開業届と古物商許可取得はどちらを先にすべきですか?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

開業届と古物商許可の取得は全く別の手続きです。

そのため、法律上はどちらを先にしてもかまいません

ただし、効率よくビジネスをスタートさせたいのであれば、古物商許可の取得を先にすることをおすすめします。

古物商許可の取得は、開業届と比べて申請に時間がかかる上、複雑で面倒な手続きだからです。

今回は、開業届と古物商許可の関係について説明をします。

古物商許可を先に取得しましょう

これからリサイクルショップを開業しようと思うんだ

いいと思うわ。エコ意識の高まりから中古品市場も賑わってるみたいだし。
ただ、リサイクル品のような古物を売買するためには古物商の許可が必要

もちろん知ってるよ。だから、古物商の許可を取得しようと思うんだけど、開業届とどっちを先にするべきかな?

どういうこと?

開業届をしてからじゃないと、古物商許可って受け付けてもらえないんじゃないかと思って・・・

それは違うわ
古物商許可と開業届は全く別の制度なの。
だから、どっちを先に申請しても法律上は問題ないの

そうなんだ

ただ、こぶ吉がスムーズにリサイクルショップをオープンさせたいのであれば、古物商許可を先に申請することをおすすめするわ

どうして?

古物商許可の申請は時間がかかる上に、手続きがとっても面倒なの。
逆に開業届は誰でも簡単にできるし、申請書を持っていけばすぐに受け付けてもらえるわ。
だから、面倒な古物商許可を確実に取得して、後に開業届を出す方が効率的よ

なるほどね。わかったよ

開業届と古物商許可取得は全く別の手続きのため、法律上は、どちらを先にしても問題ありません。

ですが、古物ビジネスを効率よくスムーズに始めるためには、先に古物商許可の申請をすることをおすすめします。

古物商許可は取得するまで最短で40日かかる上に、申請手続きは複雑でとても面倒なものです。

これに対して、開業届は開業日や屋号を届け出るだけの簡単な手続きです。

そのため、開業届はそれほど前もって準備をしておく必要がないのです。

また、古物商許可が下りる前に古物取引を行った場合、古物営業法違反(3年以上の懲役または100万円以下の罰金)として逮捕される可能性があります。

開業届は開業から1ヶ月以内に提出することになっていますが、遅れたとしても罰則規定の適用はありません。

安全に古物ビジネスをスタートさせるためには、罰則規定のある古物商許可の方を先にしっかりと取得しておく必要があるといえます。

古物商許可は難しく、自分で申請するとミスが多くなり余計に時間がかかってしまいます。

効率よくビジネスをスタートさせたいのであれば、古物商許可を専門に扱っている行政書士に相談することをおすすめします。

開業届と古物商許可は全く別の制度です

古物取引の個人事業をスタートさせるためには、開業届と古物商許可を申請しなければなりません。

開業届と古物商許可は全く別の制度です。

そのため、古物ビジネスをスタートさせるためには、どちらの手続きを先にしても問題ありません。

以下では、それぞれの内容について説明をします。

開業届は税務署に出す

開業届とは個人事業の開始を税務署に申告することをいいます。

「これから個人でビジネスを始めますよ」ということを税務署に宣言するのです。

開業届は個人事業をスタートさせてから1ヶ月以内に税務署に提出しなければなりません

ただし、古物商許可の場合と違い、提出が遅れたとしても罰則規定はありません

開業届には、開業日や屋号などを記載する必要がありますが、記入方法にルールはなく自由に記入することができます

開業届を提出する際、青色申告申請書を同時に提出すると、節税効果の高い青色申告で確定申告ができるようになります。

提出する際、古物商許可のような審査もないので、誰でも簡単に手続をすることができます

古物商許可は警察署に申請する

古物商許可とは、中古品などの古物の取引をする場合に必要となる資格です。

古物商許可なく、古物の取引をした場合、古物営業法違反(3年以下の懲役または100万円以下の罰金)として逮捕・処罰されてしまう可能性があります。

申請手続きは、営業所を管轄する警察署の窓口で行います。

手続きには、たくさんの書類が必要となり、開業届に比べてとても複雑です。

許可が下りるまでに、警察の審査が必要なため、最短でも40日以上かかります

一般の方が自分で申請した場合、必ずといっていいほど申請にミスが発生し、その度にやり直しになってしまいます。

そのため、40日で許可が下りることはほとんどなく、場合によっては半年近くかかるケースもあります。

古物商許可の専門家である行政書士に代行を頼むと、最短で効率よく許可を取得してくれるのでおすすめです。

難しい古物商許可の取得は専門家を活用しよう

開業届は簡単だから自分で出来そうだけど、古物商許可はなんだか難しそうだな~

そうね。開業届に厳しいルールはないから誰でも簡単に手続きできるわ。
でも、古物商許可は手続きがとっても複雑なの。
法律に詳しくない人が自分で申請をすると、何回もやり直しになったりして、たくさんの時間が掛かってしまうの

えええ~。早くリサイクルショップをオープンさせたいんだけど、どうすればいいんだろう

そういう場合は、古物商の専門家を頼るべきね

専門家~?

古物商許可を専門に扱っている行政書士のことよ。
行政書士に代行を依頼すると、最短で許可を取得してくれるわ。
しかも、必要な手続きは全部やってくれるから、こぶ吉は何にもしなくてOKよ。
だから、面倒くさがり屋のこぶ吉にはとってもおすすめなの

わかった、是非お願いしてみるよ

古物ビジネスを個人でスタートするには、開業届と古物商許可の取得が必要です。

開業届は審査などもなく誰でも簡単に提出することができます。

古物商許可は、開業届とは違い、許可が下りるまでに40日以上の審査期間が必要なうえ、手続がとても複雑です。

自分で申請した場合、なかなか申請が受け付けてもらえず、その度にやり直しになってしまいます。

ルールも厳しく、誤った方法で許可を取得した場合、あとから取り消しになってしまう可能性もあります。

そこで、古物ビジネスをスタートさせる場合、開業届は自分で提出し、古物商許可は専門家に代行を依頼することがおすすめです。

専門家とは、古物商を専門に扱っている行政書士のことをいいます。

行政書士に代行を依頼した場合、面倒な書類集めや申請書の作成など、すべて代わりにやってくれるうえに、最短で許可を取得することができます

代行を依頼した場合、報酬として4万円前後が必要ですが、自分で申請した場合の労力と比べるとそれ以上の価値があるといえます。

メールや電話だけでなく、最近ではLINEで無料相談を受け付けている行政書士もいるので、気になる方はチェックすることをおすすめします。

開業届と古物商許可取得はどちらを先にすべきですか? まとめ

開業届と古物商許可取得はどちらを先に取得しても問題ありません。

それぞれ別の法律に基づく別の制度だからです。

ただし、効率よくビジネスをスタートさせたいのであれば、古物商許可を先に取得することをおすすめします。

開業届は、簡単で誰でも提出することができますが、古物商許可は複雑なうえ審査に40日以上が必要です。

複雑で時間のかかる古物商許可を先に取得し、あとから開業届を提出した方が効率的といえます。

古物商許可の手続きは難しく、自分で申請するとミスが多発しなかなか手続きが先に進みません。

安全に許可を取得したいのであれば、古物商許可の専門家である行政書士に代行を依頼しましょう。

メールやLINEで無料相談を受け付けている行政書士もいるようなので、利用することをおすす

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。