【個人で古物商の資格】申請手続きの流れと注意点

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

古物商許可は個人で取ることもできますし、会社として法人で取ることもできます

古物商許可の取り方は、個人と法人で少し異なります

ここでは、個人の古物商許可を取る場合の流れと、注意点を解説します。

個人で古物商許可を取るときの流れ

個人の古物商許可を取るときの流れを教えて~

個人の古物商許可を取る流れを、大まかに紹介するとこのようになります。

個人の古物商許可申請手続きの流れ

個人の古物商許可を取る流れを解説する前に、先におさえておくといいポイントを3つ紹介します。

3つのポイントをおさえて、手続きの流れを把握すれば、効率よく古物商許可を取ることができるの!

ポイントについての詳しい解説は、手続きの流れとあわせて解説します。

では、上の流れにそって、個人の古物商許可を取る流れを詳しく解説しましょう。

1. 古物商許可を取得できるかどうかの確認

個人の古物商許可を取ろうと思ったら、まず、自分が古物商許可を取れるのかどうか確認しましょう

当てはまっていると、古物商許可を取ることができない要件というものがあります。

これは、欠格要件(欠格事由)っていうの。

欠格要件は以下のように決められています。

  • 成年被後見人、被保佐人、破産者で復権できない者
  • 犯罪者
  • 暴力団員、暴力的不法行為をする恐れのある者
  • 住居の定まらない者
  • 古物商許可を取り消されて5年経過しない者
  • 許可取り消しとなり、聴聞から処分確定までの間に自主返納してから5年経過しない者
  • 未成年者

もし、上の要件に当てはまっていたら、古物商許可を申請しても許可は下りません

そうなんだ!

欠格要件に当てはまっていたら、古物商許可を取るのは一旦あきらめるしかありません

欠格要件の中には解決できるものもあります。

申請してから、許可が下りないと分かっても時間のムダです。

古物商許可を取る手続きに取りかかる前に、自分が欠格要件に当てはまっているかどうかの確認から始めましょう。

ここで、古物商許可を取るときに注意するポイント1

ポイント1『管理者を自分とは別の人にするかどうか』

古物商の営業所には、必ず管理者を1名置かなければいけません。

管理者とは、営業所の店長さんのようなポジションです。

管理者は、古物商の営業が正しく行われているか管理したり、警察から盗難事件の捜査協力を受けるときの窓口になります。

管理者は営業所ごとに1名ずつ必要です。

もし、複数の営業所がある場合は、営業所の数だけ別の人を管理者として置かなければなりません。

古物商許可の申請者が、管理者を兼ねることもできます

注意するのは、申請者(自分)とは別の人を管理者にする場合です。

管理者が欠格要件に当てはまる場合も、古物商許可を取ることができないのです。

管理者を自分とは別の人にする場合、欠格要件に当てはまるかの確認を、自分だけでなく管理者の方も行いましょう

2. 申請書類、添付書類を集める

欠格要件に当てはまっていないかどうか確認できたら、申請に必要な書類を集めます。

その前に、ここで古物商許可を取るときに注意するポイント2

ポイント2『警察署への事前ヒアリング』

申請に必要な書類を集める前にやっておくべきなのが、警察署への事前ヒアリングです。

古物商許可の申請に必要な書類は、実は、地域によって異なることがあります

申請に使う書類の大半は全国共通です。
ですが、細かい証明書類に関しては警察署ごとの判断にまかされています。

申請に使う書類は、地方は比較的少なく、大都市は多い傾向にあります。

でも、あくまで傾向ですので、同じ町にある◯◯警察署と△△警察署で、必要な書類が異なることもあります。

本やネットの情報を参考にして申請した結果、足りない書類があってやり直しになるというケースも多いです。

時間をムダにしないためにも、先に申請する警察署に問い合わせて、その警察署で必要な書類を確認しておきましょう

その際、問い合わせる警察署を間違えないようにしましょう。

古物商許可を申請する警察署は、営業所の場所を管轄する警察署です。

古物商許可の申請に必要な書類は、『だれにでも必要な書類』と『状況によって必要な書類』があります。

そうなんだ~。

だれにでも必要な書類』は、このようになっています。

だれにでも必要な書類

書類名必要な人
古物商許可申請書一式申請者
略歴書申請者と管理者
住民票の写し申請者と管理者
誓約書申請者と管理者
登記されていないことの証明書申請者と管理者
身分証明書申請者と管理者

だれにでも必要な書類の中には、管理者の分も必要なものもあるの。

申請者(自分)とは別の人を管理者にしている場合は、申請者の分と管理者の分、両方の書類をそろえましょう。

なるほどね。

状況によって必要な書類』は、例えば、このようなものがあります。

状況によって必要な書類

書類が必要となるケース書類で証明する内容実際に使う書類の例
営業所が、自分で所有している物件ではない場合営業所の所有権を証明する書類
  • 賃貸借契約書
  • 不動産登記簿
  • 使用承諾書
営業所の所有者が申請者ではない場合営業所の使用を認めてもらったことを証明する書類 営業所の使用承諾書(自分で作成する)
自宅が営業所になっている場合など営業所のつくりを示す書類
  • 営業所の見取り図
  • 営業所の周辺図

(どちらも手書きでOK)

自動車を取りあつかう場合で、保管場所の所有権が申請者ではない場合保管場所の使用を認めてもらったことを証明する書類保管場所の使用承諾書(自分で作成する)
自動車を取りあつかう場合保管場所を示す書類
  • 保管場所の見取り図
  • 保管場所の周辺図

(どちらも手書きでOK)

インターネットを使って古物を取引する場合URLの使用権限を証明する書類
  • ドメイン割り当て通知書のコピー
  • ドメイン検索の結果画面のプリント

ここで、古物商許可を取るときに注意するポイント3

ポイント3『営業所を自宅にするかどうか』

営業所の物件は、自宅を使うこともできます。

自宅を営業所にする場合、確認しておくべきことがあります。

自宅が『住居専用物件』かどうかです。

マンションやアパートなどの賃貸物件は、契約書の用途欄に『住居専用』と書かれれいる可能性が高いです。

そのような物件を営業所として申請すると、警察署によっては、物件のオーナーからの使用承諾書を求められることがあります。

物件のオーナーに、”物件を古物商の営業に使ってもいい“と認めてもらう必要があるわけです。

物件の使用を認めるかどうかはオーナー次第です。

早めにオーナーに確認して、認めてもらえないようなら、別の物件にするなど、対策を立てましょう。

使用承諾書を求めない警察署もあります

オーナーに確認する前に、申請する警察署で使用承諾書が必要かどうかを、事前に問い合わせておきましょう。

必要ないようなら、オーナーに使用承諾書の件を確認する必要はありません。

ここまで解説したように、書類を集める前に確認しておくポイントがたくさんあります。

古物商許可の申請は、事前確認がすごく大事なんだね。

3. 警察署に書類を提出

古物商許可の申請に必要な書類がすべてそろったら、警察署の防犯係に持って行きます。

警察署は、営業所の場所を管轄する警察署だったね。

そう!間違えないようにしてね。

そして、警察署に行く前に、必ずアポイントを取りましょう

防犯係の職員は、古物商許可の申請以外にもたくさんの業務をかかえています。

アポなしで訪問すると、古物商許可の担当者がいない可能性もあります。

訪問を一回で済ませるためにも、アポイントを取っておこうね。

そして、担当者の方が書類を確認するときに、書き間違えている書類が見つかるかもしれません

その場合にそなえて、筆記用具と、訂正印に使う、書類に押したものと同じ印鑑を持っていくといいでしょう。

先回りの準備が大切なんだね。

古物商許可の目的は、盗品が出回るのを防いで、犯罪組織が大きくならないようにすることです。

警察署に書類を出すときは、身なりを整えて、丁寧な言葉を使って、心証をよくすることもテクニックの一つです。

そんなテクニックもあるのか!

みなさん、古物商許可を申請するのが目的ではなく、許可を取ることが目的でしょう。

古物商許可を取るためにできることは、できるだけ試してみてください。

4. 古物商許可証を取りに行く

古物商許可申請開始から取得までに必要となる日数

個人の古物商許可を取る場合、申請してから許可が取れるまで、最低でも約2ヶ月はかかります。

結構かかるんだね!

自分で警察署とヒアリングをして、必要な書類を集めるだけでも、最低20日ぐらいの日数が必要です。

また、警察の審査は結構時間がかかるもので、書類を不備なく集めたとしても約40日かかります。

なので、古物商許可を取ろうと思ったら、許可が必要な時期から逆算して、2ヶ月前から準備をするのがいいでしょう。

古物商許可の申請には19000円の手数料がかかるの。

これまた、結構かかるね!

万が一、許可が下りなかった場合、手数料は返ってきません

なので、申請者(自分)と管理者が欠格要件に当てはまっているかどうかの確認は、忘れないようにしましょう。

自分で申請するのが難しいときは

古物商許可の申請に必要な書類はたくさんあります。

それに、一つ一つが難しそうな書類ばっかりだなぁ…

書類の多くは役所でもらうものなので、取りに行く時間をつくるのも大変です。

役所って平日しか開いてないよね。仕事があるしなぁ…

そういうときは、行政書士にたのむのがオススメよ!

古物商許可の申請を行政書士にたのむと、書類集めや、書類の記入を代わりにやってくれます

そうなんだ!
それはありがたいなぁ~!たのんでみよう!

行政書士にもいろんなタイプがあるから、古物商許可専門の行政書士を探すといいよ!

ありがとう!
専門にやってくれるところを探してみるよ!

【個人で古物商許可申請】手続きの流れと注意点 まとめ

個人の古物商許可を取る場合、3つのポイントに注意して手続きを進めるといいです。

注意する3つのポイントは

  • 管理者を自分とは別の人にするかどうか
  • 警察署への事前ヒアリング
  • 営業所を自宅にするかどうか

です。

手続きの流れ自体は、だれが行う場合でもほとんど同じです。

3つのポイントを確認しながら行えば、スムーズに古物商許可を取れるでしょう。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え




必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。