転売で一番やってはいけない失敗

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

転売で一番やってはいけない失敗は「無許可営業」です。

無許可営業とは、古物商許可を取らないで中古品の転売ビジネスをすることをいいます。

無許可営業をすると警察に逮捕され、重い罰則を受けることになります。

古物商とか名前はよく聞くけど、いったいどんな許可なのかよく知らないや

今回は、古物商許可や無許可営業について詳しく説明するわ

転売で一番やってはいけない失敗は無許可営業です

転売をするうえで最もやってはいけない失敗があります。

それは、古物商許可を取得せずに転売ビジネスをしてしまうことです。

これを「無許可営業」といいます。

なぜ、無許可営業が一番やってはいけない失敗なのでしょうか?

それは、無許可営業にはとても大きなリスクがあるからです。

無許可営業をすると古物営業法違反として警察に逮捕されます。

逮捕されると「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」というとても重い罰則が科せられます。

また、処罰後5年間は古物ビジネスを営むことができないというペナルティも受けることとなります。

このように、無許可営業のリスクはとても大きいので、転売をするうえで最も気を付けなければなりません。

無許可営業に気を付けるって具体的に何をどう気を付ければいいの?

まずは、どういう場合に古物商許可が必要か、しっかり理解しておくことが重要ね

古物商許可はどんな場合に必要?

古物商許可という名前をご存知でしょうか?

古物商許可とは中古品の転売ビジネスをするときに必要となる資格のことです。

そして、古物商許可なく転売ビジネスをすることを「無許可営業」といいます。

無許可営業は、転売で一番やってはならない失敗の1つです。

この失敗をしないために、どんな場合に古物商許可が必要かよく理解しておきましょう。

重要なポイントは、

  • 転売をする商品が中古品かどうか
  • 転売ビジネスに当たるかどうか

という2点です。

それぞれ詳しく説明をします。

古物商許可は中古品の転売に必要です

古物商許可は中古品(古物)を転売する場合に必要となる資格です。

ですから、お店で購入した新品の商品を転売する場合、古物商許可は必要ありません。

ただ、注意が必要なのは、新品・未使用の商品でも一度個人が取引したものは中古品(古物)として扱われるということです。

どういうこと?

例えば、お店で新品の洋服をこぶ吉が購入したとします。

この洋服は新品ですが、こぶ吉という個人が取引したものなので、法律上は中古品(古物)として扱われます。

そのため、この洋服をこぶ吉から仕入れて転売する場合は、新品・未使用のままでも古物商許可が必要なのです。

ネットで商品を仕入れる場合は特に注意が必要よ

なんで~?

ネット上では、誰でも簡単にショップのアカウントを作ることが可能です。

そのため、アカウントがショップになっていても、運営しているのが個人というケースが珍しくありません。

先ほども説明したとおり、個人から仕入れる場合は、新品でも古物商許可が必要です。

ですから、ネットで仕入れをする場合は、相手が個人か企業か特に注意する必要があるのです。

古物商許可を取っちゃえば、相手が個人でも企業でも関係なく取引できるんだよね

そうね。だから安心して転売を楽しみたいのであれば、古物商許可を取得する方がおすすめよ

古物商許可は転売ビジネスに必要です

古物商許可が必要なのは、中古品の転売ビジネスをする場合です。

ここでいう転売ビジネスとは、中古品を転売する目的で仕入れることをいいます。

例えば、

  • ブックオフで古本を安く仕入れてヤフオクで転売する
  • 中古家電をメルカリで仕入れてリサイクルショップで転売する
  • Amazonで仕入れた古着をメルカリで転売する

これらのケースは、すべて転売ビジネスにあたるため古物商許可が必要です。

逆に、転売ビジネスにあたらない場合は、古物商許可は必要ありません。

例えば、

  • 自分で愛用してきた洋服をネットで転売する
  • 友人から無料でもらった中古家電を転売する
  • 引越しにともない不用品をリサイクル業者に買い取ってもらう

これらのケースでは、転売目的の仕入れといえる行為がないため、古物商許可は必要ないのです。

もし、自分の取引が転売ビジネスにあたるかどうか分からないという人は、警察署か行政書士に相談するといいわ

無許可営業をする人が急増中

転売で一番やってはいけない失敗が無許可営業です。

無許可営業はとてもリスクが大きく、絶対にやるべきではありません。

ですが、最近その無許可営業を始める人が増えています。

どうして、無許可営業が増えているの?

無許可営業が増えている大きな理由の1つに、転売ビジネスの人気の高まりがあります。

最近は、メルカリやヤフオクなどのアプリが普及し、誰でも簡単に転売ビジネスでお金を稼ぐことができるようになりました。

皆さんも、「転売ヤー」や「せどり」などといった言葉を聞いたことがあるかと思います。

気軽に簡単に始められるようになったため、ついつい無許可で転売ビジネスをしてしまう人が後を絶たないのです。

中には、「警察にバレなきゃいい」と考えている人もいるようですが、無許可営業はいつか必ずバレます。

なぜなら、古物商許可を管理しているのは警察だからです。

日本の警察は優秀なので、始めてすぐはバレなくても、近い将来必ずバレて逮捕されてしまいます。

逮捕された場合の罰則は重く「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」です。

さらに、5年間は古物ビジネスをすることができないというペナルティも受けます。

安心して転売を楽しむためにも古物商許可は必ず取得しましょう。

古物商許可の取得は行政書士に任せましょう

古物商許可の取得は行政書士の代行サービスを利用するのがおすすめです。

なぜなら、古物商許可の申請手続きはとても面倒だからです。

申請にはたくさんの書類が必要で、ミスが1つでもあると受け付けてもらえません。

自分でやるとたくさんの時間や手間が必要で、大きな精神的ストレスになるでしょう。

行政書士に依頼をすれば、専門家があなたの代わりに最短で許可を取ってくれます。

依頼者は、面倒な手続きをぜんぶ丸投げできるので、とても便利なのです。

どんな行政書士に依頼をすればいいのかな?

大事なのは、古物商許可を専門に扱っている行政書士にすることね。他の分野で仕事をしている行政書士では充分な対応ができない可能性があるわ

転売で一番やってはいけない失敗 まとめ

転売で一番やってはいけない失敗は、無許可営業です。

ここでいう無許可営業とは、古物商許可を取得しないまま中古品の転売ビジネスをすることです。

無許可営業をすると、古物営業法違反として警察に逮捕されます。

そして、「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」という重い罰則が科せられます。

最近、転売ビジネスが人気になるにつれ、無許可営業をする人が急増しています。

ですが、無許可営業のリスクはとても大きく、絶対にやるべきではありません。

転売でお金儲けがしたいのであれば、事前に必ず古物商許可を取得しましょう。

古物商許可の申請は、自分でやるととても大変なので、専門家である行政書士を利用することをおすすめします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問にはご回答は致しかねます。
よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。