古物商の申請書はどこにありますか?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

古物商許可の申請書は、警察署の窓口か、警察のホームページから入手することが可能です。

古物商許可の申請書は、都道府県ごとに様式が異なる場合があります。

そのため、自分の住んでいる場所ではなく、主たる営業所の所在地を管轄している警察署で入手するようにしましょう。

今回は、古物商許可の申請書を入手する方法や、注意点について説明します。

古物商許可の申請書を入手する2つの方法

メルカリで、古物の転売ビジネスを始めようと思うんだ。

いいと思うわ。でも、その前にちゃんと古物商許可を取得しなきゃね。

わかってるよ。でも、古物商許可の申請書ってどこでもらえるんだろう?

古物商許可の申請書は、「警察の窓口」か「警察のホームページ」から入手することができるわ。どちらも無料よ。

わかったよ。じゃあ近所の警察署へ取りに行ってくるね~。

ちょっと待って!
古物商許可の申請書は、主たる営業所の所在地を管轄する警察署に取りに行かなきゃだめよ。

主たる営業所って何?

「営業所」は取引の拠点となる場所。古物商許可の申請では、営業所を届け出なければならないの。
営業所がいくつかある場合は、営業の中心となるところが、「主たる営業所」ね。
営業所が1ヶ所だけなら、そこが「主たる営業所」よ。
古物商許可は、主たる営業所の所在地を管轄する警察署で申請するのよ。

申請書なんてどこでもらっても同じじゃないの?

古物商許可の申請書は、都道府県ごとに様式が違う場合があるのよ。
だから、他の警察署でもらった申請書だと受け付けてもらえない可能性もあるの。

そうなんだ~。

古物商許可を申請するには、まず申請書を手に入れなければなりません。

古物商許可の申請書を手に入れる方法は、次の2つの方法があります。

  • 警察署の窓口で入手する
  • 警察のホームページからダウンロードする

注意すべきなのは、主たる営業所の所在地を管轄する警察署で入手することです。

古物商許可の申請は、主たる営業所の所在地を管轄する警察署で行います。

そして、古物商許可の申請書は、都道府県ごとに様式が異なる場合があります。

例えば、大阪の警察署で入手した申請書を使って、東京の警察署で申請をした場合、申請を受け付けてもらえない可能性があります。

そのため、申請書は必ず、主たる営業所の所在地を管轄する警察署で入手するようにしましょう。

では、実際に申請書を入手する際の注意点について解説します。

警察署へ書類を取りに行く方法

じゃぁ、主たる営業所の所在地を管轄する警察署に、申請書を取りに行ってくるね。

ちょっと待って!担当の警察官にアポはとってる?

とってないよ。アポが必要なの?

警察署にもよるけど、古物商許可を担当している警察官はそんなに多くないの。
担当者が不在だったり、別の仕事で忙しい場合は、無駄足に終わってしまうこともあるのよ。
だから、事前のアポは必須。

わかったよ~。
他にも注意することはあるかな?

窓口でいろいろ説明を受けると思うけど、古物商許可の申請手続きはとっても複雑だから、メモを忘れないこと。
あとは、申請書を書き間違えたときのために、予備の用紙ももらっておくといいわ。

わかった。じゃぁ、まずは担当者のアポをとるよ。

古物商許可の申請書は、警察署の窓口で入手することが可能です。

古物商許可の手続きは、一般的に、警察署の生活安全課が行います。

警察署の規模にもよりますが、古物商の担当者はあまり多くありません。

そのため、突然訪問しても、担当者が忙しくて対応してもらえないこともあります。

必ず、事前に電話でアポをとってから訪問するようにしましょう。

また、申請書を受け取る際に、担当者から、必要書類や、申請書の記載内容についての説明を受けます。

古物商許可の申請手続きは、一般の方にとってはとても複雑で分かりにくいので、メモをとることをおすすめします。

また、申請書の押印箇所や、必要書類の数などは、都道府県ごとに異なる場合があるため、特に確認が必要です。

記載ミスが起きた場合に備えて、申請書は複数もらっておきましょう。

インターネットから入手する方法

警察署に取りに行くのは緊張するから、インターネットでダウンロードしようかな。

申請をする都道府県警察のホームページだから、間違えないようにね。

都道府県ごとに様式が違う場合があるんだよね。

そうよ。

ダウンロードできたんだけど、これってパソコンで入力してもいいの?
それとも、手書きで書かなきゃだめなのかな?

手書きに限定する決まりはないから、パソコンで入力しても大丈夫よ。
ただし、捺印を忘れないでね。

わかったよ。

古物商の申請書は、警察のホームページからダウンロードすることが可能です。

このとき、申請をする都道府県警察のホームページからダウンロードするようにしましょう。

古物商許可の申請書は、都道府県ごとに様式が異なる場合があるからです。

ダウンロードした申請書は、手書きでなければならないという決まりはないので、パソコンで入力しても大丈夫です。

多くの場合、PDF版ですが、一部ではWord版も用意されています。

Wordや、PDF編集ソフトをお持ちの場合は、パソコンで申請書を作成することが可能です。

パソコンで申請書を作成する場合、捺印が必要な書類には、捺印を忘れないように注意しましょう。

専門家に代行を依頼しよう

申請書は手に入ったんだけど、これからどうしたらいいか全然わかんなくなっちゃった…

そうね。古物商許可の申請手続きはとっても複雑なの。
自分で申請しても、なかなか受け付けてもらえず、何度もやり直しになってしまうケースがほとんどなの。

どうしたらいいんだぁ~!

専門家に相談すべきね。

専門家~?

古物商許可を専門に扱っている行政書士のことよ。
行政書士に許可の代行を依頼すれば、面倒な申請手続きを全部やってくれるわ。

でも、高そうだなぁ…

行政書士に古物商許可の代行を依頼した場合、報酬の相場は4万円前後ね。
自分で申請した場合の労力と、代行費用、どっちがお得かじっくり考えてみることね。

わかった~。

古物商許可の申請手続きは、とても複雑です。

一般人が自分で申請した場合、なかなか申請が受け付けてもらえず、平均で3~6回やり直しになると言われています。

やり直しの度に必要書類を集め直し、申請書を書き直すというのは、精神的にも、肉体的にもとても大きな負担となります。

古物商許可を効率良く取得したいという方は、古物商許可の専門家である行政書士に、代行依頼することをおすすめします。

行政書士に代行を依頼した場合、何もしなくても、最短で許可取得が可能です。

気になる方は、行政書士に相談をしてみましょう。

古物商の申請書はどこにありますか? まとめ

古物商許可の申請書は、「警察署の窓口」または「警察のホームページ」で入手することが可能です。

申請書は、主たる営業所の所在地を管轄する警察署で入手するようにしましょう。

古物商許可の申請書は、都道府県ごとに様式が異なる場合があるためです。

警察署の窓口で申請書を受け取る場合は、担当者が不在の場合もあるため、事前にアポをとっておきましょう。

ネットで申請書をダウンロードした場合は、パソコンで作成することも可能です。

古物商許可の申請はとても複雑なので、自分で申請すると思わぬ労力と時間がかかります。

効率よくスムーズに古物商許可を取得したいという方は、行政書士などの専門家に代行を依頼すべきです。

ネットで無料の相談を受け付けている行政書士もいるので、一度チェックすることをおすすめします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問にはご回答は致しかねます。
※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。