【古物商許可の取得】ヤフオクで営業する場合、URLの届出はなにを書けばいいの?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

ヤフオクを使って、古物の取引をしている古物商も多いでしょう。

自分のインターネットサイトで古物の取引をする場合、URL届出が必要です。

ヤフオクで古物の取引をしているなら、URL届出には、自分のヤフオク!ストアのURLを書きます

ヤフオクで古物商の営業をしていても、URL届出が必要ないケースもあるぞ

URL届出が必要なケースと必要ないケース

ヤフオクに出品して、古物の取引をする場合、URL届出が必要なケースと、必要ないケースがあります。

ヤフオクに商品を1品ずつ出品して、古物商の営業をする場合、URL届出は必要ありません

1品ずつ出品する場合とは、一般ユーザーと同じ使い方をすることじゃ。

ヤフオクの出品方法はそれだけではありません。

『ヤフオク!ストア』に出店するという方法もあります。

ヤフオク!ストアとは、一般ユーザーとちがって、お店としてヤフオクの中で取引しているユーザーのことです。

ヤフオクが大型商業施設だとして、そこに出店しているお店がヤフオク!ストアだとイメージするとよい。

菜々緒さんのCMでおなじみの『ブランディア』などが、ヤフオク!ストアとして有名です。

ヤフオク!ストアに出店して古物商の営業をする場合、URL届出が必要です

ヤフオク!ストアで営業する場合、ストアのURLを届け出る

ヤフオク!ストアに出店して古物商の営業をする場合、URL届出が必要です

では、URL届出には、具体的に何を書けばいいのでしょうか。

ヤフオクのURLを書くんじゃないぞ。

ヤフオク!ストアに登録すると、一般ユーザーが使うYahoo! JAPAN IDではなく、ビジネスIDというものが発行されます。

そして、お店固有のURLを使えるようになります。

お店固有のURLにはビジネスIDの文字列がふくまれています。

https://auctions.yahoo.co.jp/seller/ビジネスID

このURLを、URL届出に書きます。

URL届出には証明書類が必要

URL届出には、届出用紙だけでなく、URLの使用権限を証明する書類が必要です

URLを使う権利が自分にあることを証明する書類という意味じゃ。

URLの使用権限を書類で証明するには、いくつか方法があります。

まず、プロバイダからのお知らせの書類じゃ。

URLを得るとプロバイダから、登録が済んだことを知らせる書類が届きます。

登録者名、ドメイン、プロバイダ名が確認できる書類であれば、どんな名称の書類でもかまいません。

ヤフオク!ストアに登録したときに、そのような書類は送られてこない。でも、その代わりとなるようなお知らせがある。

ヤフオク!ストアに登録すると、ヤフオクから、

  • 出店審査完了の報告
  • 契約内容の確認
  • Yahoo! JAPAN ビジネスIDの発行

の3点のお知らせがメールで届きます。

このメール画面をプリントアウトしたものでも、URLの使用権限を証明する書類として使うことができます

この書類が、届け出る警察署では証明書類に認められるのか。念のため、事前に確認しておくのがいいだろう。

ヤフオク!ストアの登録完了メールは、削除せずに保存しておきましょう。

そして、もう一つの方法がドメイン検索じゃ。

ドメインを取得するサービスを行っているサイトでは、ドメイン検索や、WHOIS検索といった、ドメインの登録者を検索できるサービスがあります。

この機能で、自分の古物商サイトを検索した画面をプリントアウトしたものを、URLの使用権限を証明する書類として使うことができます。

だが、しかし!ヤフオク!ストアのURLは、この方法では証明できない

ヤフオク!ストアの場合、独自ドメインはないので、この方法でURLの使用権限を証明することはできません。

URL届出を出したあと、やらなければならないこと

URL届出を出したら、やらなければならないことがあります。

自分の古物商サイトのトップページに、必要事項をのせるんじゃ。

URL届出で届け出たサイトのトップページに、のせておかないといけないことが3点あります。

古物商許可を受けている人(会社)の氏名(名称)
個人の許可ならフルネーム、法人の許可なら正式名称です。
お店の屋号や、サイト名ではいけません。
漢字やローマ字の表記も正式名称通りに書きます。
古物商許可を受けている公安委員会
東京都に営業所があるなら、『東京都公安委員会』と書きます。
12ケタの古物商許可番号
古い許可証だと、許可番号が4ケタしかのっていないことがあります。
許可を申請した警察署で12ケタを確認することができます。

ヤフオク!ストアの場合、自分のストアのトップページの左上に『ストア情報』というリンクがあります。

そのリンク先のページに、上の3点の必要事項をのせます。

ヤフオク!ストアではなく、独自に古物商サイトを作る場合は、必要事項の表示方法に決まりがあるぞ。

必要事項の表示方法は2通りあります。
共通している決まりは、必ず、トップページにのせなければならないということです。

直接のせる
必要事項を直接、古物商サイトのトップページにのせる方法です。
トップページであれば、どの位置でもOKです。
ページの一番上や、一番下など、端にのせるのが一般的です。
リンクをのせる
必要事項をのせたページへのリンクを、古物商サイトのトップページにのせる方法です。
トップページに『古物営業法に基づく表示』などとリンクをのせて、クリックすると、必要事項をのせたページにとぶようにします。
直接のせる方法より、サイトのデザインをスッキリさせることができます。

URL届出が済んだら、警察のチェックを受ける

URL届出が済んで、自分の古物商サイトに必要事項をのせたら、警察がサイトをチェックします。

必要事項がちゃんと古物商サイトにのっていることを確認できたら、公安委員会のホームページに古物商の名前と、古物商サイトのURLがのせられます。

確認がとれるまで、通常、1ヶ月ぐらいかかるぞ。

東京都だけの手続きがある

東京都だけ、URL届出を出したあとの流れが異なります

URL届出が済むと、警察署受理番号という、数字とアルファベット4ケタの番号が与えられます。

古物商サイトに必要事項をのせたら、東京都公安委員会のホームページにアクセスします。

そこで、『古物商URL届出一覧』というページに進んで、入力フォームに以下の必要事項を入力します。

  • 警察署受理番号
  • 古物商許可番号(12ケタ)
  • 古物商許可証を受けている人(会社)の氏名(名称)
  • 届け出た古物商サイトのURL

入力したら送信して、手続き完了です。

URL届出を難しいと感じたら行政書士に相談

URL届出は、古物商サイトを開設してから2週間以内に出さないといけません。

もし、手続きが難しいと感じたら、行政書士に相談してみよう。

古物商許可を取るときに、行政書士にお世話になったという方も多いと思います。

行政書士は、古物商許可の申請だけでなく、URL届出などの、こまごまとした手続きも代わりに行ってくれます

ヤフオク!ストアに出店するメリット

ヤフオク!ストアに出店することは、いろんなメリットがあるぞ。

ヤフオク!ストアに出店すると、一般ユーザーには受けられない、ストアならではのサービスを受けることができます。

ストアだと、たくさんの取引をするので、一つ一つに対応するのは物理的に難しいです。

ヤフオク!ストアでは、出品や注文の受付を自動で行ってくれるサービスを受けることができます。

他にも、ストアの利用者にメールマガジンを配信できるサービスなど、古物商の営業にメリットのあるサービスを無料で受けることができます。

ヤフオク!ストアに出店する条件

ヤフオク!ストアに出店するには条件があります。

以下の条件のどちらかを満たしていないと、ヤフオク!ストアに出店することはできません

  • 過去1年間で、実店舗かインターネット販売で、おおむね年1000万円以上、もしくは、おおむね月100万円以上の売上があること
  • 1ヶ月あたりの出品数が200点以上、または、一時点において100点以上の出品予定があること

結構、ハードルは高いぞ。

ヤフオク!ストアは、個人事業主でも出店することができます。

個人の古物商の方が満たすには、難しい条件ではありますが、出店する価値は高いでしょう。

【古物商許可の取得】ヤフオクで営業する場合、URLの届出はなにを書けばいいの? まとめ

ヤフオクに、ヤフオク!ストアを出店して営業する場合、URL届出には、自分のストアのURLを書きます

ヤフオク!ストアを出店せず、商品を1品ずつ出品する場合、URL届出は必要ありません

URL届出を出したら、自分のストアの『ストア情報』のページに必要事項をのせます。

URL届出は、ヤフオク!ストアを出店してから2週間以内に出さないといけません。

手続きが難しいと感じたら、行政書士に相談するといいでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え




必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。