少しの転売なら古物商許可なしでもバレないって本当?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

少しでも、古物商許可なしで転売をすると警察にバレる可能性があります。

中古品の転売ビジネスをするのであれば、必ず事前に古物商許可を取得するようにしましょう。

でも、ネットの掲示板で少しの転売ならバレないって書いてあったんだけどなぁ

ネットの掲示板が正しいとは限らないわ。というより、古物商許可についてネットの情報が間違っていることが多いから注意が必要よ

少しの転売なら古物商許可なしでもバレないというのは間違いです

中古品の転売ビジネスをするには、古物商許可という資格が必要です。

もし、中古品の転売でお金を稼ぐのであれば、必ず取得してきましょう。

ただ、ネットの掲示板などを見ると

少しの転売なら古物商許可なしでもバレない

といった書き込みを目にすることがあります。

皆さんの中にも、同じようなことを考えている人がいるかもしれません。

ですが、これは間違いです。

少しだけならバレないなんてことはありません。

古物商許可の目的は「盗品の流通防止」「盗品の早期発見」にあります。

少しの転売でも、盗品が流通する可能性がある以上、警察にバレて逮捕される可能性が十分にあるのです。

もし、古物商許可なしの転売が警察にバレた場合、逮捕されて重い処罰を受けることとなります。

無許可での転売は絶対にしないようにしましょう。

具体的にどういう場合に警察にバレるの?

じゃあ、無許可営業が警察にバレる主なケースをいくつか紹介するわね

古物商許可なしの転売が警察にバレる主なケース

少しの転売なら古物商許可なしでも警察にバレないという情報は間違いです。

少しでも古物商許可なしで転売すれば、警察にバレて逮捕される可能性は十分にあります。

無許可営業が警察にバレる主なケースとしては、

  • 警察による窃盗事件の捜査でバレてしまうケース
  • 第三者が通報してバレるケース

などがあります。

警察による窃盗事件の捜査でバレてしまうケース

例えば、転売した商品の中に盗品が混ざっていたとします。

盗まれた人が警察に被害届を出すと、警察はその盗品が誰に盗まれて、それが誰に売られたのか、今どこにあるのかなど、徹底的に捜査をします。

その捜査の過程に、古物商許可なしで転売している人がいた場合、無許可営業として逮捕されてしまうのです。

そのため、少しの転売しかしていなくても、その中に盗品が混ざっている可能性がある限り、警察にバレる可能性があるのです。

ネットで仕入れる場合、商品の出どころが分からないから特に心配だね

第三者が通報してバレるケース

取引相手や第三者が通報して警察にバレるというケースもあります。

例えば、取引でクレームなどのトラブルなどが発生した場合、取引相手が腹いせで警察に通報し、無許可営業が警察にバレてしまうことがあります。

また最近は、古物商許可なしで転売している人を第三者が積極的に見つけて警察に通報するというケースがネットを中心に増えています。

このように、取引の量とは関係なく、警察に無許可営業がバレてしまう可能性があるのです。

色んな理由で警察にバレちゃうんだね

そうね。だから少ししか転売していないからといって決して安心はできないの

そもそも、なんで中古品を転売するのに許可なんて必要なの?

中古品の転売に古物商許可が必要とされる理由

中古品の転売には古物商許可が必要です。

では、なぜ中古品を転売するのに許可が必要なんでしょうか?

中古品の転売に古物商許可が必要とされる理由は、「盗品の流通防止」「盗品の早期発見」にあるとされています。

どういうことかといいますと、泥棒は盗品を誰かに売ってお金に換えるのが一般的です。

そこで、転売を許可制にした上で、警察が管理をすることで、泥棒が盗品の取引相手を見つけられないようにしているのです。

また、古物商には取引内容を記録して保管する義務があります。

そのため万が一、盗品が流通してしまった場合でも、警察が古物商のつけた記録をたどれば、すぐに盗品を発見できるのです。

ネットの掲示板の情報は間違いが多いので注意しましょう

ネットの掲示板などに「少しの転売なら古物商許可なしでもバレない」という書き込みがありますが、これは間違いです。

少しの転売でも、警察にバレて逮捕される可能性は十分にあるので注意しましょう。

他にも、ネットの掲示板では

  • 取引金額が小さい場合は警察にバレない
  • 法人じゃなければ転売をするのに古物商許可はいらない
  • メルカリはフリマアプリだから古物商許可はなくても大丈夫

などの古物商許可に関する書き込みを目にすることがあります。

ですが、これらの情報はすべて間違いです。

古物商許可は中古品の転売ビジネスをするときに必要となる資格です。

取引金額や個人か法人かなどは一切関係がありません。

そして、上でも説明したとおり、古物商許可がバレる主なきっかけは、警察の盗品捜査です。

そのため、取引金額が小さければバレないということもありません。

これらの間違った情報を簡単に信用してしまうと、取り返しがつかないことになりかねません。

古物商許可について気になるときは、このサイトのような専門家が監修しているサイトで調べるか、警察や行政書士などの専門家に相談するようにしましょう。

ただ、何といっても一番安全なのは、古物商許可を取得してしまうことよ。そうすれば警察を気にすることなく自由に転売で稼ぐことができるわ

じゃあ僕も古物商許可を取ってみようかな~。古物商許可って簡単に取れるものかな?

正直言うと、古物商許可の取得はかなり面倒だわ。でも行政書士の代行サービスを利用すれば誰でも簡単に取得チャンスがあるから安心してね。

古物商許可を簡単に取得する方法

中古品の転売ビジネスをするには古物商許可が必要です。

少しの転売しかしないという人も、古物商許可なしで転売をすると警察にバレる可能性があるので必ず取得しましょう。

ただ、古物商許可の申請手続きには、たくさんの公的な書類が必要になります。

また、警察の書類チェックも厳しく、1か所でもミスがあると申請はやり直しとなってしまいます。

そのため、古物商許可の申請手続きは自分でやるとかなり面倒で、時間もたくさん必要です。

もし、簡単に効率よく古物商許可を取得したいのであれば、行政書士に依頼をしましょう。

行政書士に依頼をすれば、基本的な手続きはすべて代行してくれるので、とても簡単に許可を取ることができます。

また、行政書士は書類作成のプロなので、申請手続きにも無駄がなく、最短で許可を取ることが可能です。

行政書士によっては、許可取得後もビジネス開始までのアドバイスなどをしてくれるので、きっと心強いパートナーになってくれるはずです。

これから古物商許可の取得をしようと考えている方は、行政書士の代行も併せて検討しましょう。

少しの転売なら古物商許可なしでもバレないって本当? まとめ

「少しの転売なら古物商許可なしでもバレない」というのは間違いです。

少ししか転売しない場合でも、警察にバレる可能性は十分にあります。

もし、無許可営業がバレると、古物営業法違反(3年以下の懲役または100万円以下の罰金)として警察に逮捕されます。

中古品の転売でお金を稼ぐのであれば、古物商許可は必ず取得しましょう。

古物商許可の申請手続きは、一般の方にとっては、かなり面倒なので、場合によっては行政書士に依頼することをおすすめします。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。