古物商許可を申請する管轄の警察署はどこになる?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

古物商許可を申請したいけど、どこに申請していいのかわからない…

どうやら警察署へ申請するみたいだけど、どこの警察署へ申請すればいいんだろう…?

こういった疑問をお持ちの方がいるでしょう。

古物商許可の申請は主たる営業所の所在地を管轄する警察署で行います。

古物商許可は、主たる営業所の所在地を管轄する警察署を窓口として、都道府県公安委員会に対して申請するものだからです。

古物商許可の申請先について、個人で申請する場合と、法人で申請する場合に分けて、解説しましょう。

古物商許可の申請には営業所が絶対に必要

古物商許可の申請は、営業所の所在地を管轄する警察署で行います。

営業所とは、古物売買の拠点となる場所のことです。

古物商許可を取得するためには、絶対に営業所が必要です。

それは、個人であっても、法人であっても変わりません。

個人で、自宅でネットを使って古物の売買をするつもりだから、営業所なんか必要ないでしょ

と、勘違いする方もいます。

ですが、自宅で取引する場合でも、その自宅が営業所となるので、古物商許可を取得するためには、絶対に営業所が必要です。

個人で申請する場合

個人で古物商許可を申請する場合の申請先について、解説しましょう。

自宅と営業所の所在地が異なる場合

古物商許可の申請は、営業所の所在地を管轄する警察署で行います。

ですから、自宅が営業所ではない場合、自宅ではなく、営業所の所在地を管轄する警察署へ申請します。

自宅の所在地を管轄する警察署ではないので、間違えないようにしましょう。

例えば、あなたの自宅が東京都、営業所が千葉県であった場合、千葉県の警察署(営業所の所在地を管轄する警察署)へ申請します。

この場合、あなたが取得するのは、千葉県公安委員会の古物商許可となります。

複数の営業所を置く場合

古物商許可を申請するとき、複数の営業所を一度に申請することもできます。

その場合は、複数の営業所の中から主たる営業所を1か所決めて、主たる営業所の所在地を管轄している警察署へ申請します。

複数の営業所がある場合、「営業所ごとに申請が必要なのでは?」と思う方もいるでしょう。

営業所が複数あっても、まとめて申請できるので、当てはまる人は、間違えないようにしましょう。

もし、複数の営業所があるにも関わらず、主たる営業所のみで申請してしまっても、古物商許可を取得したあとで、営業所を追加することもできます。

異なる都道府県に複数の営業所を置く場合

異なる都道府県に複数の営業所を置く場合でも、古物商許可の申請を一度に行うことができます。

その場合は、複数の営業所の中から主たる営業所を1か所決めて、主たる営業所の所在地を管轄している警察署へ申請します。

これは、法改正によって、2020年4月1日からできるようになったことです。

法改正前、古物商許可は都道府県単位の許可だったので、異なる都道府県に複数の営業所を置く場合、それぞれの都道府県で、古物商許可を取得する必要がありました。

現在、古物商許可は全国共通の許可なので、異なる都道府県に複数の営業所を置く場合でも、一度に申請することができます。

例えば、東京都と千葉県に営業所があって、東京都にある営業所を、主たる営業所と決めた場合、東京都の警察署(営業所の所在地を管轄する警察署)への申請だけで済みます。

東京都公安委員会の古物商許可を取得するだけでよく、千葉県公安委員会の許可は不要です。

法人で申請する場合

法人で古物商許可を申請する場合の申請先について、解説しましょう。

本社と営業所の所在地が異なる場合

古物商許可の申請は、営業所の所在地を管轄する警察署で行います。

ですから、本社と営業所の所在地が異なる場合、本社ではなく、営業所の所在地を管轄する警察署へ申請します。

本社の所在地を管轄する警察署ではないので、間違えないようにしましょう。

例えば、あなたの会社の本社が東京都、営業所が千葉県であった場合、千葉県の警察署(営業所の所在地を管轄する警察署)へ申請します。

この場合、あなたの会社が取得するのは、千葉県公安委員会の古物商許可となります。

複数の営業所を置く場合

法人でも、個人の場合と同じように、古物商許可を申請するとき、複数の営業所を一度に申請することができます。

その場合は、複数の営業所の中から主たる営業所を1か所決めて、主たる営業所の所在地を管轄している警察署へ申請します。

営業所が複数あっても、まとめて申請できるので、当てはまる法人は、間違えないようにしましょう。

また、法人でも、個人の場合と同じで、もし、複数の営業所があるにも関わらず、主たる営業所のみで申請してしまっても、古物商許可を取得したあとで、営業所を追加することもできます。

異なる都道府県に複数の営業所を置く場合

法人でも、個人の場合と同じように、異なる都道府県に複数の営業所を置く場合でも、古物商許可の申請を一度に行うことができます。

その場合は、複数の営業所の中から主たる営業所を1か所決めて、主たる営業所の所在地を管轄している警察署へ申請します。

これは、法改正によって、2020年4月1日からできるようになったことです。

法改正前、古物商許可は都道府県単位の許可だったので、異なる都道府県に複数の営業所を置く場合、それぞれの都道府県で、古物商許可を取得する必要がありました。

現在、古物商許可は全国共通の許可なので、異なる都道府県に複数の営業所を置く場合でも、一度に申請することができます。

例えば、東京都と千葉県に営業所があって、東京都にある営業所を、主たる営業所と決めた場合、東京都の警察署(営業所の所在地を管轄する警察署)への申請だけで済みます。

東京都公安委員会の古物商許可を取得するだけでよく、千葉県公安委員会の許可は不要です。

都道府県ごとに申請書類が異なる?

古物商許可の申請に必要となる書類や、書類のフォーマット(書式)は、都道府県ごとに異なる場合があるので注意が必要です。

古物商許可の申請は、営業所の所在地を管轄する警察署で行います。

申請の際には、申請書の他にも、いろいろな添付書類が必要となります。

法律で決められた許可の申請なので、申請書の内容や、必要な書類は、全国どこでも同じだと考える方が多いでしょう。

しかし実際は、各都道府県の警察署によって、申請書の書き方や、必要な書類が異なる、ローカルルールが存在します。

例えば、申請に必要となる書類の中に、「誓約書」というものがあります。

申請者と管理者が同じである場合、誓約書は1枚でいいという警察署と、2枚必要だという警察署があるのです。

ですから、ネット上で紹介されている申請書の書き方や、必要書類が、あなたに当てはまるとは限りません。

申請の前には、申請する警察署か、行政書士に相談することをおすすめします。

営業所として申請できない恐れがある物件

古物商許可の申請は、営業所の所在地を管轄する警察署で行います。

営業所とは、古物売買の拠点となる場所のことをいいます。

古物商許可を取得するためには、営業所を決める必要があります。

それは、個人が自宅でネットを利用して、中古品を売買するケースでも変わりません。

ただ、どんな場所でも営業所として申請してよいかというと、そうではありません。

場合によっては、営業所として申請できないこともあるので注意が必要です。

住居用の賃貸物件は所有者の承諾が必要

住居用の賃貸物件を営業所として申請する場合、所有者の承諾が必要となることがあります。

例えば、あなたの自宅(賃貸マンションの一室)を営業所として申請する場合、大家さんなどの承諾が必要になる場合があります。

この場合、承諾をもらえないと、古物商許可を申請できません。

営業所が分譲マンションの場合

分譲マンションは、賃貸物件ではありませんが、管理組合からの承諾が必要になるかもしれないので、注意が必要です。

承諾をもらえないと、古物商許可を申請できません。

レンタルオフィス

レンタルオフィスは、営業所として認められる可能性は低いです。

警察署は古物商の営業所について、独立性があるかどうかを重視しています。

ですから、大きな部屋をパーティションなどで区切っただけのスペースでは、独立性が低く、営業所として認めてもらえない可能性が高いのです。

実際に営業所として認められるかどうかは、各警察署の判断によりますが、一般的に、レンタルオフィスを営業所として認めてもらうのは難しいです。

古物商許可を申請する管轄の警察署はどこになる?まとめ

古物商許可の申請は、主たる営業所の所在地を管轄する警察署で行います。

複数の営業所を置く場合でも、主たる営業所の所在地を管轄する警察署、1か所だけで、古物商許可を申請することができます。

また、2020年4月1日からは、異なる都道府県に複数の営業所を置く場合でも、主たる営業所の所在地を管轄する警察署、1か所だけで、古物商許可を申請できるようになりました。

申請書類のフォーマットや、添付書類は、各都道府県にローカルルールが存在するため、警察署によって申請内容が異なる場合があります。

古物商許可の申請手続きはかなり複雑です。

これから古物商許可を申請したいのであれば、最寄りの警察署や、行政書士に相談することをおすすめします

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。