署〒706-0011
玉野市宇野1-13-1
(0863)32-0110
児島警察署〒711-0921
倉敷市児島駅前4-83
(086)473-0110
倉敷警察署〒710-0047
倉敷市大島451-1
(086)426-0110
水島警察署〒712-8063
倉敷市水島南幸町4-1
(086)444-0110
玉島警察署〒713-8102
倉敷市玉島1354
(086)522-0110
笠岡警察署〒714-0087
笠岡市六番町2-3
(0865)63-0110
井原警察署〒715-0006
井原市西江原町859-1
(0866)62-9110
総社警察署〒719-1134
総社市真壁426-1
(0866)94-0110
高梁警察署〒716-0047
高梁市段町1017-1
(0866)22-0110
新見警察署〒718-0011
新見市新見389-1
(0867)72-0110
真庭警察署〒717-0023
真庭市江川821-1
(0867)44-6110
津山警察署〒708-0822
津山市林田77
(0868)25-0110
美作警察署〒707-0003
美作市明見333-1
(0868)72-0110
美咲警察署〒709-3703
久米郡美咲町打穴中1082-2
(0868)66-0110

② 古物商許可申請に必要な添付書類を取得

古物商許可申請に必要な添付書類を集めます。
個人申請と法人申請では収集する書類対象が異なりますので十分注意しましょう。

個人で申請する場合には、申請者と管理者
法人で申請する場合には、役員全員(監査役含む)と管理者

古物商許可申請に必要な添付書類一覧

  • 住民表
  • 市区町村発行の身分証明書

上記の書類はすべて、行政庁から入手する必要があります。

窓口で入手する場合は、平日の営業時間内でしか入手することはできません。

平日の窓口に行けない方は、行政書士などの専門家へ依頼をすると良いでしょう。

③ 管轄警察署へ連絡をして申請事前ヒアリング

古物商許可申請書類と必要な添付書類の収集ができた後は、管轄警察署へコンタクトを取って事前打ち合わせを実施しましょう。

許可申請に慣れている場合は別ですが、はじめて許可申請をする場合には、事前の打ち合わせをせずに書類が受理される可能性は低いです。

ご自身が作成した書類や添付書類に不備がないかどうかをしっかりと事前確認しましょう。

④ 担当警察官へ許可申請のアポイントを入れる

許可申請に関する事前打ち合わせが完了したら、許可申請書類を提出するためのアポイントを取得します。

管轄の警察署においても古物担当官が必ずいますので、アポイントを取得しましょう。

なお、アポイントを取得せずにいきなり訪問した場合には、担当官が不在であったりで二度手間となる可能性がありますので注意しましょう。

⑤ 古物商許可申請書類を提出

古物商許可申請書類一式を持って、管轄警察署で許可申請手続きを実施します。

当日は、許可申請書(正本)に加え副本(コピー)を必ず持参しましょう。

また、訂正に備えて、申請書類に押印をした印鑑を持参すると当日修正が可能なので便利です。

許可書類に問題がなければ、当日19,000円の証紙を購入して申請書に貼り付けて提出します。

⑥ 許可証を取得

古物商許可申請書は、管轄警察署へ不備のない申請書類を提出してから審査に40日程度の日数が必要となります。

無事に許可取得ができた場合には、許可証を警察署へ取りに行くこととなります。

許可申請書などに補正が必要な場合は、連絡がきますので補正手続きをすることとなります。

古物商許可申請手続きの流れは以上です。

実際には、許可を取得した後、営業開始前までに、古物台帳古物プレートなどの準備が必要となりますので準備しましょう。

【自分で・代行で】岡山で古物商許可を取得する方法 まとめ

岡山で古物商許可を取得する方法には、

  • 自分で取得する方法
  • 行政書士に代行を依頼して取得する方法

という2つの方法があります。

この中で、おすすめは、行政書士に依頼をする方法です。

なぜなら、自分で取得する方法よりも、圧倒的に簡単に古物商許可が取得できるからです。

これから、岡山で古物商許可を取得しようと考えている方は、一度、行政書士に相談することをおすすめします。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。