古物商許可は使わないと取り消されちゃうの?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

古物商許可に有効期限は無く、一度取得すればずっと使用することが可能です。

ですが、許可取得後6か月以上営業をしていない場合や、何らかの事情により6か月以上休業した場合許可の取り消し対象となります。

古物商を辞める場合には許可証を返納しなければならず、返納義務を怠った場合は罰金が科せられる可能性があります。

今回は、古物商をしばらく休む場合の注意点などについて説明をします。

一定期間使わないと許可の取消対象になります

古物商の許可って使わないとどうなっちゃうんだろう?

どうしたの突然?

前に古物営業をやっていたんだけど、最近は本業が忙しくて古物商許可を全然使ってないんだよ。
このまま使わず放っておいても大丈夫かな?

古物商の許可は一定期間使わないと取り消される可能性があるわよ

ええぇ!そうなの?

古物営業法によると、古物商許可の取得後6か月以上営業を開始していない場合や、途中で営業を6か月以上休んだ場合には、取消の対象になるとされているわ

せっかく大変な思いをして許可を取得したのに、取消されるのは嫌だなぁ。
本業が落ち着いたら古物営業を再開させるつもりだし・・・
どうすればいいんだろ

そうね。一番良いのは古物取引を再開することだけど、それが難しそうだったら、何か営業活動といえるようなことをやってみたら?

古物の売買はしなくてもいいの?

6か月以上営業をしていないっていうのは、営業活動を全くやっていないことをいうの。
だから販売実績がなくても、広告を作ったり、販売サイトの更新などをしていれば営業をしていたということになって、取消対象ではなくなるわ

わかった。とりあえずホームページの更新でもしてみるよ

古物商許可には有効期限がなく、営業活動を続けていれば生涯有効な資格です。

ですが、古物商許可は一定期間使わないと取り消される可能性があります。

具体的には、古物商許可を取得した後、6か月以上経っても営業を開始しない場合、または6か月以上古物営業を休止した場合に、取消対象となります。

「営業を開始しない場合」や「営業を休止した場合」とは全く営業活動を行っていないことをいいます。

そのため、直接の取引がなくても、広告作成や販売サイトの更新などの営業活動を随時行っていれば取消対象とはなりません

今後、古物取引を再開する予定がある人は、何らかの営業活動を続けて、許可が取り消されることを防ぎましょう。

「とりあえず許可だけとっておこう」は危険

許可をとってもちゃんと営業しないと取り消されちゃうんだね

そうね。特に多いのが、具体的な古物取引の予定もないのに『とりあえず許可だけとっておこう』という軽い気持ちで許可を取得する人ね。
そういう人は、計画性がないから、せっかく許可を取得してもなかなか営業をスタートできず、そのまま許可取消になってしまう可能性があるわ。

取消された場合って、申請費用は戻ってくるの?

もちろん戻ってこないわよ

うわ、もったいないね

そうね。だからそうならないために、しっかり計画性や目的をもって許可を取得することね。
古物商許可を申請するとき、警察から古物営業の計画性や目的について疑いを持たれると申請を受け付けてもらえないことだってあるから注意してね

古物商許可の取得後、6か月以内に営業を開始しない場合、許可が取り消される可能性があります。

「便利そうだからとりあえず許可だけとっておくか」という軽い気持ちで許可を取得した場合、許可が取り消され、時間やお金を無駄にする可能性があります。

古物商許可を取得する場合は、古物営業についてしっかりとした目的を持ち、計画性をもって取得をしましょう。

取消制度は何のため?

そもそも、なんで営業をしないと許可が取り消されるの?

それは、古物商許可に有効期限がないことと関係があるの

どういうこと?

古物商許可には有効期限や更新制度がないの。
だから、古物営業はしていないけど許可だけ持っているっていう人が増え続けているの
そうなると、警察が古物取引を管理・把握することができなくなってしまうおそれがあるわ

なるほど。そもそも古物営業法の目的は、警察が古物の流通を管理して、盗品が入り込むのを防いだり、盗品を早期発見することにあったんだよね

そうなの。だから警察がしっかりと古物取引を管理するため、営業をしていない人の許可は取り消すことができるようにしているのよ

なるほどね

古物商許可は有効期限がなく、一度取得すると生涯有効な資格です。

そのため、古物営業をしていない有資格者が増え続け、適正な古物取引が確保できなくなる可能性があります。

そうならないために、古物営業法は、一定期間営業をしていない古物商の許可を取り消すことができるようにしているのです

簡易取り消し制度の新設

営業活動さえ続けていれば、古物商許可が取り消されることはないよね

あとは、2018年(平成30年)に新しく作られた簡易取消制度にも注意が必要よ

それってどんな制度なの?

古物商の所在が分からない場合に、官報でその旨を公告して、30日以内に申出がなければ許可を取り消すことができるっていう制度よ

営業をしていない場合は6か月だったのに、所在が分からない場合は30日って短すぎない?

そうね。それだけ実体のない古物商の増加が問題になってるってことね

簡易取消しされないためにはどうすればいいんだろ

引っ越しをしたり、営業所を移転した場合にはすぐに変更届など必要な手続きをとることね。
この手続きを取らなかった場合、ちゃんと営業を続けていても許可が取り消される可能性があるわ。
うっかりしてた場合や仕事が忙しかった場合でも言い訳は一切通用しないから注意してね

でも、本当に仕事が忙しくって変更届を出すことができない場合もあるんじゃないかなぁ?

そういう場合は、古物商許可の専門家である行政書士の先生に代行を依頼するべきね。
専門家に依頼すれば、きちんと期間内に手続はすべて終わらせてくれるから、許可が取り消されるリスクもぐっと減るわよ

2018年10月24日の古物営業法改正により、簡易取消制度が新設されました。

古物商やその営業所の所在が不明な場合、公安委員会がその旨を官報で公告し、30日以内の申出がなければ許可を取り消すことができるという制度です。

この制度により、引っ越しなどがあった場合、すぐに変更届を出さないと許可が取り消される可能性があります。

忙しくて変更の手続きができないという人は、専門家を活用しましょう。

行政書士など専門家に代行を依頼すれば、期間内にすべての手続きを行ってくれるので、許可が取り消される心配もありません。

古物商許可は使わないと取り消されちゃうの? まとめ

古物商許可は有効期間や更新制度はなく、一度取得すれば生涯有効な資格です。

ですが、許可取得後、6か月以内に営業を開始しない場合や、6か月以上営業を休止した場合には許可の取消対象となります。

営業をしていないとは、全く営業活動をしていない場合のことをいい、広告作成や販売サイトの更新などを行っている場合は含まれません。

また、2018年に簡易取消制度が新設され、古物商や営業所の所在が不明な場合、公告後30日で許可が取り消される可能性があります。

簡易取消の対象とならないために、古物商や営業所の住所に変更が生じた場合はすぐに変更手続をとるようにしましょう。

古物商許可が取り消されると、許可の取得にかけたお金や時間が無駄になってしまいます。

少しでも気になる方は、専門家である行政書士に相談するなどして、許可が取り消されないように対策をしましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)





必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。