販売実績がなくても古物商許可は取れる?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

販売実績がなくても古物商許可は取れます。

なぜなら、販売実績は古物商許可を取得するときの要件とされていないからです。

僕みたいな転売未経験者でも取得できるんだね。他に注意することはない?

販売実績は不要だけど、誰でも取得できるってわけじゃないわ。欠格要件や営業所などの条件をクリアしなきゃいけないの

今回は、古物商許可を取得するために必要な条件などについて説明をします。

販売実績がなくても古物商許可は取れます

古物商許可を取得する条件に「販売実績があること」という規定はありません。

そのため、販売実績がない方でも古物商許可を取得することは可能です。

最近、古物商許可を取って中古品の転売をする人が増えています。

理由は簡単に始められて、転売初心者でも稼ぐことができるからです。

特にインターネットを使って転売をすれば、時間や場所に縛られることもありません。

そのため、普段忙しいサラリーマンや主婦、学生などの間で転売ビジネスが人気になっているのです。

もし、副業や新しいビジネスを探している方には、古物商許可を使った中古品の転売ビジネスをおすすめします。

ただ、皆さんの中には、「古物商許可を取るのに販売実績が必要かどうか」を気にしている方がいると思います。

ご安心ください。

古物商許可を取得するのに販売実績は必要ありません。

他の許可(建設業の許可など)の場合、取得するのに実務経験や実績が必要になることがあります。

ですが、古物商許可の場合はそれがありません。

そのため、全く販売実績のない方でも古物商許可を取得することができるのです。

じゃあ、古物商許可は誰でも自由に取得できるってこと?

代わりに、いくつか条件があるわ。

古物商許可を取得するための条件3つ

古物商許可を取得するには販売実績は必要ありません。

ですが、代わりに3つの条件をクリアする必要があります。

そこで、以下ではその条件について説明をします。

欠格要件に当たらないこと

古物商許可を取得するための条件の1つ目は「欠格要件に当たらないこと」です。

欠格要件というのは、古物商許可の取得ができなくなる要件のことをいいます。

古物商許可の欠格要件には次のようなものがあります。

  • 破産手続開始の決定を受けて復権を得ない者
  • 過去に犯罪歴のある人
  • 暴力団関係者
  • 過去に古物営業法違反で許可を取り消されたことのある人
  • 未成年者
  • 住居の定まらない人
  • 心身の故障により古物商または古物市場主の業務を適正に実施することができない者

これらの要件に該当する方は、古物商許可を取得することはできません。

たまに過去の犯罪歴などについて、嘘をついて古物商許可を取得しようとする方がいますが、絶対にやめましょう。

なぜなら、絶対にバレるからです。

古物商許可の申請をするのは、営業所を管轄する警察署です。

そのため、嘘をついて隠したところで、すぐにバレてしまうのです。

もし、欠格要件に該当してしまい古物商許可の取得ができないという方は、諦めてしまう前にダメ元で行政書士に相談してみましょう。

行政書士というのは、古物商許可など許認可に必要な書類作成の専門家のことをいいます。

古物商専門の行政書士は、様々なノウハウがあるので、ひょっとすると何とかしてくれるかもしれないからです。

どうして、欠格要件なんてものがあるの?

中古品取引の秩序を守るために、あらかじめ古物商としてふさわしくないと考えられる人は、古物商許可の取得ができないようにしているの

営業所があること

古物商許可を取得するには、営業所がなければなりません。

営業所とは、中古品取引の中心となる場所のことです。

古物商許可を申請するときは、営業所を決めて、警察に届け出なければならないのです。

たまに「ネット取引しかしない場合は営業所はいらない」と勘違いする方がいますが、それは間違いです。

ネット取引かどうかに関係なく営業所は必要なので、注意しましょう。

具体的にどういう場所を営業所として申請すればいいの?

古物商許可の営業所に関するルールはそれほど厳しくありません。

そのため、自宅や賃貸アパートなどを営業所として届け出ることも可能です。

ただし、自分の所有していない建物を営業所にする場合は、大家さんやオーナーの使用承諾書が必要になるので注意しましょう。

また、古物商許可の営業所は、実体があるものでなければなりません

そのため、ビジネス用の住所だけを借りられるバーチャルオフィスの場合は、営業所として認められません。

また、レンタルオフィスについても、他のスペースとの区別ができない場合などは、営業所として認められない可能性があります。

もし、営業所をどうするかで迷った場合は、行政書士などの専門家に相談をするとよいでしょう。

申請書類がすべてきちんと提出できること

古物商許可を取得するには、たくさんの書類が必要になります。

中には、略歴書や誓約書といった普段、あまり聞きなれない書類も多く含まれます。

また、書類は役所や法務局など公的な場所でしか手に入らないものがたくさんあります。

古物商許可取得するには、これらの書類をすべて準備して提出する必要があるのです。

さらに、単に書類を用意すればいいというだけでなく、記載内容にもミスがあってはいけません。

もし、記載内容など書類に不備があると、申請は受け付けてもらえず、やり直しになってしまうので注意が必要です。

ネットでたまに「古物商許可を取るのは大変だ」と言われることがあるけど、ほとんどはこれが理由みたいね

う~ん、僕一人で全部できるかなぁ

大丈夫、安心して。そういうときは行政書士に頼んじゃえばいいのよ

古物商許可に必要な書類をすべて用意するのはとても大変です。

そこで、古物商許可の取得については、行政書士の代行サービスの利用をおすすめします。

行政書士に頼めば、面倒な書類集めから、提出まで基本的な手続きはすべて代わりにやってくれるからです。

依頼した人は、ただ自宅でのんびり許可が下りるのを待っていればいいのです。

余った時間を転売ビジネスの準備に使えるので、とても効率的といえるでしょう。

販売実績がなくても転売で稼げる?

販売実績のない方でも中古品転売は稼げます。

なぜなら、最近はアプリやツールなどがたくさん開発されており、転売初心者でも稼ぎやすくなっているからです。

例えば、市場価格の調査についても、以前は足を使って調べなければなりませんでした。

ですが、最近は、メルカリやヤフオクなどのアプリを使えば、簡単に調査することが可能です。

そして、市場価格よりも安く売りだされている商品を探して転売すれば、利益がでるのです。

はじめのうちは、大きく稼ぐことは難しいかもしれません。

ですが、コツを掴めばきっと稼げるようになるでしょう。

ただし、中古品を扱う場合は、古物商許可を取得することを忘れてはいけません。

販売実績がなくても古物商許可は取れる? まとめ

販売実績がなくても古物商許可は取れます。

古物商許可を取得する条件に「販売実績」は含まれていないからです。

その代わり、次の3つの条件を充たすことが必要です。

  • 欠格要件に当たらないこと
  • 営業所があること
  • 申請書類がすべてきちんと提出できること

これらの条件を備えるため、一人で準備するのはかなり大変です。

場合によっては、行政書士などの専門家を利用することをおすすめします。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。