古物商許可 申請代行の料金相場は?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

行政書士に古物商許可の申請代行を頼んだ場合の料金相場は「4~6万円」です。

結構かかるんだね~

そうね。でも費用がかかるのにはきちんと理由があるの。たまに、もっと安い値段設定の行政書士事務所があるみたいだけど、そういう事務所に依頼するときは注意が必要

今回は、古物商許可の申請代行になぜ4~6万円が必要なのか、また、良い行政書士事務所を選ぶポイントなどについて詳しく説明をしたいと思います。

古物商許可の申請代行の料金相場は4~6万円です

古物商許可の申請代行の料金相場はだいたい4~6万円です。

申請代行のメリットなどをしっかり理解したうえで、依頼するかどうか決めるようにしましょう。

古物商許可を取得するとき、行政書士に申請の代行を依頼する人がたくさんいます。

その理由は単に「忙しくて自分で申請ができないから」というだけではありません。

行政書士に古物商許可の申請代行を依頼をすると、次のようなメリットがあるからです。

  • 面倒な手続きをすべて任せっきりにできるので効率的
  • 最短で古物商許可が下りる
  • 安全かつ確実に古物商許可の取得ができる
  • 取得した後もサポートをしてくれる

でも、タダってわけじゃないんだよね

行政書士もボランティアでやっているわけじゃないから、当然報酬は必要よ

報酬っていくらぐらい必要なんだろ?

古物商許可の申請代行を依頼した場合の料金相場は、だいたい4~6万円です。

これから転売で稼ごうとする人にとっては、決して安い金額とはいえません。

ですが、自分で申請をするときにかかる時間や手間などを考えれば、結果的に安く済むことが多いので、効率よく許可を取りたい方にはおすすめです。

でも、どうして申請の代行をするだけで4~6万円もかかるの?

それにはちゃんとした理由があるのよ

古物商許可の申請代行に4~6万円かかる理由

古物商許可の申請代行の料金相場は4~6万円です。

これを聞いて、

どうしてそんなに必要なんだろう?

と考えた方がいるかもしれません。

ですが、これにはしっかりとした理由があります。

古物商許可の申請代行は「依頼者の代わりに申請書を提出すれば終わり」というものではありません。

古物商許可を申請するには、たくさんの書類が必要になるので、行政書士はそれらの書類をすべて依頼者の代わりに1つずつ集めなければなりません。

また、古物商許可の審査には最低でも2か月前後かかるので、この間、行政書士は依頼者の申請状況などについてチェックしておく必要があります。

そのため、古物商許可の申請代行には、どうしても4~6万円の費用が必要なのです。

事務所を維持しながら、きちんと申請を代行するなら、これ以上安くはできないってことね

ちょっと待って!今、ネットで調べたら1万円で代行してくれる行政書士事務所もあるみたいなんだけど、どうなってるの?

そういう事務所に依頼するときは、ちょっと注意が必要よ

安すぎる料金に要注意

古物商許可の申請代行について、ネットで検索をすると「1万円前後で代行します」といった宣伝をしている行政書士事務所があります。

ですが、あまりに安い料金設定をしている場合は注意が必要です。

なぜなら、依頼した後にトラブルにつながる可能性があるからです。

先ほども説明したとおり、事務所を維持しながら申請の代行をするには、どうしても4~6万円という費用が必要です。

相場より安く料金設定をしている場合、それなりの理由があると思った方がよいでしょう。

激安の事務所に依頼した場合によくあるのは、申請代行ではなく申請のマニュアルを送って終わりというケースです。

この場合、行政書士は何もしてくれず、手続きはすべて依頼者本人がやらなければなりません。

また、途中までは代行するけど、残りの手続きはすべて依頼者任せにしてしまう行政書士事務所もあります。

こうしたシステムをしっかり理解し納得していればいいのですが、多くの人はそういうつもりで古物商許可の申請代行を依頼するわけではないと思います。

そのため、激安の事務所に依頼した場合、あとから解約などのトラブルにつながる可能性が高いのです。

結局、別の事務所に依頼しなおすことになって、お金や時間が無駄になるケースもあるみたいね。

依頼するなら相場に近い料金設定の行政書士事務所にしましょう

古物商許可の申請代行には、4~6万円の費用が必要です。

そして、依頼するのであれば、この相場に近い料金設定にしている行政書士事務所にしましょう。

ネットで探すと1万円前後の代行を受けている行政書士事務所もでてきます。

ですが、説明したとおり、相場よりも安い料金設定の事務所に依頼をすると、結果的に時間やお金を無駄にしてしまう可能性があります。

相場に近い料金設定の行政書士事務所であれば、きちんと最後まで申請手続きを代行してくれるので安心です。

これから転売ビジネスを始める方にとって、「少しでも申請の費用を安く済ませたい」という気持ちはわかります。

ですが、あまり安い事務所に依頼すると結果的に高くつく可能性があるので注意しましょう。

行政書士事務所を選ぶときは、料金設定だけ見れば大丈夫?他にも良い行政書士事務所を見つけるポイントはあるかな?

じゃあ、行政書士事務所を選ぶポイントをいくつか紹介するわね

良い行政書士事務所を選ぶポイント

古物商許可の申請代行を依頼するときは、相場に近い料金設定をしている行政書士事務所にしましょう。

あまりに安い事務所の場合、あとからトラブルにつながる可能性があるからです。

他にも良い行政書士事務所を見つけるポイントがいくつかあるのでご紹介します。

古物商許可専門の行政書士事務所に依頼しましょう

古物商許可の申請代行を依頼するときは、古物商許可を専門に扱っている行政書士事務所に依頼をしましょう。

行政書士の業務分野はとても幅が広く、事務所ごとにそれぞれ得意分野や専門分野が違います。

そのため、他の分野を主に扱っている行政書士事務所の場合、古物商許可について上手く対応できない可能性があります。

特に古物営業法は改正されたので、改正法についてよく知っている専門の行政書士事務所に依頼をするべきです。

どこでもいいってわけじゃないんだね

専門分野については、ホームページなどに書いてあると思うわ

全国対応している行政書士事務所がおすすめ

古物商許可の申請代行は全国対応している行政書士事務所に依頼をしましょう。

なぜなら、古物商許可の申請手続きは、各自治体によってルールが違うからです。

例えば、東京で必要とされる書類が、大阪ではいらなかったりするのです。

そのため、地域に密着した行政書士事務所の場合、他の地域のルールに対応できない可能性があります。

全国対応している行政書士事務所であれば、全国のルールを把握しているので、安心して依頼することができます。

古物商許可 申請代行の料金相場は? まとめ

古物商許可の申請代行の料金相場は4~6万円です。

中にはこれより安い料金設定の行政書士事務所もありますが、トラブルにつながる可能性があるので注意しましょう。

他に、行政書士事務所を選ぶときは

  • 古物商許可専門か
  • 全国対応しているか

などをチェックしましょう。

良い行政書士事務所に依頼をすれば、きっとその後も心強いパートナーになってくれるはずです。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。