古物商許可は品目ごとに取らないといけない?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

古物商許可は品目ごとに取得する必要はありません。

許可申請時に、複数の品目を選択することができるからです。

複数の品目を選択することで、ビジネスの幅が広がります。

ただし、たくさん品目を選択すると申請のハードルが上がるので注意が必要です。

今回は、複数の品目を扱う場合の注意点を説明します。

品目ごとに取得する必要はありません

古着と中古時計の転売ビジネスを始めようと思って、古物商許可について色々調べてるんだ。
申請する時に、品目っていうのを選択しなきゃいけないみたいなんだけど、どうすればいいんだろう?

古物っていうのは、法律によって13の品目に分類されているの。
古物商許可を申請するときは、自分が扱おうとする古物の品目をその中から選んで届け出なければいけないのよ

なるほど。僕の場合、扱う予定の古物が古着と時計だから、品目は「衣類」と「時計」が必要なんだね。
この場合、品目ごとに許可って取らなきゃいけないのかな?

品目ごとに許可を取得する必要はないわ。
1度の許可申請で複数の品目を選択することが可能なの。
こぶ吉の場合も、「衣類」と「時計」両方を申請することができるわ

古物は古物営業法によって以下の13の品目に分類されています。

  • 美術品類
  • 衣類
  • 時計・宝飾品
  • 自動車(それらの部品を含む)
  • 自動二輪車及び原動機付自転車(それらの部品含む)
  • 自転車類(それらの部品含む)
  • 写真機類
  • 事務機器類
  • 機械工具類
  • 道具類
  • 皮革・ゴム製品
  • 書籍
  • 金券類

古物商許可を取得する場合には、この13品目の中から自分が扱う古物の種類を選択しなければなりません。

複数の古物を扱う場合、品目ごとに許可申請をする必要はありません。

許可申請の際に、複数の品目を選択することが可能だからです。

もし、届出をした品目以外の古物を扱うこととなった場合、14日以内に品目の「変更届出」をしなければなりません。

この届出を怠ると、古物営業法の届出義務違反として10万円以下の罰金が科される可能性もあるので注意しましょう。

品目をたくさん選択するときの注意点

古物商許可を申請する際には、自分の扱う古物の品目を選んで申請しなければなりません。

品目は複数選択することが可能です。

極端な話をすると、13品目すべて申請することも可能です。

ですが、あまりたくさんの品目を選択することはおすすめしません

その理由について、以下で説明をします。

申請がなかなか通らない

品目は複数選択することが可能なのか~

そうよ。だから品目ごとに許可を取得する必要はないから安心してね

じゃあ、いっそのこと13品目全部申請すれば、古物は何でも扱えるから便利じゃない?

それは、おすすめしないわ

ええ~なんで?

品目を増やすとその分、申請がなかなか通らなくなっちゃうの
だから、許可を取得するときの品目は必要最小限に抑えるべきなのよ

古物商許可の申請は、複数の品目を選択することが可能です。

ただし、品目を選ぶときは、必要最小限にするべきです。

なぜなら、品目を増やすと許可申請が通りにくくなるからです。

古物商許可は、自分の扱う品目だけを選んで申請することが原則です。

ですから、たくさんの品目を選択した場合、担当の警察官から、その理由や目的について厳しく質問され、なかなか申請書が受理されない可能性があるのです。

理由や目的など上手に答えることができなければ、許可が下りるまでの時間はどんどん長くなってしまいます

ですから、古物商許可を申請するときは、自分の最も必要な品目に限定して届出をするべきなのです。

経験や資料が必要になる場合も

申請する品目によっては、必要な経験を問われたり、別の資料が必要になることもあるわ

そうなの~?

例えば、「美術品」や「宝飾品」のような高額の古物の品目を申請した場合、担当の警察官から知識や経験について質問されることがあるわ

上手に質問に答えられないと、許可申請書が受理されないケースや品目の削除を依頼されるケースもあります

「美術品」などの高額な品目の申請については、警察も慎重になるため、「美術品」に対する知識や経験などを質問されることがあります。

また、「自動車」などの大型の古物の品目を申請する場合は、保管場所があることを証明するために別の資料を求められることもあります。

このように、品目によっては、経験や別の資料が必要になることがあるので、取引する予定のない品目の申請はやめておきましょう。

品目は後から追加することができます

たくさん品目を選択すると許可取得が難しくなっちゃうんだね~

そうね。だから、許可申請はなるべく1つの品目に絞って申請することが理想よ

でも、後から別の品目を扱いたくなったらどうすればいいんだろう?

その場合は、変更届によって品目の追加や変更が可能よ

そっか~、それなら安心だね

古物商許可を申請する場合、複数の品目を選択することが可能です。

ですが、たくさんの品目を選択すると、許可の取得が難しくなるため、おすすめしません。

品目は後から追加・変更することが可能です。

効率よくスムーズに許可を取得したいのであれば、許可申請時は1つの品目に絞って申請し、後から必要な品目を追加するべきです。

品目の追加に手数料はかかりません

品目で迷ったら行政書士に代行を依頼

品目は1つで申請する方が、許可は取りやすいのか~

そうね。どうしても複数の品目を申請したいっていう場合は、どの品目にするか慎重に選んでから申請をするべき

う~ん。どうすればいいのか難しいなぁ

もし、品目について悩んでいるようだったら、古物商専門の行政書士に許可の代行をお願いしたら?

許可の代行~?

そう。行政書士の先生が、こぶ吉の代わりに必要な申請手続きを全部やってくれるサービスよ。
古物商のプロが責任をもってやってくれるから、複数の品目でも効率よく最短で許可をとってくれるはずよ

でも、お金かかるんでしょ~?

そりゃあ、行政書士の先生も仕事でやってるからタダってわけにはいかないわ。
依頼する場合、相場で4万円から6万円が報酬として必要ね

う~ん・・・どうしようかな~

決して安い金額とはいえないけど、自分で申請した場合にかかる時間や労力を考えれば、それ以上の価値があるといえるわ

そうだね。ちょっと検討してみるよ

古物商許可を申請する場合に、どの品目を選択するかという判断は、とても重要です。

許可取得までにかかる時間や、許可取得後の古物ビジネスに大きく関わってくるからです。

もし、どの品目で申請をするべきか、はっきり決まっていないのであれば、古物商許可のプロである行政書士に申請の代行を依頼しましょう

行政書士に依頼すれば、依頼者にとって最も適切な品目を選んで効率よく許可を取ってくれます

古物商許可は品目ごとに取らないといけない? まとめ

古物商許可は、品目ごとに取る必要はありません

許可を取得するとき、複数の品目を申請することができるからです。

ただし、品目を増やすとその分、許可申請のハードルが上がるので注意が必要です。

もし、複数の品目で効率よく許可を取得したいのであれば、専門家である行政書士に代行を依頼しましょう。

行政書士に依頼すれば、必要な手続きは全て代わりにやってくれる上に、最短で許可を取得できるのでおススメです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問にはご回答は致しかねます。
よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。