【法律解説】売上・利益が少なくても古物商許可は必要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

中古品を転売し利益を出そうとしたが、あまり稼げなかった。

私は中古品を転売しているが、ほとんど利益はない。

そんな時、これなら古物商許可も必要ないのでは?と思う人もいるのではないでしょうか。

それは間違いです!継続的に中古転売ビジネスをしている場合には、利益の大小は関係なく許可が必要となるのです。(販売のみで買受けをしなければ売上があっても古物商許可は不要です。)

今回は、利益が少なくても古物商許可がなぜ必要なのか詳しくお届けします。

利益の大小に関係なく古物商許可は必要です

中古品を買ったり売ったりして継続的に利益をあげる場合は、利益に関係なく古物商許可取得が法律でも定められています。

「古物商許可がなぜ必要なのか」というと、取引される古物の中に盗品等が混在する恐れがあることから、盗品等流通の防止、盗難品の早期発見、迅速な被害回復、盗品などを売り上げた利益が犯罪組織へ流れないこと、その他の犯罪を防止することを目的としてるからです。

その為、古物商許可を取得することは、利益の大小が問題ではなく、犯罪防止の面からも必須となります。

例え、売り上げが雀の涙であっても、転売目的で古物を売買している限り古物商許可は必要です。

売り上げが少ないから必要ないだろうとの理由で、古物商許可を取得せずに営業をしていると、無許可営業とみなされ3年以下の懲役、又は100万円以下の罰金が科される可能性もあります。

この古物商許可を取得するには、管轄する警察署へ出向き、許可申請をしなければなりません。

手続きは簡単なのですが、申請書類だけでなく必要書類も準備しなければならず、しかも、申請する警察署の防犯窓口は、平日しか対応してくれません。

本業で平日に時間が取れない、諸々の必要書類の準備が面倒、何より不備の一つも許されない手続きに不安がある人は、多少の報酬が必要となりますが、行政書士に手続き代行を依頼することで、スムーズに古物商許可を取得できるのでおすすめです

デタラメな情報には気をつけてください。

古物商許可を取得しようと、インターネットで情報を集める人も多いと思います。

実際、ネットで調べると、ある程度のことはすぐに分かりますよね。

ですが、あまりに情報が溢れ、何が正しく、何が誤った情報なのか判断がつかない場合もあると思います。

例えば…

  • 売り上げが1,000万円以下は古物商許可不要
  • メルカリ・ヤフオクのみの古物売買は古物商許可不要
  • 売り上げが少額であれば古物商許可不要

など

これは、すべて誤った情報です。この他にもたくさん間違った情報が広まっています。

正しくは、「売り上げが1,000円でも1,000万円でも継続的に古物ビジネス(売買)をしていく場合、古物商許可は必要となります。

では、利益が少ないからといって古物商許可を取得せず古物ビジネスをしていたらどうなるのか?

後悔すること間違いなし!取り返しのつかないことになるので詳しくご説明します。

古物商許可を取得せず古物ビジネス(売買)をした場合

メルカリやヤフオクで無許可営業している人なんてたくさんいる

「売り上げが少ないのに古物商許可を取得するのは面倒」となど考える人もいるでしょう。

しかし、これは非常にリスクが高いとしか言えません。

無許可で古物営業をした場合には重い罰則が科せられるのです

無許可営業の罰則

3年以下の懲役、又は100万円以下の罰金

更に、無許可営業で罰せられた場合、その後5年間は許可取得ができなくなります

なぜ、このように重い罰則が科せられてしまうのかというと、古物商許可は、盗品の流通防止や被害の早期回復などのための許可制度だからです。

何の理由もなく許可を得ている訳ではないのです。古物商は盗品を流通させない為、防止措置盗品捜査に協力できるよう、日々の取引を「帳簿に記録する義務」という大切な役割もあるのです。

もし、無許可営業をしていたら警察による盗品捜査にも大きな影響を生じることになります。

そのため、無許可営業はとても厳しい罰則が科せられてしまうのです

古物ビジネスをするのであれば、利益の大小関係なく必ず古物商許可を取得しましょう。
万が一、無許可営業をして捕まってしまったら取り返しのつかないことになってしまいます。

副業であっても古物商許可は必要です

副業であっても古物ビジネス、転売ビジネスをするのであれば古物商許可は必要になります。

「副業だから」、「ほんのお小遣い程度だから」など関係なく、古物ビジネスをするのであれば古物商許可は取得しましょう。

古物商は、副業としても手軽に始めることができるビジネスでもあります。

なぜならば、インターネットの普及により、メルカリやヤフオクなどのフリマアプリをダウンロードし登録するだけで、その日からビジネスを始められるからです。

隙間時間に売買でき、場所も時間も問わず、スマホ1台でOK副業向きのビジネスでもあります。
古物・転売ビジネスは、会社員の皆さんにとって一番身近で一番手軽な副業だと考えられます。

少ない資金から始めることができ、時間にもとらわれない転売は、副業としてもおすすめです。

また、古物商許可を取得していることで、販売相手への信頼度も高まります。
フリマアプリなど相手の見えない取引は不安になることも多々あると思います。

実際に、インターネット上では、盗品を販売している人、偽物を販売している人、「中古(美品です)」など宣伝しながらボロボロの商品を販売している嘘つきな人が存在するので注意しましょう

古物商許可は、盗品流通防止・被害の早期回復のための法律を守るという証です。

そういう意味でも、古物商許可を取得していると購入者も安心して取引をすることができます。

また、利益の大小関係なく、古物・転売ビジネスで副業をする場合でも「古物商許可」は必要です。

副業であっても許可を取得している事は、法律を守り営業をしている証明なので許可を取得した上で営業活動をしましょう。

売上・利益が少なくても古物商許可は必要?まとめ

本業であろうが、副業であろうが、利益の大小に関係なく古物商ビジネスを始めるのであれば古物商許可は必要です。

「働き方改革」の影響で会社員も副業を始める人が徐々に増えつつあります。

厚生労働省のモデル就業規則の規定も「原則副業禁止」から「副業容認」にすると発表しました。
今後、益々副業をする方が増加すると考えられます。

古物商許可は自分自身で申請することが可能です。営業所を管轄する警察署へ行き古物商許可申請を行います。取得するための手数料は19,000円に、必要書類の手数料数千円が必要となります。

これを高いと考える方もいるかもしれませんが、古物商許可は他のビジネスの許可に比べると、群を抜いて取得しやすく、なおかつ、一度取得すると一生涯有効な許可制度になります。

基本的には成人であれば古物商許可を取得する可能性が高まります。(欠格要件に該当しないことが必須)

「手続きが面倒だな」、「警察署が平日にしか対応してくれないから時間が取れない」、「申請書類や必要書類を不備なく準備する自信がない」というのであれば、行政書士へ手続き代行を依頼するのも可能です。

報酬は必要となるのですが、一生涯の許可を取得さえすれば、安心して新たなビジネスライフを送るチャンス到来です!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問にはご回答は致しかねます。
※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。