レンタル業ではどんな資格が必要ですか?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

ドクター、レンタル業を始めるには、どんな資格が必要なの?

資格は特にいらないぞ。

CD・DVDレンタル業を始めるには、著作権を管理している団体からの許可が必要です。
レンタカー業を始めるには、自家用自動車有償貸渡業許可が必要です。

そうなんだ~。

でも、中古品のレンタル業を始めるには、古物商許可が必要じゃ。

レンタル業を始めるのに、基本的に資格は必要ない

レンタル業は基本的に、資格がなくても始めることができます

意外と簡単に始められるんだね。

じゃが、貸し出す商品によっては資格が必要になるぞ。

貸し出す商品によっては、レンタル業を始めるときに資格が必要

レンタル業でパッと思い浮かぶのは、『TSUTAYA』などのCD・DVDレンタル業や、『トヨタレンタカー』などのレンタカー業ではないでしょうか。

このようなレンタル業を始める場合は、資格が必要なんじゃ。

CD・DVDレンタル業を始めるときに必要な資格

CDやDVDは、作詞家や作曲家、原作者や脚本家など、作品を作った人の著作権が保護されています。

こういった商品は、勝手に貸し出すことができない決まりになっています。

CD・DVDレンタル業を始める場合、著作権を管理している団体からの許可が必要になります

CDの場合、レンタル用CDをおろしている業者に申しこむことで、著作権を管理するいくつかの団体からの許可を、まとめてもらうことができます。

DVDの場合、日本映像ソフト協会という団体に加盟することで許可をもらうことができます。

レンタカー業を始めるときに必要な資格

レンタカー業を始める場合、自家用自動車有償貸渡業許可という許可が必要です

この許可は、運輸局に申請して取ります。

自動車に限らず、バイクのレンタル業を始める場合でも、自家用自動車有償貸渡業許可が必要です。

また、新車に限らず、中古車のレンタル業を始める場合でも、自家用自動車有償貸業許可が必要です。

中古品のレンタル業を始めるには古物商許可が必要

中古品のレンタル業を始めるのなら、必ず取らないといけない資格があるぞ。

中古品のレンタル業を始める場合、古物商許可という資格(許可)を取らないといけません

古物商許可って、リサイクルショップを始めるときに取る資格でしょ?僕が知りたいのは、レンタル業を始めるときに必要な資格だよ。

古物商許可は一般的に、リサイクルショップなど、中古品を仕入れて販売するビジネスに必要な資格(許可)として、知られているかと思います。

実は、古物商許可は、中古品の販売業だけでなく、中古品のレンタル業にも必要な資格(許可)なのです。

へぇ~それは知らなかった!

古物商許可は、中古品を仕入れて商売をするために必要な資格(許可)です。

仕入れた中古品を販売するか、貸し出すかは、どっちだっていいんじゃ。

商売のかたちに関係なく、中古品を仕入れて商売をするには古物商許可が必要なんだね。

中古品とはこんなもの

法律で言うところの中古品の中には、一般的には、中古品ではないように思えるものもあるんじゃ。

そうなの!?

そういったものを仕入れて商売をするときも、もちろん、古物商許可が必要じゃ。

法律の中では、中古品のことを古物と呼びます。

そして、次のようなものが古物だと定義されています。

  • 使われたもの
  • 使われていなくても、使うために取引されたもの
  • 使われた、使うために取引されたものに、手を加えたもの

どういうものが古物に当てはまるのかを紹介します。

① 使われたもの

これは、一般的に考えられている中古品のことです。

『再生されたCD』、『100km走った自動車』など、だれかが使ったものは、古物です。

② 使われていなくても、使うために取引されたもの

だれも使ってないものが古物なんてこともあるの!?

使うために取引されたもの“とは、『聴こうと思って買ったけれど、未開封のままのCD』などが当てはまります。

CD自体は新品ですが、お店から買った(取引された)時点で、古物というあつかいになります。

一般的に新古品と呼ばれるもののことじゃな。

使うために取引されたもの“で言う『使う』とは、”本来の目的で使う“という意味です。

CDであれば『聴く』、Tシャツであれば『着る』、絵画であれば『鑑賞する』といったことをさします。

③ 使われた、使うために取引されたものに、手を加えたもの

これは、①、②のような古物を修理するなどして、手を加えたもののことです。

修理以外にも、使っていないTシャツを洗濯したり、虫干しすることなどが、手を加えることに当てはまります。

※ 衣類を虫やカビから守るために、日光や風に当てること

中古品のレンタル業ならではのメリット

レンタル業であつかう商品を、中古品にするメリットを紹介します。

仕入れが安く済む

中古品を仕入れることは、当然、新品を仕入れるよりもお金がかかりません

仕入れが安く済めば、それだけ利益を大きくすることができます。

また、浮いた資金を他のサービスにあてることもできます。

最近、見かけることが多くなった、『ニコニコレンタカー』や『100円レンタカー』などの、格安レンタカー業を知ってるかな?

あるね!

格安レンタカーは、通常のレンタカーに比べて、料金がとても安いです。

また、『10分100円』など、通常のレンタカー業にはない、短時間のレンタルができるのも特徴です。

格安レンタカーが、こういったサービスを実現できるわけは、商品が中古車だからです。

仕入れにコストがかかってないから、料金を安くできるし、短時間のレンタルといったサービスが実現できるわけじゃな。

古物市場に参加できる

古物市場という中古品の取引の場があるのを知ってるかな?

知らないなぁ~。

古物市場とは、古物商許可を取っている人だけが参加できる、プロ専用の取引の場です。

古物市場は、たくさんの中古品がそろっていて、しかも一般の相場よりも安いのが特徴です。

商品がたくさんあって、値段も安いなんて!僕も行ってみたい!

古物市場に参加すれば、仕入れを充実させることができます。

古物市場に参加できるようになることは、古物商許可を取ることで得られる大きなメリットです。

古物商許可を簡単に取る方法

レンタル業を始めるのに、資格や許可は基本的には必要ありません。

ですが、中古品のレンタル業を始めるとなると、古物商許可が必要になります。

古物商許可ってどうやって取るの?

実は、古物商許可を取る作業というのは、慣れていないと難しいものです。

えー。

でも、簡単に古物商許可を取る方法もあるから、安心するんじゃ。

それは、行政書士にたのむという方法です。

古物商許可専門の行政書士なら、古物商許可を取ることに慣れています。

あっという間に最短期間で古物商許可を取ってくれます。

行政書士は、面倒な書類集めや、警察署への申請まで、すべて代わりにやってくれます

行政書士に丸投げするだけで、古物商許可を取れちゃうんです。

へぇ~!行政書士って便利だなぁ。おっ、トラスト行政書士事務所っていう、古物商許可専門のとこを見つけたよ!

トラスト行政書士事務所なら、古物商許可の取得をネットで完結。即日着手で、古物営業に必要な特典までもらえるからオススメじゃよ。

レンタル業ではどんな資格が必要ですか? まとめ

レンタル業を始めるのに、資格や許可は基本的には必要ありません

ですが、CD・DVDレンタル業、レンタカー業を始めるには、許可が必要です。

そして、中古品を仕入れて貸し出すレンタル業を始める場合には、古物商許可が必要です。

古物商許可は、行政書士にたのむと簡単に取ることができます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え




必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。