Amazonの転売に古物商許可は必要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

Amazonの転売には古物商許可が必要な場合があります。

それは、Amazonで中古品の転売ビジネスをするときです。

無許可で転売をすると警察に逮捕されたり、Amazonのアカウントが停止・削除される可能性があるので注意しましょう。

古物商許可ってどんな許可なの?簡単にとれるかな?

古物商許可については「名前は聞いたことがあるけど、どんな許可なのが知らない」という方が多いと思います。

そこで今回は、古物商許可について詳しく説明をしたいと思います。

Amazonの転売には古物商許可が必要な場合があります

Amazonの転売には、古物商許可が必要な場合があります。

それは、Amazonで中古品(古物)の転売ビジネスをするときです。

最近、Amazonの転売でお金を稼ぐ人が増えています。

Amazonの転売は、初期費用をほとんどかけずに始められ、また、ちょっとしたスキマ時間を有効活用できるので、副業として人気を集めているのです。

皆さんの中にも、Amazonの転売に興味のある方がいるのではないでしょうか?

ただ、Amazonで転売をするには、1つ注意しなければならないことがあります。

それは「Amazonで中古品の転売ビジネスをするには古物商許可が必要」ということです。

古物商許可とは中古品の転売ビジネスに必要な資格のことをいいます。

そのため、Amazonで古着や中古家電などの中古品を売買してお金を稼ぐのであれば、古物商許可が必要なのです。

逆にAmazonで新品の商品を転売したり、不用品を処分するのであれば古物商許可は必要ないわ

古物商許可が必要か不要かって判断が難しいなぁ

それじゃあ、具体例をあげてもう少し詳しく説明するわ

Amazonの転売に古物商許可が必要なケースと不要なケース

Amazonの転売に古物商許可が必要となるのは「Amazonで中古品の転売ビジネスをするとき」です。

なぜなら、古物商許可は「中古品の転売ビジネスをするときに必要な資格」だからです。

そのため、Amazonで転売をする場合でも、それが「中古品の転売ビジネス」にあたらなければ、古物商許可は必要ありません。

例えば次のようなケースでは、古物商許可は不要です。

  • 新品の家電を家電量販店で仕入れてAmazonで転売する
  • 親からもらった時計をAmazonで転売する
  • 長年使用してきた自転車が不要になったのでAmazonで転売する

要するに新品の転売や、いらなくなった物の処分にAmazonを利用する場合は、古物商許可はいらないっていうことだね

そうね。ただし、Amazonで新品の商品を仕入れるときは注意が必要よ。その場合、古物商許可が必要になる可能性があるの

なんで?たしか新品の転売に古物商許可はいらないんじゃなかったっけ?

法律上の「新品」や「中古品」意味が、一般に使われているのとはちょっと違うの

Amazonで新品を仕入れる場合は古物商許可が必要になる可能性があります

Amazonで新品・未使用品を仕入れて転売をする場合、古物商許可が必要になるケースがあります。

それは、個人が運営しているショップから新品・未使用品を仕入れる場合です。

先ほど、古物商許可は「中古品」の転売に必要だと説明をしました。

ただ、古物営業法では「新品でも使用のために取引された物は古物(中古品)に含まれる」と規定されています。

要するに、個人が一度購入した物は、新品・未使用のままでも中古品として扱われるのです。

そのため、Amazonで個人が運営しているショップから新品・未使用品を仕入れて転売する場合は、古物商許可が必要です。

もし、許可なく仕入れると無許可営業として処罰される可能性があるので注意しましょう。

うっかり気づかず仕入れちゃったら大変だね

そうね。だから、Amazonで仕入れをするんだったら、念のため古物商許可を取っておくのがおすすめなの

古物商許可を取らずにAmazonで転売した場合

無許可営業に対する罰則はとても重い

Amazonの転売をするには、原則として古物商許可が必要です。

もし、古物商許可を取らないで転売を続けると、古物営業法違反として警察に逮捕されてしまいます。

そして、無許可営業に対しては「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」という、とても重い罰則が科せられるのです。

また、処罰後5年間は中古品の転売ビジネスができないというペナルティも受けることとなります。

せっかく、転売で儲かっても、警察に逮捕されてしまったら意味がありません。

必ず、事前に古物商許可を取得するようにしましょう。

Amazonのアカウントが停止・削除されるおそれ

古物商許可を取らないでAmazonの転売をすると、警察に逮捕されるかもしれないと説明をしました。

ですが、それだけではありません

Amazonのアカウントが停止・削除される可能性もあるのです。

実際に、最近になってAmazonの運営から、古物商許可証のコピーの提出を求められるケースが増えています。

この提出に応じなかった方の中には、アカウントが停止された方もいるようです。

悪質な無許可営業のケースでは、最悪アカウントが削除される可能性もあります。

アカウントが停止・削除されると、それまで入ってきていた収入がゼロになります。

そうならないためにも、古物商許可はあらかじめ取得しておくべきなのです。

どうして、運営は最近になって古物商のチェックをするようになったの?

理由ははっきりとはわからないけど、マナーや法律を守らない悪質な転売ヤーが増えたことが原因じゃないかって言われてるわね

とんだ迷惑だね~

そうした悪質な転売ヤーと間違われないようにするためにも、古物商許可は取っておいた方がいいわね

転売に古物商許可はなぜ必要?

Amazonで転売をするには原則として古物商許可が必要です。

では、なぜ転売をするだけなのに、許可を取らないといけないのでしょうか?

それは「盗品の流通防止と早期発見」をするためです。

一般的に泥棒は、盗んだ物を誰かに売ってお金に換えます。

このとき、誰でも自由に転売ができると、泥棒は簡単にお金を手に入れることができてしまいます。

売る相手が簡単に見つかるってことだね

そうならないために、転売を原則として許可制にしたのが、古物商許可という制度なのです。

Amazonの転売でも、盗品が混ざって流通してしまう危険性があります。

そのため、Amazonの転売には原則として古物商許可が必要とされているのです。

古物商許可を取得するときは行政書士に依頼しましょう

古物商許可を取得するときは、行政書士に依頼するのがベストです。

なぜなら、その方が簡単・効率的に古物商許可を取得できるからです。

Amazonの転売には古物商許可が原則として必要だと説明をしました。

古物商許可を取らないでAmazonの転売をすると、警察に逮捕されたりアカウントが停止されるなどの危険があります。

Amazonの転売を始める前に、必ず古物商許可を取得しましょう。

古物商許可を取得するには「自分で取得する方法」と「専門家である行政書士に依頼する方法」の2つがあります。

その中で、おすすめは「行政書士に依頼する方法」です。

なぜなら、先ほどもお伝えしたとおり、簡単に古物商許可を取得できるからです。

古物商許可の申請手続きは、とても複雑です。

そのため、自分で調べて申請をしようとすると、必ずと言っていいほど何度もミスをしてしまいます。

申請でミスをすると、手続きはやり直しになってしまうため、許可が下りるまでにたくさんの時間が無駄になるのです。

行政書士に依頼をすれば、専門家が代わりに申請をしてくれるので、ミスなく最短で許可を取得することが可能です。

面倒な手続きでたくさんの時間を無駄にすることはありません。

もし、楽して効率よく古物商許可を取得したいのであれば、行政書士への依頼を検討するべきです。

Amazonの転売に古物商許可は必要? まとめ

Amazonの転売には古物商許可が必要になる場合があります。

それは、中古品の転売ビジネスをするときです。新品の転売であれば許可は必要ありません。

ただし、Amazonで個人が運営しているショップから商品を仕入れる場合は、それが新品でも古物商許可が必要になる可能性があります。

もし古物商許可がないまま、Amazonで転売を続けると、警察に逮捕されたりアカウントが停止・削除される可能性があります。

Amazonで転売をするのであれば、事前に専門家である行政書士に相談して、なるべく早めに古物商許可を取得しておきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問にはご回答は致しかねます。
※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。