中古品を出品する時の注意点3つ

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

最近、転売ビジネスでお金を稼ぐ人が増えています。

皆さんの中にも、転売ビジネスを始めてみたいという方がいるのではないでしょうか?

ただ、中古品を出品するにはいくつか守らなければならないルールがあります。

このルールを守らないと、ペナルティを受けたり、最悪の場合は逮捕されてしまうことだってあるんです

そこで、今回は中古品を出品するときの注意点として、代表的なものを3つ紹介したいと思います

古物商許可が必要になる場合がある

ヤフオクを使った中古品の転売でお金儲けがしたいんだけど、何か注意することはあるかなぁ?

中古品を出品するとき、最も注意しなければならないことは「古物商許可が必要な取引にあたるかどうか」じゃ。

皆さん、「古物商許可」というものをご存知でしょうか?

たまに新聞やニュースなどで目にすることはありますが、そこまで詳しくないという人が多いのではないでしょうか?

実は、この「古物商許可が必要かどうか」ということが、中古品を出品するときに最も注意しなければならない点なのです。

そこで、以下では古物商許可について詳しく説明をします。

古物商許可とは古物の転売ビジネスに必要となる資格です

古物商許可っていったい何なの?

古物商許可は、中古品の転売ビジネスに必要なんじゃ

古物商許可とは、中古品(古物)の転売ビジネスをするときに必要となる資格のことをいいます。

例えば、

  • 中古家電をリサイクルショップで仕入れてヤフオクに出品する
  • 中古のフィギュアをショップで仕入れてメルカリに出品する
  • 中古の自動車を友人から買い取り、自分で修理してラクマに出品する

このような場合、すべて古物商許可が必要です。

もし、許可を取得しなかったらどうなっちゃうの?

その場合は、大変なことになる。詳しくは次で説明するぞ

古物商許可を取得しないとどうなる?

古物商許可がないと中古品の転売ビジネスをすることはできません。

もしも、黙って許可がないまま転売ビジネスをした場合どうなってしまうのでしょうか?

古物商許可なく中古品の転売ビジネスをすることを「無許可営業」といいます。

そして、「無許可営業」をすると、警察に逮捕され重い罰則が科せられてしまうのです。

具体的に罰則は、「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」となっています。

でも、どうせ警察にはバレないんじゃない?

その考えはとても危険よ

中古品の転売ビジネスに人気が集まるにつれて、無許可で転売を始める人の数も増えつつあります。

ですが、その分、無許可営業で警察に逮捕されるケースも年々増加しています

特に最近では、ヤフオクやメルカリなどの利用者が、積極的に無許可営業を見つけて警察に通報するというケースもあるようです。

安心して転売ビジネスを楽しみたいのであれば、古物商許可は必ず取得しましょう。

不用品の処分には古物商許可は不要です

いらなくなった物をヤフオクに出品したいんだけど、それでも古物商許可って必要なの?

安心するんじゃ、こぶ吉。その場合には許可はなくても大丈夫じゃ。

古物商許可は、中古品の「転売ビジネス」をするときに必要となる資格です。

ですから、転売ビジネスといえない場合に、許可は不要です

例えば、

  • 不要になった中古自転車をヤフオクに出品する
  • 友人から無料でもらった古着をメルカリに出品する
  • コレクター引退のため、集めていたフィギュアをメルカリに出品する

これらのケースはどれも「転売ビジネス」とはいえません。

そのため、古物商許可は必要ないのです。

古物商許可の取得は行政書士の代行サービスを利用しましょう

古物商許可の申請手続きは、とても面倒です。

申請書の書き方がわかり難いうえ、申請にはたくさんの書類が必要になるからです。

そのため、自分で申請をすると時間や労力が無駄になる可能性があります。

もし、効率よくスムーズに許可を取りたいのであれば、行政書士に代行を依頼しましょう

行政書士は古物商許可の専門家です。

依頼をすれば、とても簡単に、しかも最短で許可を取ることができます。

古物商許可の取得を考えているのであれば、行政書士の活用を検討しましょう。

法律によって規制されている場合がある

中古品を出品するときの注意点2つ目は、「法律によって規制される場合があること」じゃ。

中古品として出品する物の種類や、出品の方法によっては法律によって規制されている場合があります。

例えば、チケットの出品は、「チケット不正転売禁止法」という法律が規制をしています。

この法律によると、次の場合はチケットを出品することができません。

  • チケットの主催者が転売を禁止している場合
  • 転売を業として行う場合

「業として」とは、難しい言葉ですが、簡単にいうとお金を稼ぐ目的で繰り返し転売することをいいます。

この法律に違反して、チケットを転売すると「1年以下の懲役または100万円以下の罰金」という罰則が科せられます。

ほかにも、お酒の出品には「酒税法」、化粧品の出品には「薬機法」というように、さまざまな法律が転売を規制しています。

とても全部覚えられないよ~

その場合は、行政書士に相談をしてみるとよいぞ

もし、中古品を出品するときに、法律の規制がないか気になった場合は、行政書士に相談をするとよいでしょう

古物商許可を専門に扱っている行政書士というのは、転売ビジネスのプロでもあるのです。

相談をすれば、どんな法律の規制があるか、どんな許可や免許が必要になるか、すべて答えてくれるはずです。

そして、必要な許可や免許の取得もそのまま依頼できるので、とても便利なのです。

規約に違反する場合がある

ヤフオクやメルカリなどのサービスを利用して、中古品を出品する場合は、規約に違反していないかどうか注意をしましょう

どんな行為が規約に違反するかは、そのサービスによって異なります。

例えば、メルカリでは「無在庫転売」が規約上、禁止されています。

無在庫転売とは、手元にない商品を出品して、落札された後にその商品を仕入れて発送するという手法です。

この転売方法は、売れ残りのリスクがないというメリットがあるのですが、商品を仕入れられないとトラブルに発展する可能性があります。

そのため、メルカリではこの転売方法を禁止しているのです。

その他にも各サービスごとに、規約で禁止されいている行為や商品はたくさんあります

規約に違反をした場合、アカウントの利用停止やアクセス禁止などのペナルティを受ける可能性があります。

規約をよく読み、場合によっては運営者に問い合わせるなどして、規約やルールを守って取引をしましょう。

中古品を出品する時の注意3つ まとめ

中古品を出品するときの注意点は、次の3つです。

  • 古物商許可が必要になる場合がある
  • 法律によって規制されている場合がある
  • 規約に違反する場合がある

中でも特に重要なのは「1、古物商許可が必要になる場合がある」です。

なぜなら、無許可で中古品を出品すると警察に逮捕され処罰される可能性があるからです。

古物商許可については、行政書士という専門家がいるので、事前にしっかりと相談をし、場合によっては許可の取得を依頼するとよいでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)





必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。