行商って何?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

『行商』を辞書で調べてみたけど、『家を一軒一軒訪ねて物を売ること』だって。

ん~、ひょっとして古物商許可にある行商って、意味が違うのかなぁ?

せど美の予想は正しいぞ。
古物商許可で言うところの行商は、
・催事場で古物を売買する
・古物市場で古物を売買する

など、他にも色々な営業形態をまとめて行商と呼んでいる。

そうなんだ!もっと詳しく教えて!

古物商許可で言うところの行商

『行商』とは本来、店を持たない商人が、家を一軒一軒訪ねたり、各地を巡ったりしながら、商品を売ることじゃ。今ではほぼ見かけないな。

時代劇で見たことがある!

日本では平安時代に盛んに行われていて、元々は、農業で採れた米や野菜と、漁業で獲れた魚介類の物々交換から始まったんじゃ。

ドクターはそんなことまで知ってるのね!

古物商許可を申請するとき、行商するか、しないかを選ぶことになっている。
古物商許可で言うところの行商とは、物を売り歩くこと以外にも、営業所以外で古物営業すること全般を指すんじゃ

どんな営業の仕方があるの?

古物の訪問販売や出張買取

これは本来の意味の行商に近い。
訪問販売は主に、自動車を扱う古物商の間でよく行われている営業形態じゃ。
中古車の訪問販売は一昔前だと、時代劇で見る行商のように飛び込み営業がよく行われていたが、最近では店舗に問い合わせがあったお客さんなどに、アポを取ってから訪問するのが一般的じゃな。

車は大きな買い物だから、飛び込みじゃ効率が悪そうだしね。

出張買取は多くのジャンルの古物商で行われている。
『BOOKーOFF』や『バイク王』が行うものが有名じゃな。
古物商許可は都道府県単位の許可じゃが、行商に関しては全国どこでも行うことができるんじゃ。
北海道で許可を受けた者が、沖縄で出張買取することも可能じゃ。

仮設店舗を設置して古物を売買

仮設店舗とは、デパートの催事場や、イベント会場などに設置した期間限定の店舗のことじゃ。仮設店舗で営業することも、古物商許可では行商という。

これも行商なのね。

今まで仮設店舗での営業は、古物の販売しか行うことができず、買い取りはできなかったんじゃが、2018年10月24日から法改正によって、買い取りもできるようになった。

それはありがたいね~。

この法改正には、もう一つありがたいことがあって、今までは古物商許可を受けた都道府県にしか、仮設店舗を設置できなかったが、改正してからは全国どの都道府県にも仮設店舗を設置できるようになったんじゃ。

ますます便利になったのね!

営業所の設置は今まで通り、古物商許可を受けた都道府県でしか行えないから、営業所の全国展開はまだまだハードルが高い。
仮設店舗営業を利用すれば、期間限定ではあるが全国展開を簡単に行うことができるぞ!

2020年4月1日からは営業所の全国展開も容易に

施行はまだですが、『許可単位の見直し』も2018年の法改正で決定しています。
これが施行されると、営業所の設置も、一つの古物商許可で全国どこでも行うことができるようになります。
施行日は、2020年の4月1日です。

古物市場で古物を売買

古物市場とは、古物商許可を持っている者だけが参加を許される取引場のことじゃ。
古物市場の売買に参加することも、古物商許可では行商という

プロ同士の特別な場所なんだね。

そうじゃ。イメージとしては市場のせりのような感じじゃが、最近では初心者でも参加しやすい、和やかな雰囲気の古物市場も多くなっているぞ。

特別な場所だということは、何かいいことがありそう!

プロが集まるから商品が大量に集まるし、値段も一般向けより安いんじゃ。
安定した仕入れ先にもなるし、在庫処分にも使えるぞ。

本来、行商とは、店舗を持たずに商品を売り歩く商売方法のことを言いますが、古物商許可ではそれ以外に、

  • 訪問販売や出張買取
  • 仮設店舗による営業
  • 古物市場での古物売買

なども、行商に含まれます。
これらの営業方法は、古物ビジネスで活用するとメリットが多く、デメリットは特に無いので、行商はおすすめの営業形態です。

行商するときの注意点

行商は古物商にとってメリットが多いことが、よく分かっただろう。
行商する場合には注意点もいくつかあるから、それについても解説しよう。

『行商する』で申請する

古物商許可を申請するとき、やり方を間違うと、許可を取得しても行商はできないということになりかねないぞ。

それは大変だ!

古物商許可の申請書には、行商を『する』か『しない』か◯をつける欄があって、『しない』で申請して許可を取得すると、行商することができないんじゃ
古物商許可での『行商』の意味を知らずに、「物を売り歩いたりはしないから、”行商しない”でいいや」と、うっかり申請してしまうことも考えられるから注意しよう。

この記事を読んだら、間違えることはないわね。

もし、間違えて『行商しない』で許可を取得しても、届出をすれば後から『行商する』に変更することもできるぞ。
その際は、『書換申請・変更届出申請書』という書類に必要事項を書いて警察署に提出すれば、提出したその日から変更が適用される。手数料は1500円じゃ。

出張買取の場所は、相手方の住所または居所に限定される

先の章で、出張買取は全国どこでもできると伝えたが、注意点がある。
都道府県というくくりで考えれば“どこでも”なのじゃが、“場所”に制限があるんじゃ。
古物の買い取りができる場所は、営業所と、相手方の住所・居所だけと決められている。
つまり、出張買取をするときの場所は、買取相手の住むところに限定されているわけじゃな。

北海道で許可を受けた者が、沖縄で出張買取ができる。
けど、沖縄ならどこでもいいわけではなく、相手方の住むところでしかダメってことね。

ちなみに居所とは、(いどころ)とも読めるが、法律用語では(きょしょ)と読み、正式な住所ではないが普段住んでいる場所のことを言う。
例えば、住民票の住所は東京だが、単身赴任などで一時的に大阪に住んでいる場合などは、大阪の単身赴任先が居所と認められる。

先の章でも触れたが、仮設店舗営業で買い取りができるようになったので、仮設店舗であれば、届出をすればどこでも買い取りができるぞ。
どこでもとは言ったが、もちろん、届出が認められればの話じゃよ。

行商するときは、古物商許可証もしくは行商従業者証を携帯する

行商するときは古物商許可証を携帯するように義務づけられているんじゃ。
そして、行商先で相手に許可証を見せるよう求められたら、必ず見せなくてはならない。

ふむふむ。

実は、店舗の従業員でも行商を行うことができる。
その従業員が古物商許可を取得していなくてもじゃ。

えっ!?その場合はどうやって行商するの?

従業員には許可証の代わりに、行商従業者証というものを携帯させる。
行商従業者証はどうやって手に入れるかというと、決められた様式があって、様式を満たしていれば自分で作成しても、業者に作成してもらっても構わないんじゃ。

行商従業者証の様式について、詳しくは「行商従業者証とは?どのような時に必要?」に書いてあるぞ。

行商する際の注意点がいくつかあります。

古物商許可申請の際、『行商しない』で申請してしまうと、許可を取得しても行商は行なえません。
もし、誤って『行商しない』で許可を取得しても、書換申請を行えば『行商する』への変更が可能です。

古物の買い取りの場所は、営業所と、相手方の住所・居所に限定されています。
ですので、出張買取を行う際は、相手方の住所・居所で行わなくてはなりません。
2018年の法改正で仮設店舗営業での買い取りが可能になったので、仮設店舗であれば、どこでも買い取りが可能です。

行商する際には、古物商許可証もしくは行商従業者証を携帯する義務があります。
行商従業者証とは、古物商許可を取得していない従業員などが行商を行う際に、古物商許可証の代わりに携帯させるものです。
行商先で相手方から提示を求められたら、提示しなければなりません。

中古品は誰かが使用したものだから、実際に手に取って商品を選びたいという者は多いだろう。
インターネットが盛んになった今、行商は古くさいかもしれん。
じゃが、高額な商品を扱うときなどは、行商はもしかしたら効果的な営業スタイルかもしれんぞ。

行商って何? まとめ

本来、行商とは、店を持たずに商品を売り歩く商売のことです。

古物商許可の行商には、訪問販売出張買取仮設店舗営業や、古物市場での古物の売買など営業所以外で古物営業すること全般を指します。

古物商許可の申請書には、『行商する』か『行商しない』を選択する欄があります。
行商にはメリットが多く、デメリットは特に無いので、ほとんどの古物商が『行商する』で申請し、許可を取得しています。

もし、『行商しない』で許可を取得しても、書換申請を行えば『行商する』への変更が可能です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問にはご回答は致しかねます。
よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。