【古物商の品目】自動二輪車及び原動機付自転車とはなにか完全解説・申請時の注意点

この記事は専門家が監修しています

はじめに・・・
古物商の中の自動二輪車および原動機付き自転車の品目にどのようなイメージをお持ちですか?

自動車を扱うよりは安く開業できそうだけど、でもやっぱり資金がかかりそう・・・・

と思っている方も多いのではないでしょうか。

ですが、実は、資格の制限も少なく、比較的安く開業できるのが中古バイク屋さんなんです!!

とはいえ、注意してほしいこともいくつかあります。

そこで今回は、
古物商における自動二輪車および原動機付自転車の品目について詳しく知りたい人のために、

そもそも自動二輪車および原動機付自転車って?
申請時に注意しなければいけないことは?

などなど、

知っておいてほしいことをまとめていきたいと思います。

古物商における自動二輪車および原動機付自転車とは?

自動車二輪車および原動機付自転車をあつかう古物商はオートバイ商、と呼ばれています。

自動車をあつかう古物商とは異なり、
オートバイ商では、申請する際に提出する書類や資格が少ないのが特徴的です。

許可を取るとこんなプレートを出すことができます。

オートバイ商プレート

オートバイ商があつかうもの

オートバイ商があつかうものとしては、

  • 自動二輪車
  • 原付類のオートバイ全般
  • 車体
  • マフラー・タイヤ・エンジンなどの部品類
  • メンテナンス用品

などです。

なぜ、オートバイ商は比較的簡単に開業できるのか

理由は2つあります。

必要な提出書類や資格といった制限が少ない

1つ目は、古物商許可申請の際に必要な提出書類や資格といった制限が少ないことです。

例えば、自動車をあつかう場合は、駐車場の契約書の提出が必要だったり、
自動車を仕入れるためのオークションに参加するのにもハードルがあったり、と面倒な部分が実は多いです。

それに対しオートバイ商は、
申請書類も少なく、仕入れや販売も比較的誰でもやろうと思えばできるのです。

商品の単価が比較的安い

2つ目は、あつかう商品の単価が比較的安いこと、です。

開業するにあたって、ひとまず店舗が埋まるくらいの商品を仕入れればいいわけですから、

店舗の広さにもよりますが、小さな店舗なら、原付10台ほどではじめられます。

うまくやれば商品だけの仕入れ値は100万円もいかないかもしれません。

また、整備工具も基本的なものだけなら約10万円程度で手に入るようです。

自動車やブランド品をあつかう古物商の場合は、もっと商品の仕入れや整備にコストがかかることはイメージが付くと思います。

ですから、オートバイ商は比較的簡単に開業できるのです。

オートバイ商と合わせて取得(登録)しておくといい許可・資格

オートバイ商と合わせて取得しておくといいのは、
金属くず商の許可金属くず行商の登録です。

金属くず商許可と金属くず行商届出とは?

金属くず商の許可とは、
営業所にて銅やアルミといった金属類を買い取り、販売する事ができる許可です。

金属くず行商の届出とは、
金属くずを取引先のもとへ出向いて、買い付けることができる者を届け出たものです。

金属くず商許可だけでは営業所以外での買い付けや販売ができないので、金属くず行商の届出もしておきましょう。

ただし、古物商免許だけで金属くず商として営業できる都道府県もあります。

一方で金属くず商は条例で規制がされていることから、以下の都道府県においては別途許可が必要となります。(北海道、茨城県、長野県、静岡県、福井県、大阪府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県、広島県、岡山県、島根県、山口県、徳島県)
なのでまずは、ご自身が商売をする地域が金属くず商としての規制を設けているのかどうか、を確認してみてください。

届出窓口が異なるので注意!!

両方とも難しい審査ではありませんが、申請・届出をする窓口が異なるので注意が必要です。

金属くず商許可→営業所を管轄する警察署
金属くず行商の届出→行商をする個人の住所地を管轄する警察署

また、金属くず商許可も金属くず行商も、3年ごとに更新する必要があるので注意が必要です。

金属くずに関する許可取得と届出をしておくメリット

金属くずに関する許可取得と届出をしておくメリットは、オートバイ商として買い取ったタイヤのホイールなどの金属部品を、ホイールとしてではなく金属の塊として売ることができる点にあります。

この許可・届出がないと本来の生産目的以外で販売することができません。

二輪整備士の資格もおすすめです!!

そして、オートバイ商と合わせて取得しておくといい資格としては、二輪整備士があります。

こちらは国家資格となるので、取得のハードルも上がりますが、持っていることで有償で修理をできるようになるので、収入源を増やすことができます。

取得方法は大きく2つあり、二輪整備士の養成学校に通うか、実務経験を積みながら試験にチャレンジするかです。

学校に通うとなると、なかなか時間が取れない、という方も多いと思うので、はじめは実務経験を積み、試験にチャレンジするという方が現実的かもしれません。

オートバイ商を行う上での注意点

盗難車が出回りやすい?!

最も注意が必要なこととして、自動二輪車および原動機付自転車は盗難車が出回りやすいということです。

下の図を見てみてください。古物商全13品目のうち、不正品の申告件数が最も多いのが自動二輪車および原動機付自転車なのです!

機械工具類もなかなか多いですが、他の品目と比べると、圧倒的に不正品が多く出回っていることがわかります。

古物商による不正品申告件数(H28) グラフ

盗難車が出回りやすい4つの理由

  • 1つ目は、バイクは自動車よりも重量が軽く人力だけで盗めるという点。
  • 2つ目は、高価なカスタムパーツも簡単に取り外せるという点。
  • 3つ目は、高額売却がみこめる車両も多く、プロの窃盗団に狙われやすいという点。
  • 4つ目は、盗難自動車と比べ、国家レベルの対策が遅れているという点

です。

盗難自動車も少し前までは大変深刻な問題としてありました。

しかし、平成14年に警視庁、財務省など計16団体からなる「自動車盗難等の防止に関する官民合同プロジェクトチーム」が発足し、自動車盗難防止行動計画が策定されたことによって盗難車が激減しました。

自動車盗難防止行動計画」の具体的な内容としては、
盗難車が多い現状を世の中の人に周知するためのイベントや広告、
盗難対策の方法などを全国に普及するものでした。

こうした国家レベルの取り組みがなぜ自動車だけで行われたかというと、
いくつもの損害保険会社が団結し、プロジェクトを後押ししたからだと言われています。

自動車は任意保険の中に盗難された場合の保障が盛り込まれている場合が多く、盗難車が増えると保険会社の被害が増える、というわけです。

自動二輪車の場合は、盗難された場合の保障が盛り込まれていない場合も多いことや、もし保障があったとしても、自動車よりずっと低額なので、保険会社への影響もさほどない、ということです。

国家的な取り組みには、莫大なお金が必要になってきます。
ですから、複数の企業の強い後押しなどがないと、なかなか対策を講じることができないのです。

まとめて言うと、

盗みやすく、分解しやすく、売りやすい、かつ犯罪がバレにくい。

だから、原付や中型・大型バイクなどは不正品が出回る可能性が非常に高いのです。

オートバイ商をする場合には、古物商は管理者に不正品であるかどうかを判断する知識や技術、経験を会得させる努力義務がある

古物の法律(施行規則)では、古物商は、自動二輪又は原動付自転車を取り扱う営業所の管理者においては、不正品の疑いがある自動二輪、原動付自転車を見抜く能力を備えていることを求めています。

具体的には車体や車体番号などに改造や偽造があった場合にそれらを見抜く知識や技術があること、ない場合には身に着けさせる努力義務を課しているのです。

基本的には、オートバイ商の経験3年以上あると望ましいですが、経験がない場合は一般社団法人や財団法人などが行う講習を受講し経験に代わる知識を身に着けていきます。

オートバイ商に求められる古物台帳の記載とは?

オートバイ商として、不正品の売買に関わったりしたら大変なことです!!!

とはいえ、盗難届が出されている、かつそのままのナンバープレートがついているバイクならまだしも、バラバラに分解なんてされてたら、判断なんてできませんよね・・・。

そこで、オートバイ商には、古物台帳の記載がほとんどの場合で必要となってくるのです。

古物台帳とは、
ある特定の品目の売買、また一定額以上の取引がある場合に
取引相手の情報や取引した商品・金額を記録するもの
です。

簡単に言うと、盗品や不正品が出回ったときに、出どころがはっきりと分かるように、いつ、誰と、何を、どれくらいの金額で取引したかを記録する帳簿が古物台帳です。

自動二輪車および原動機付自転車は盗難車が非常に出回りやすいので、
バイク本体・部品類などあつかうほとんどの商品で、取引の金額にかかわらず帳簿の記載が必要となってきます。

ですから、オートバイ商を行おうと考えている方は、古物台帳の記載をマスターする必要があります

オートバイ商は周囲に嫌われる?!

もう一つ注意が必要なこととして、オートバイ商は周囲に嫌われる、ということです。

例えば、どこかに店舗を借りよう、と思ったとき、
オートバイ商だとわかると、空き店舗でも契約を渋られることがあります。

理由は盗難車が出回りやすいことにあります。

ご自身が店舗を貸す側になって考えてみてください。

貸した店舗で、常習的に盗難車が取引されていた、なんてことになったら、
その場所自体のイメージダウンに繋がりかねません。

また、バイク類は住宅街などでは特に、”騒音を出す乗り物”と認識されており、商売を始めたあとも、気苦労は多いかもしれません。

大手オートバイ商から学ぶビジネスモデル

バイク王

1つ目は、バイク王

バイク王は業界最大手の中古バイク買い取り、販売業者で、
他の中古バイク屋が買取価格を決める際の基準にするほど、非常に有名な企業です。

バイク王の成功のポイントは2点あります。

1点目は、無料査定や出張買い取りなどで、中古バイク売買のハードルを低くしたことです。

いつも汚れた作業服を着て、少し無愛想、という中古屋のイメージを、
スーツで接客し、また無料査定などのサービスを充実させることで払拭しました。

結果、お客さんを増やすことに成功し、店舗も増やしていけた、と考えられます。

2点目は、業者向けのバイク用品オークションをはじめたことです。

これにより、買い取ったバイクやバイク用品を効率的に売ることができるようになりました。

バイク本体を買い取って、売る、という行為だけではなかなか利益が出せないそうで、実は重要になってくるのが、パーツの売買なんだといいます。

つまり、バイク王は業者向けのオークションを主催することで、バイクのパーツを効率よく売り、収益を増やしていったということです。

周りの中古バイク業者からしても、足りないパーツだけを購入できる場、というのがそれまでなかなかなかったわけですから、まさに、WIN-WINのシステムというわけです。

バイク王のビジネスモデルから学べることは、

・中古バイク売買のハードルを低くするにはどのようなサービスをすればよいか考える

・バイク本体だけでなく、パーツ類も効率よく取引できる方法を考える

ということがいかに重要か、ということですね。

レッドバロン

2つ目は、レッドバロン

レッドバロンの成功のポイントは2点あります。

1点目は、店舗数と中古バイクの在庫数が非常に多いことです。

在庫数が多いので、購入したいバイクが具体的に決まっている方にとって、非常に好都合であり、希望のバイクが見つかりやすいのです。

また、店舗数が多いので、周囲に競合他社がいない地域では特に中古バイクの購入も買い取りもレッドバロンでしてもらいやすいのです。

2点目は、アフターケアにも力を入れていることです。

レッドバロンは任意保険に入ることができたり、購入者のみがロードサービスを受けることができるなど、初心者の方でも安心のサービスが充実しています。

レッドバロンのビジネスモデルから学べることは、

・在庫数を多く持つことで一定のお客さんを確保しやすい

・アフターケアに力を入れることで初心者などにも受け入れやすい

というところです。

バイクブロス

3つ目は、バイクブロス

バイクブロスは、中古バイクの売買に特化した会社ではなく、バイクに関わる様々な事業を展開している企業です。

バイク雑誌の出版なども行っています。

バイクブロスの成功のポイントは、いくつかの独立した販売店であつかう商品を一つのサイトにまとめることで、個人商店の中古バイク屋とお客さんとの架け橋になった点、です。

バイクブロスは、バイク王やレッドバロンのように、表立った店舗がありません。

また、バイクブロス本体が抱えている在庫数もほとんどありません。

しかし、全国のチェーン店でない中古バイク屋に商品情報を登録してもらい、仲介することで一定のバックをもらうというビジネスモデルです。

また、いくつかの業者に同時に買い取り査定してもらえる”無料一括査定”といったサービスを行い、利用者のニーズに答えています。

バイクブロスのビジネスモデルから学べることは、

・必ずしも在庫数が多くなくても、中古バイク売買の仲介をすることで収益を得られる

というところです。

アップガレージライダース

4つ目は、アップガレージライダース

アップガレージライダースの特徴は、フランチャイズ加盟店を募集しているところにあります。

アップガレージライダース、という看板を貸すことで利益を得ています

個人商店の中古バイク屋からしても、信頼感と安心感をお客さんにすぐに持ってもらえるチェーン店の看板というのは、ビジネスをする上で非常に価値のあるものです。

アップガレージライダースのビジネスモデルから学べることは、

・フランチャイズ加盟することで、大手でなくても安定した経営が見込める可能性がある

ということです。

ビジネスモデルのまとめ

最後に、大手オートバイ商のビジネスモデルから学べることをまとめておきます。

オートバイ商で成功するには・・・

  • 中古バイク売買のハードルを下げるためのサービスを考える
  • 収益率の高いパーツ類を効率よく売る方法を考える
  • 在庫数を多く持つことでお客さんのニーズに答えやすくする
  • アフターサービスを充実させて、安心を提供する
  • 個人商店の中古バイク屋とお客さんを仲介できるサービスを行う
  • フランチャイズ加盟することで、お客さんの信頼を得る

すべてを網羅するのはなかなか難しいとは思いますが、
6つの成功のポイントを参考にしながらご自身のビジネス展開を考えてみてください。

まとめ

オートバイ商は比較的簡単に、安い開業資金ではじめられる一方で、
注意しなければならないこともいくつかありました。

大手チェーン店が目立つ中古バイク業界ですが、6つの成功のポイントを頭に入れながら準備を進めていくと成功につながるかもしれません。

また、整備士の資格を取り、有償で修理を行うことで安定した収入を得ることもポイントです。

周囲に嫌われるオートバイ商、と言われますが、裏を返せば、周囲に好かれるオートバイ商になれれば、成功間違いなしではないでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)





必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。