【古物商許可 申請】 使用承諾書を断られた場合の対処法

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

使用承諾書を断られた場合、別の営業所を探すか、古物商許可の取得を諦めるか検討するのが原則です。

ですが、許可の取得を諦める前の最後の手段として、行政書士に相談するという方法もあります。

行政書士に相談をすれば、専門家ならではのノウハウでひょっとすると許可が取得できるかもしれないからです。

今回は、大家さんやオーナーから使用承諾書を断られてしまった場合の対処法について説明をします。

使用承諾書を断られた場合は、次の順序で検討をしましょう

賃貸物件を営業所として古物商許可の申請をする場合、大家さんやオーナーの「使用承諾書」を提出しなければなりません。

大家さんやオーナーから建物の使用承諾書を断られた場合、次の3つの順序で検討しましょう。

  • 他の営業所を探す
  • 古物商許可を諦める
  • 行政書士に相談をする

以下では、それぞれについて詳しく説明をします。

まずは他の営業所を探しましょう

もし、使用承諾書を断られてしまった場合、まずやるべきことは、他の場所を営業所として利用できないか検討しましょう。

賃貸マンションやアパートなど賃貸物件を古物商許可の営業所として申請する場合、大家さんやオーナーの使用承諾書の提出が必要です。

この書類がなくては、原則として古物商許可を取得することはできません

ですから、使用承諾書を断られてしまった場合、まずは他の営業所を探しましょう。

どういう建物を探せばいいの?

古物商許可の営業所は、要件があまり厳しくありません。

他の許可や免許の場合、「特定の設備がないといけない」とか「自宅として使用できない」などのルールがあるのですが、古物商許可の場合だとそれがありません。

そのため、古物取引に利用できる建物であれば、原則としてどんな建物でも営業所として申請することが可能です。

例えば、自宅として使用している持ち家や、住居用に購入したマンション・アパートなどでも営業所として利用することができます。

自分が所有者であれば、使用承諾書を提出する必要もありません。

ですから、もし、自分で所有している建物があれば営業所として利用することを検討しましょう。

次に営業所として探すべきなのは、使用承諾書が簡単に手に入りそうな建物です。

例えば、親戚や知り合いの持っている建物などです。

親戚や知り合いだったら、頼めば簡単に使用承諾書をくれそうだもんね

他にも、事業用物件・テナントも使用承諾書が手に入りやすいわ。ただし、一般の賃貸物件と比べて割高になる可能性が高いから注意が必要ね

他の営業所がない場合は古物商許可の取得を諦めることも検討するべきです

もし、使用承諾書を断られ、他に営業所として利用できそうな建物もない場合、古物商許可の取得自体をいったん諦めることも重要です。

上で説明したとおり、使用承諾書がなければ、原則として賃貸物件を古物商許可の営業所とすることはできません。

要するに、使用承諾書が断られて、他に営業所にできそうな物件がない場合、古物商許可を取得するのはかなり難しいってことだね

もしかすると、しばらく待っている間に良い物件が現れるかもしれません。

ですから、他に適当な物件が見つかるまで、いったん古物商許可の取得を諦めるというのも1つの手なのです。

注意が必要なのは、間違っても嘘の情報を記載して申請をすることはしないようにしましょう。

中には、どうしても営業所が見つからず、申請書に嘘の情報を記載して許可を取得しようとする人もいます。

ですが、こういった行為は必ずバレるのでやめましょう。

古物商許可は申請をするとすぐに下りるのではなく、担当の警察官による審査があります。

この審査では、営業所が本当に実在しているかなどについてチェックされます。

適当な嘘でごまかしても、警察の審査でバレてしまうのです。

万が一、嘘がバレずに許可が取れたとしても、古物商許可の不正取得として重い罰則が科せられるわ

ひえええ。絶対に申請は正直にしよう。

諦める前にダメ元で行政書士に相談をしましょう

古物商許可の取得を諦める前に、ダメ元で行政書士に相談してみるという方法もあります。

使用承諾書を断られ、他に営業所としてふさわしい物件がない場合は、古物商許可の取得はできないと説明をしました。

ですから、そうなった場合は、古物商許可の取得は諦めるしかないのが原則です。

ですが、どうせ諦めてしまうのであれば、その前に、ダメ元で行政書士に相談をするという手も試してみましょう。

古物商許可専門の行政書士は専門家として、日々たくさんの古物商許可申請を扱っています。

そのため、使用承諾書を断られた場合でも、行政書士に依頼をすれば、専門家ならではの方法で許可が取得できる可能性があるのです。

実際に、古物商許可の取得を諦めていたけど、行政書士に代行をお願いしたら、許可が取得できたというケースもあります。

ですから、ダメ元で行政書士に相談をするというのは、有効な方法の1つなのです。

ポイントは、古物商専門の実績のある行政書士へ依頼をすることです。

よし、じゃあ早速、近所の行政書士に相談してみる!

ちょっとまって、行政書士であれば、誰でもいいっていうわけじゃないのよ

行政書士に相談をするときは、古物商許可専門の行政書士を選びましょう。

行政書士の仕事の範囲はとても広く、別の分野の行政書士では、古物商許可についてしっかりとした知識があるとはいえないからです。

やみくもに行政書士事務所に電話をして依頼するのではなく、しっかりと事前に調べたうえで相談するのがおすすめです。

本当に使用承諾書が必要かどうかもう一度、賃貸借契約書を確認しましょう

これまで、使用承諾書が断られた場合の対処法について説明をしました。

ですが、使用承諾書について悩む前に、もう一度、賃貸借契約書を確認してみましょう。

ひょっとすると、使用承諾書がいらない可能性があるからです。

賃貸物件の場合、使用承諾書が絶対に必要なんじゃないの?

賃貸物件を営業所として申請する場合、原則として使用承諾書が必要です。

ですが、例外的に、その物件の使用目的に古物営業が含まれている場合、使用承諾書がいらなくなる可能性があります。

どういうこと?

建物の賃貸借契約書を見ると、使用目的という欄があります。

ここに「古物営業」「営業用」などの記載があれば、使用承諾書がいらない可能性があるのです。

その場合は、先に説明したとおりの順序で対処してください。

【古物商許可 申請】 使用承諾書を断られた場合の対処法 まとめ

大家さんやオーナーから使用承諾書を断られた場合の対処法は、主に次の3つです。

  • 他の営業所を探す
  • 古物商許可を諦める
  • 行政書士に相談をする

賃貸物件を営業所として申請する場合、使用承諾書がないと原則として古物商許可を取得することはできません。

そのため、他の営業所を探したり、いったん古物商許可の取得を諦めることを検討しましょう。

もし諦めるのであれば、その前にダメ元で、行政書士に相談するという方法もあります。

行政書士に相談をすれば、専門家ならではのノウハウでひょっとすると許可を取ってくれるかもしれないからです。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。