古物商許可取得は賃貸物件ではダメですか?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

古物商許可を取得しようと思うんだけど、営業所って賃貸物件でもいいのかな?

賃貸物件でも古物商許可を取得することは可能よ。でも、別の書類が必要になったり、手続きが難しくなる可能性があるわ

今回は、賃貸物件で古物商許可を申請するケースについて詳しく説明をします。

賃貸物件でも古物商許可を取得することは可能です

古物商許可を取得するためには、営業所を決めて申請しなければなりません。

営業所とは、実際に古物取引を行う場所のことをいいます。

営業所の記載がないと、古物商許可の申請は受け付けてもらえないので注意が必要です。

とはいっても、古物商許可の営業所に関するルールはそれほど厳しくありません。

例えば、他の許可や免許では営業所の設備や広さの決まりがあったり、自分が所有する土地や建物でなければならない場合があります。

ですが、古物商許可の場合はそれがありません。

ですから、古物商許可の場合、賃貸物件であっても営業所として申請することが可能なのです。

ただし、営業所が賃貸物件だと、必要となる書類が増えたり手続きが面倒になる可能性があります。

どういう場合に、必要書類が増えたりするの?

具体的なケースに分けて説明するわ

自宅の賃貸物件を営業所にする場合

古物商許可の営業所には、事業用のテナントなどが多く利用されています。

ですが、テナントを借りると高い費用がかかります。

これから古物ビジネスを始める人にとって、初期費用はできるだけ抑えたいものだと思います。

そのため、中には、

自宅の賃貸マンションやアパートを営業所として利用したい

と考える人がいるのではないでしょうか?

ご安心ください。

自宅の賃貸物件を営業所にすることは可能です。

ただし、自宅の賃貸物件を申請するには、いくつかクリアしなければならないポイントがあります。

次は、そのポイントについて説明するわ

まずは賃貸借契約書をチェックしましょう

自宅の賃貸物件を営業所として申請する場合、まずは賃貸借契約書の内容を確認しましょう。

もし、賃貸借契約書が見当たらない場合は、大家さんや不動産会社にコピーがあるはずなので、確認させてもらいましょう。

契約書のどこを見ればいいの?

賃貸借契約書が準備できたら、「使用目的」の欄をチェックします。

ここに、「事務所」や「事業用」などと書かれていれば、賃貸借契約書のコピーを提出するだけでOKです。

僕の契約書だと居住用ってなってるけど・・・

自宅として利用されている賃貸物件の場合、使用目的は「居住用」や「住居専用」となっていることがほとんどだと思います。

この場合は、大家さんやオーナーの「使用承諾書」という書類が別に必要となります。

使用承諾書って何?

使用承諾書は、大家さんやオーナーが自分の建物を営業所として使用してもいいと認めたことを証明するための書類です。

大家さんやオーナーの建物が、無断で営業所として利用されないようにするため必要なのです。

使用承諾書をもらえなかったら諦める前に専門家に相談しましょう

大家さんに相談をしたんだけど、使用承諾書もらえなかったよ。諦めるしかないのかな・・・

ちょっと待って。諦める前に専門家に相談してみて

大家さんやオーナーから使用承諾書がもらえなかった場合、原則として、賃貸物件は営業所として申請することはできません。

ただ、諦めて高額なテナントを契約する前に、ダメ元で専門家に相談してみましょう。

ここでいう専門家とは、古物商許可を専門に扱っている行政書士のことをいいます。

行政書士は、日々、たくさんの案件を扱っています。

そのため、使用承諾書がない場合でも、専門家ならではのノウハウやテクニックで、古物商許可を取得してくれるかもしれないのです。

実際に、大家さんに反対されて使用承諾書が貰えなかったのに、営業所として申請することができたケースもあるようです。

気になる方は、一度、相談してみることをおすすめします。

テナントなどの賃貸物件を営業所にする場合

テナントや貸店舗などの事業用の賃貸物件を営業所として申請する場合は、自宅と違って、とても手続きがスムーズです。

最初から古物ビジネスで使用することを前提に借りていると思いますので、大家さんやオーナーの使用承諾書も簡単に取得できると思います。

ただし、テナントなどを利用する場合は、古物商許可を取得するタイミングに注意しましょう。

どういうこと?

古物商許可が下りないと古物の転売ビジネスを始めることはできません。

ですが、テナントは契約で決めた利用開始日から賃料が発生します。

そのため、場合によっては、古物商許可が間に合わず、無駄に賃料を払わなければならない可能性があるのです。

そんなこと本当にあるの?

古物商許可は、申請から許可が下りるまでどんなに早くても2か月はかかります。

警察で、申請者が欠格要件に該当しないか、営業所は適切かなどの審査を行うためです。

ですが、場合によって、その期間はもっと長くなることがあります。

そのことをしっかり理解しておかないと、無駄に賃料を支払わなければならない可能性があるのです。

じゃあ、どうすればいいの?

無駄な賃料を発生させないためには、許可の取得を行政書士に依頼することね

古物商許可の申請手続きは複雑で面倒です。

そのため、一般の方が自分で申請をすると、許可が下りるまでの期間がわかりにくく、ビジネスの予定が立てにくくなります。

ですが、行政書士に依頼をすれば、最短で許可を取ってくれます

さらに、行政書士がいつぐらいにビジネスをスタートさせればよいかなど具体的なアドバイスもしてくれます。

そのため、テナントを契約するタイミングを掴みやすく、賃料が無駄になることもないのです。

社長の自宅を営業所として申請する場合

法人名義で古物商許可を申請する場合に、社長の自宅や所有する建物を営業所として申請するケースです。

これは、個人経営の会社などによくあるケースなのですが、注意が必要なのは、法人と個人は別の人として扱われるということです。

そのため、社長の自宅を営業所として申請する場合でも、会社と社長の賃貸借契約書や社長の使用承諾書が必要になります。

これらの書類がないと、いくら社長本人が建物の利用を認めていても、申請は受け付けてもらえません。

法人名義で古物商許可を申請する場合、営業所の他にも、細かいルールがたくさんあるので、できれば行政書士への依頼をおすすめします。

古物商許可取得は賃貸物件ではダメですか? まとめ

古物商許可を申請する場合、営業所を決めなければなりません。

営業所とは実際に古物取引をする場所のことをいいます。

この営業所は賃貸物件であっても古物商許可を取得することができます

ですが、賃貸物件を営業所として申請する場合、必要書類が増えたり、手続きが複雑になったりする可能性があります。

例えば、許可の申請時に、賃貸借契約書や建物所有者の使用承諾書が必要になる可能性があります。

これらの書類が用意できない場合、原則として古物商許可を取得することはできません。

ですが、書類が用意できないときでも、諦める前に行政書士に相談をしてみましょう。

専門家ならではのノウハウでどうにか許可を取ってくれるかもしれないからです。

他にも古物商許可申請についてわからないことや、不安な点などがある方は、いっそのこと行政書士に任せてしまうというのも一つの手といえるでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問にはご回答は致しかねます。
よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。