古物商許可はどこでもらえますか?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

古物商許可は警察署(公安委員会)でもらえます。

古物商許可を管理しているのは、各都道府県の警察署(公安委員会)だからです。

古物商許可を取得するには、警察の審査を通らなければならず、審査には最低でも2か月以上必要です。

古物商許可を取得して転売ビジネスを始めようと思っている方は、なるべく早めに申請するようにしましょう。

古物商許可って警察でもらえるんだ、なんか意外だな~。古物商許可って名前はよく聞くけど、どんな許可でどうすればもらえるのか、あまりよく知らないんだよね

そこで今回は、古物商許可について、どこでどうやってもらえるのか等、基本的な内容について解説したいと思います

古物商許可は警察署(公安委員会)でもらえます

古物商許可は営業所を管轄する警察署(公安委員会)でもらうことができます。

古物商許可を管理しているのは、各都道府県の警察署(公安委員会)だからです。

最近、古物商許可を取って中古品の転売ビジネスでお金を稼ぐ人が増えています。

在宅勤務が増える中、ネットで簡単にお金を稼ぐことができる転売ビジネスに人気が集まっているのです。

皆さんの中にも、古物商許可を使った転売ビジネスに興味のある方がいるのではないでしょうか?

ただ、古物商許可という名前は知っていても、どこでもらえるのか、どうやって取得するのか?などあまり詳しくは知らないという方が多いと思います。

まず、古物商許可を管理しているのは、各都道府県ごとの警察署(公安委員会)です。

そのため、古物商許可は警察署(公安委員会)でもらうことができます。

公安委員会って警察のことなの?

厳密にはちょっと違うけど、この場合はほぼ同じと考えて大丈夫よ

公安委員会というのは、警察の運営を管理する組織のことをいいます。

公安委員会では、古物商の許可の他にも、風俗営業の許可や、運転免許証の発行、デモによる道路使用の許可などを管理しています。

じゃあ、古物商許可が欲しい場合は、警察署に言ったらすぐもらえるの?

そういうわけじゃないわ。ちゃんと審査があるの

古物商許可を取得するには公安委員会の審査を通らなければなりません

古物商許可は都道府県を管轄する警察署(公安委員会)でもらうことができます。

ただし、警察署に行って申請をすれば誰でも簡単にもらえるというわけではありません。

古物商許可を取得するには、公安委員会の審査を通らなければならないのです。

審査って一体どんなことを審査するの?

公安委員会での審査は、主に営業所欠格要件について行われます。

営業所とは、古物商の営業活動の中心となる場所のことです。

古物商の営業所は、賃貸アパートや自宅などでも構いませんが、営業所としての実態がなければなりません。

そのため、最近流行りのレンタルオフィスやバーチャルオフィス等の場合、営業所として認められない可能性があるので注意が必要です。

欠格要件とは、古物商許可が取得できなくなる要件のことをいいます。

例えば、

  • 過去に犯罪歴のある人
  • 暴力団関係者
  • 住居不定者
  • 破産手続開始の決定を受けて復権を得ない者

などが古物商の欠格要件に該当します。

ごくまれに、過去の犯罪歴などを隠して古物商許可を取得しようとする人がいます。

ですが、先ほどもお伝えした通り、古物商許可を管理するのは警察です。

犯罪歴などを隠しても絶対にバレるので、必ず正直に申請をしましょう。

古物商許可の審査ってすぐ終わる?

いいえ。しっかりと審査するから、最低でも2か月以上はかかるわ

古物商許可の審査には2か月以上かかります

古物商許可を取得するには、管轄の警察署(公安委員会)に申請をして、審査を受けなければなりません。

警察の審査は、最短でも2か月間はかかります。

そのため、古物商許可を取得するには、どんなに早くても2か月以上かかるということに注意しましょう。

例えば、すぐに許可が下りると見込んで、テナントなどを契約してしまったとします。

すると、最低でも2か月分は賃料が無駄になってしまう可能性があるのです。

また、2か月間というのは、あくまで古物商許可を取得するのに最低必要になる期間です。

きちんと書類が用意できなかったり、申請に不備があると、その期間はもっと長くなります

ですから、古物商許可の申請は、なるべく早めに準備をしておくことが重要です。

中には、半年以上経ってもまだ許可が下りないという人もいるみたいね

え~!最短で許可を取るにはどうすればいいのかなぁ?

それは、行政書士に依頼するのが一番ね

古物商許可の取得は行政書士に任せた方がよいワケ

古物商許可は、管轄の警察署に行けば誰でも申請することが可能です。

ですが、これから古物商許可を取得しようという方には、行政書士に依頼して取得する方法をおすすめします。

どうして~?

その方が楽して簡単に、しかも最短で古物商許可を取得できるからよ

古物商許可の申請手続きは「複雑」「難しい」と言われることがあります。

それは、古物商許可には都道府県ごとのローカルルールがあるからです。

これまでにお伝えしたとおり、古物商許可を管理しているのは各都道府県の公安委員会です。

古物商許可の申請ルールについても、都道府県ごとに違う場合があるのです。

例えば、東京都で古物商許可を取得するときに必要とされる書類が、神奈川県ではいらないと言われたりするケースがあります。

そのため、インターネットで必要な書類を調べて準備しても、自分の都道府県のルールに合っていないと申請が通らない可能性があります。

これが、古物商許可の申請は複雑で難しいといわれる理由です。

また、警察の書類チェックはとても厳しいので、1か所でもミスがあると申請は受け付けてもらえず、手続きはやり直しになってしまいます。

上でも説明したとおり、古物商許可を取得するには最短でも2か月かかります。

書類ミスを繰り返すと、その期間はさらに伸びてしまいます。

人によっては、1年近く許可が下りないというケースもあるようです。

警察の古物商許可の窓口は平日にしか開いていないから、場合によっては何日も会社を休むことになるわね

う~ん、これがネットで「古物商許可の取得は大変だ」って言われている理由かぁ

その点、行政書士に依頼をすれば、書類の準備や警察官との交渉など基本的な手続きは全て代わりに行ってくれます。

さらに、行政書士は書類作成のプロなので、任せれば最短で古物商許可を取得してくれます。

もし、効率的に古物商許可の取得を目指すのであれば、行政書士に依頼をするべきです。

古物商許可はどこでもらえますか? まとめ

古物商許可は警察署(公安委員会)でもらえます。

ただし、申請をすれば誰でももらえるというわけではありません。

公安委員会によって、営業所や欠格要件などの審査があり、それを通った人だけが古物商許可を取得することができます。

審査には2か月以上の期間が必要ですが、書類不備などがあると、許可が下りるまでもっと長い期間かかります。

もし、効率的に最短で許可が欲しいという人は、行政書士という古物商許可の専門家がいるので代行を依頼するとよいでしょう。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。