アディダスの転売に古物商許可は必要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

中古のアディダスを仕入れて転売する場合、古物商許可が必要です。

新品のアディダスを仕入れて転売する場合は、古物商許可は不要です。

世界中で人気のスポーツメーカー、アディダス(adidas)は、転売ビジネスでもよく扱われている商品です。

アディダスの転売に古物商許可が必要かどうかは、仕入れるアディダスが中古品か新品かによって決まります。

古着屋さんでレア物のアディダスを安く買えたよ。これは転売したら儲かるね。

古物商許可は取ってあるの?許可がなかったら法律違反になるわよ。

アディダスの転売と古物商許可の関係について、詳しく解説しましょう。

中古のアディダスの転売には古物商許可が必要

中古のアディダスを仕入れて転売する場合、古物商許可が必要です。

古物商許可とは、中古品の転売ビジネスをするときに必要な許可です。

転売ビジネスとは、物を仕入れてきて、それを転売することで差額で儲けることです。

中古品を仕入れて転売ビジネスを行う場合、古物商許可がないと法律違反になってしまいます。

副業として始める人が増えている「せどり」をする場合も、中古品を扱うのなら古物商許可を取らないといけません。

そのため、中古のアディダスを仕入れて転売するには、古物商許可が必要ということになります。

せっかくレアなアディダスの古着を仕入れたのになぁ。許可がないと転売できないのか~。

転売目的で仕入れるだけでも法律違反だから気をつけてね。

中古品を無許可で仕入れるだけでも法律違反

古物商許可は、中古品の転売ビジネスをするときに必要な許可だと先述しましたが、正確に言うと、転売ビジネスのために中古品を仕入れるときに必要な許可です。

なので、古物商許可がない場合、転売するために中古品を仕入れるだけでも法律違反となります。

えぇーっ!僕、捕まっちゃうの!?

転売するために中古品を仕入れることを、無許可で行うのは法律違反ですので、絶対にやめましょう。

罰せられると大変よ~。

中古品を無許可で仕入れたときの罰則

古物商許可を取らずに、転売するために中古品を仕入れると、罰則を受ける可能性があります。

罰則は、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方です。

げっ!そんなに重いとは!

中古のアディダスを転売したかったら、必ず、古物商許可を取りましょう。

コレクションしてたスニーカーもあるんだけど、やっぱり許可がないと転売できないの?

自分でコレクションしてたものなら許可はいらないわ。

不要になったアディダス製品の転売に古物商許可は不要

不要品を転売するときに古物商許可は不要です。

不要品とは、例えば次のようなものです。

  • 自分でコレクションしていたアディダスのスニーカー
  • 自分で着ていたアディダスの服
  • タダでもらったアディダス製品

これらのような物は、転売するときに古物商許可は不要です。

誰でも古着屋に洋服を売りに行けるでしょ。

たしかに、不要品の転売は、みんな許可なんか取らずにやってるね。

あと、新品を仕入れるときも許可はいらないわ。

新品を仕入れて転売するときは古物商許可は不要

新品の商品を仕入れて転売する場合、古物商許可は不要です。

法律で規制されているのは、”中古品”を仕入れて転売することであって、新品は規制されていません。

なので、新品のアディダスであれば、古物商許可を取らずに転売のために仕入れても、法律違反にはなりません。

そうなんだ!じゃぁ、これからは新品のアディダスを仕入れよう~。

新品の判断の仕方には気をつけてね。

「一般的な新品」と「法律上の新品」は違う

一般的に考える新品と、古物営業法上(古物商許可に関する法律)の新品は、ニュアンスが異なります。

古物商許可を取らずに仕入れて転売できるのは、古物営業法上での新品です。

一般的に新品だと考えられる物でも、古物営業法では中古品とみなされることがあるので、新品、中古品の判断は注意が必要です。

どんな風に違うの?

例えば、アディダスのショップで買われたスニーカーが、未使用の状態でヤフオク!に出品されているとします。

このスニーカーは、一般的には新品だと考えるでしょうが、古物営業法では中古品とみなされます。

未使用なのに!?なんで!

古物商許可の法律には、次のような規定があります。

取引されている物は、未使用、未開封であっても中古品とみなす

例のスニーカーは、ヤフオク!に出品される前に、出品者がアディダスのショップから買ったものです。

つまり、スニーカーは、出品者とショップによって取引されたものです。

なので、法律の規定によって、未使用であろうと中古品とみなされるのです。

そのため、例のスニーカーを、転売するために仕入れる(落札する)とき、古物商許可を取っていないと法律違反となってしまいます。

新品のアディダスの転売は、古物商許可がなくてもすぐに始めることができますが、新品の判断には気をつけといけないということです。

古物営業法ではそんな風になってるのか~。

新品を仕入れたかったら、個人からは仕入れないことね。

新品は個人からは仕入れられない

(古物営業法上の)新品は、お店から直接買うことでしか手に入りません。

(古物営業法上の)新品のアディダスを仕入れたければ、アディダスのショップや、その他のお店、公式のオンラインショップなどで仕入れましょう。

ネットオークションで個人が販売している新品のアディダスだと、古物営業法上は中古品とみなされてしまいます。

フリマアプリに出品されている新品のアディダスも同じです。

そっか~。

Amazonなど、お店も個人も出品しているオンラインモールでは、お店からであれば(古物営業法上の)新品を仕入れることができます。

ただ、オンラインモールでは、個人でもお店のような屋号で運営していることが多いので、お店か個人かの見分けがつきにくいです。

なので、オンラインモールも(古物営業法上の)新品を仕入れるのには適していません。

そっか~。新品だけ狙って仕入れるのって難しいんだなぁ…

難しいことを考えるくらいなら、古物商許可を取ってしまえばいいのよ。

アディダスの転売をするなら古物商許可を取った方がいい

アディダスの転売を始めるなら、古物商許可を取るのがオススメです。

古物商許可を取っていないと、転売のために中古のアディダスを仕入れたら、法律違反になってしまいます。

そのため、新品のアディダスにしぼって仕入れる必要があり、仕入れられる商品の幅がせばまってしまいます。

古物商許可を取れば、中古のアディダスでも新品のアディダスでも、どちらも転売のために仕入れることができます。

仕入れられる商品の幅が広がるので、アディダスの転売を始めるなら古物商許可を取った方がいいのです。

これは、アディダスの転売に限らず、転売ビジネス全般に言えることです。

たしかにそうだね!

また、中古のアディダスを転売する方が、新品のアディダスを転売するよりも稼ぎやすいので、その点でも古物商許可を取った方がいいと言えます。

中古のアディダスは安く仕入れられるので、転売するときに利益を上乗せしやすいです。

一方、新品のアディダスは基本的に定価で仕入れることになるので、定価より高い価格で転売しないと稼げません。

アディダスに限らず、定価より高い商品を買いたいと思う人はいないでしょうから、売りさばけずに値下げすることになり、結果、赤字になってしまうこともあるでしょう。

ただ、希少価値の高いアディダスであれば、定価より高い価格で取引される例もたくさんあります。

ですが、そのようなアディダスは、希少価値が高いだけあって簡単に仕入れることはできません。

新品のアディダスの転売は一発当てるとデカいけど、なかなか続かなそうだね~。

古物商許可を取れば、中古品、新品をいいとこ取りできるじゃない。

古物商許可を取れば、普段は、中古のアディダスの転売で着実に稼ぎながら、レア物の新品のアディダスを仕入れられたときには、ボーナスを稼ぐことができます。

おぉ~!中古品と新品を組み合わせると最高のビジネスになるね!僕、古物商許可を取るよ!

じゃぁ、取り方も教えてあげる。

古物商許可の取り方

警察署に書類を持って行き、窓口で申請をして、警察の審査に通ると、古物商許可をもらえます。

書類を提出するだけなので簡単な手続きなのですが、書類を用意する作業が結構大変です。

えっ!?そうなの!

申請書類は種類が多い上に、申請する人によって必要な書類が異なります。

そのため、自分に必要な書類を調べないと、書類のリストアップができません。

簡単に調べられればいいのですが、内容が複雑なので、書類の知識がないとリストアップするだけでも大変です。

また、申請書類には役所でもらう書類などもあるため、リストアップした書類を用意する作業にも手間がかかります。

苦労して書類を用意できても、警察署で足りない書類を指摘されることも珍しくありません。

足りない書類があれば申請はできず、出直すことになってしまいます。

これは面倒くさそうだ…

でも大丈夫!行政書士っていう専門家がいるの。

行政書士に頼めば簡単

古物商許可の申請書類は、行政書士に頼むと簡単に用意できます。

行政書士とは、古物商許可など許認可の申請書類を用意してくれる専門家です。

行政書士は、すべての書類を代わりに用意してくれるので、こちらは特に何もせずに待っているだけでOKです。

行政書士は、古物商許可の申請に精通しているので、確実に許可が取れるように、依頼人の状況に応じたサポートをしてくれます。

許可を取りたくてもどうすればいいか分からなかったら、行政書士がオススメよ。

うん、行政書士にお願いしてみる!じゃあ、お礼にアディダスの転売の豆知識を教えるよ。

アディダスの転売に関する豆知識

3本ラインのロゴマークでお馴染みのアディダス(adidas)は、ドイツ生まれのスポーツ用品メーカーです。

アディダスのアパレルは世界中で人気で、特にスニーカーは高値で売買されています。

アディダスの転売に役立つ情報を紹介しましょう。

スニーカーを仕入れるならコラボモデル

アディダスの転売といえばスニーカーです。

アディダスのスニーカー市場は、強敵のNIKE(ナイキ)に押されて最近は落ち込み気味ではありますが、希少価値の高いものは、まだまだ高値で取引されています。

アディダスのスニーカーを転売したかったら、プレミア価格で売れるスニーカーを見極めないといけません。

アディダスのスニーカーの中でも特にプレミア価格がつきやすい商品は、コラボレーションモデルです。

他のブランドとか、アーティストとコラボしたモデルだよ。

へぇ~!そんなスニーカーもあるんだ~。

アディダスはこれまで、Supreme(シュプリーム)、BEAMS(ビームス)などのブランドとの、コラボモデルスニーカーを発売しています。

また、カニエ・ウェストファレル・ウィリアムスといった歌手や、ファッションデザイナーのジェレミー・スコットとのコラボモデルスニーカーなども発売しています。

こういったコラボモデルのスニーカーは、入手経路が限られているのでプレミア価格がつきやすいです。

10万円以上で取引されることも珍しくありません。

スニーカーが10万円だなんて!信じられな~い!

スニーカーはサイズも大事

アディダスのスニーカーを仕入れるときは、売れ筋のサイズを仕入れましょう。

たとえ人気のスニーカーでも、需要が少ないサイズはあまり売れません。

スニーカーを仕入れるときは、日本人の平均的な足のサイズに近いものを仕入れるのがベストです。

平均的なサイズってどれくらいなの?

男性の足のサイズは26cm前後が多いので、スニーカーを仕入れるときは、25.5cm~27.5cmの商品を仕入れると売れやすいです。

レディースのスニーカーを仕入れるときは、23.0cm~24.0cmの商品を仕入れると売れやすいです。

アディダスのロゴはいろいろある

みなさんはアディダスと聞くと、どんなロゴマークを思い浮かべるでしょうか?

葉っぱが3つ並んでるみたいなマークでしょ。

斜めの3本線が、三角みたいに並んでるやつも見たことない?

あっ!言われてみれば、それも見たことある!

これは、どちらかがニセモノというわけではなく、どちらもれっきとしたアディダスのロゴマークです。

葉っぱのようなロゴは、アディダスオリジナルスロゴといって、1972年から使われ始めたロゴです。

「トレフォイル」って呼び方もあるんだよ~。

現在のトレフォイルは、真ん中の2本のラインがつながっていますが、はじめはバラバラになっていました。

トレフォイルの2本のラインはは、80年代には1本だけつながったデザインになり、80年代後半に現在の形になりました。

アディダスの古着を仕入れていて形の違うトレフォイルを見つけたとき、ニセモノだと勘違いして切り捨ててはいけません。

形の違うトレフォイルは、少なくとも30年以上前のものなので、むしろビンテージとして価値が高いものである可能性があるのです。

知らなかったらニセモノだと思っちゃいそう!

三角状のロゴは、アディダススポーツパフォーマンスロゴといって、1991年から使われているロゴです。

スポーツパフォーマンスロゴは、スポーツをするときの機能性に特化した商品につけられるロゴです。

現在、トレフォイルの方はファッション性を意識した商品にだけ使われていて、スポーツウェアとファッションウェアでロゴを使い分けています。

そうだったのね!

「ワールドマーク」っていうのもあるんだよ~。

アディダスには、60年代後半のわずかな時期にだけ使われていた、ワールドマークと呼ばれるロゴもあります

楕円形の地球儀のようなマークで、ワールドマークもトレフォイルのように、デザインが微妙に異なったものがいくつかあります。

楕円の地球儀?一見、アディダスのロゴには見えないわね!

ワールドマークのアディダスは希少価値が高いので、マニアにはたまらないビンテージ品です。

転売すると高値で売れる可能性があるので、覚えておきましょう。

アディダスの転売に古物商許可は必要? まとめ

中古のアディダスを仕入れて転売するには、古物商許可が必要です。

古物商許可とは、転売のために中古品を仕入れるときに必要な許可です。

古物商許可を取らずに、転売のために中古のアディダスを仕入れると、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方を科せられる可能性があります。

新品のアディダスを仕入れて転売する場合は、古物商許可は不要です。

古物商許可は、行政書士に頼むと簡単に取ることができます。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。