生活保護を受けていても古物商許可を取れる?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

生活保護を受けていても古物商許可の取得は可能です。

古物商許可は、欠格要件に該当していなければ誰でも取得することが可能な資格です。

欠格要件というのは、古物商許可が取得できなくなる要件のことをいいます。

生活保護を受けている、又は現在受けていることは、欠格要件に該当しません

そのため、許可の取得が可能なのです。

今回は、生活保護を受けている人が、古物商許可を取得するときの注意点について説明をします。

生活保護を受けていても古物商許可の取得は可能です

ネットで中古家電の転売ビジネスを始めたいな~って思ってるんだ

いいじゃない。最近は中古品の転売ビジネスは人気で、商品知識さえあれば誰でも大きな利益を出すことが可能よ。
ただ、中古家電のような中古品(古物)の転売ビジネスをするためには、古物商許可っていう資格が必要になるわ

うん。古物商許可が必要っていうのは知ってるんだけど、ちょっと気がかりな事があって・・・

どんな事?

実は僕、最近まで病気で働くことができなくて、生活保護を受けているんだ。
そんな僕でも古物商許可って取得することができるのか知りたくて・・・

結論から言ってしまうと許可の取得は可能

そうなの?

古物商許可には、欠格要件というのがあって、この要件に該当しない人であれば誰でも許可の取得ができるの

欠格要件?

簡単にいうと古物商許可が取得できなくなる要件のことよ。
生活保護を受けていることは、欠格要件に当たらないわ
だから、生活保護を受けていても古物商許可を取得することは可能なのよ

そっか~

古物商許可は、欠格要件に該当しなければ原則として誰でも取得が可能な資格です。

欠格要件とは、古物商許可が取得できなくなる要件のことで、以下のようなものがあります。

  • 成年被後見人、被保佐人又は破産者で復権を得ないもの
  • 過去に犯罪歴のある人
  • 暴力団関係者
  • 未成年者
  • 住居不定者

現在生活保護を受けていることや、過去に生活保護を受けていたことなどは欠格要件に該当しません

そのため、生活保護の受給者であっても古物商許可の取得は可能なのです。

生活保護が受けられなくなる可能性

生活保護を受けていても古物商許可は取得できるんだね~

そうよ。
ただし、古物ビジネスを始めると生活保護が受けられなくなる可能性があるから注意が必要よ

え!そうなの?

そもそも生活保護という制度の目的は、資産や能力を全部使っても最低限度の生活を送れない人を保護して、自立させることにあるわ。
だから、働く能力のある人はまず働かなきゃいけないし、貯金などがある人はまず貯金を使わないといけないの
働いたり、貯金を使うことで普通の生活が送れると判断された場合、生活保護の支給はストップされる

なるほど~

生活保護の目的は、資産や能力を活用してもなお、生活に困っている人に対して、最低限度の生活を保障し自立を促進することにあります。

そのため、生活保護を受ける前提として、貯金がある人はまず貯金を使用し、働く能力のある人は働かなければなりません。

もし、古物ビジネスを始めた結果、ある程度の収益が発生した場合、生活保護は不要と判断され支給を止められる可能性があります。

古物ビジネスにはたくさんのチャンス

古物ビジネスは生活保護を受けている人・受けていた人に向いているビジネスモデルといえます。

以下では、その理由について説明をします。

低資金で始められる

まず、古物ビジネスの特徴の一つに低資金で始められるという点があるわ。
古物ビジネスは、メルカリやヤフオクなどのネットサービスを使えばスマホ1つで始められるの
それに、あまり大きな商品を扱わなければ在庫の管理費用もほとんどかからないわ

これまで生活保護を受けていて貯金がない僕らにとっては大きいメリットだね

古物ビジネスは他のビジネスと違い、低資金でスタートできるのが特徴です。

生活保護を受けている人は貯金が制限されているため、初期費用として使えるお金は限られています。

初期費用がほとんどかからない古物ビジネスは生活保護を受けている人にとって、魅力的なビジネスモデルといえるのです。

やり方次第で大きな利益も

古物ビジネスは、ネットサービスを使えば、やり方次第でいくらでも利益を出すことが可能

そうなの?

スマホの普及で、メルカリやヤフオクなどのネットサービスの利用者は年々増えているわ。
ということは、こぶ吉のお客さんになる可能性のある人がネットにたくさんいるってことなの
そのため、商品知識やアイディア次第で、大きな利益を出すことが可能なの

確かに、転売ビジネスですごい年収を稼いでいる人ってたくさんいるもんね

スマホの普及や、リサイクル意識の高まりなどの影響で、中古品の市場はどんどん大きくなっています

そのため、ネット上には潜在的な取引相手がたくさんいます

また、中古品は商品知識を活かして安く仕入れることができれば、高い利益率が期待できます

ネットを活用した古物ビジネスには、無限の可能性があるといえるでしょう。

許可の取得は行政書士に任せる

よ~し、僕も古物商許可を取って古物ビジネスをスタートするぞ

頑張ってね、応援するわ

でも、許可を取るって具体的に何をすればいいんだろう

そうね。自分で一つ一つ調べながら申請してもいいけど、もし、こぶ吉が早く簡単に許可を取りたいのであれば、専門家に代行を依頼するっていう手もあるわよ

自分で申請するのはダメなの?

ダメじゃないけど、古物商許可を取るための手続きって、とても複雑で難しいの。
古物商の知識がない一般の人が自分で申請をすると、何度もやり直しになって、たくさんの時間や手間が無駄になるのよ

そうなんだ~

特に生活保護を受けている人の場合は、専門家に任せるべきね

なんで?

許可を申請するとき略歴書っていう、履歴書のような書類が必要なんだけど、生活保護を受けている場合、その理由などについて警察官からいろいろ質問されることがあるの。
この質問に上手に答えることができないと、申請を受け付けてもらえず、手続きが全然進まなくなるのよ

それは大変だね~

古物商許可の申請手続きは、とても複雑で自分で申請すると必ずと言っていいほどミスが発生します。

申請書や必要書類にミスがあると申請は受け付けてもらえず、最初からやり直しになります。

また、申請には略歴書という履歴書のような書類が必要ですが、生活保護を受けていた場合、この略歴書について警察官から色々と質問されることがあります。

この質問に上手に対応できないと、申請が受け付けられず、許可が先延ばしになってしまいます

古物商許可の専門家である行政書士に依頼をすれば、警察との交渉も他の申請手続きもすべて丸投げで大丈夫です。

専門家ならではのノウハウを活かして最短で許可を取ることができます

もし、簡単に許可を取りたいのであれば専門家への依頼がベストといえます。

生活保護を受けていても古物商許可を取れる? まとめ

生活保護を受けていても古物商許可を取得することは可能です。

古物商許可には、欠格要件(許可が取得できなくなる要件のこと)があります

ですが、生活保護を受けていることは、欠格要件に当たりません

そのため、許可の取得が可能なのです。

ただし、古物ビジネスを始めると生活保護の支給がストップしてしまう可能性があります。

古物商許可の申請手続きは難しく、プロに任せるのが最も簡単な方法です。

効率よくスムーズに古物ビジネスを始めたいのであれば、専門家である行政書士に許可の取得を依頼しましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え




必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。