古物市場とは?どんなところ?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

古物市場(こぶついちば)とは、古物商許可という資格を持った人しか参加することのできない市場のことをいいます。

古物市場では、大量の中古品がかなり安い値段で取引されています。

転売ビジネスでお金を稼ごうと考えている方にとっては、とても魅力的な市場といえるでしょう。

今回は、古物市場について詳しく説明をします。

古物市場は古物商許可を持ったプロだけが参加できる市場です

古物市場というのは、古物商許可という資格をもったプロだけが参加できる市場のことをいいます。

古物市場に参加するためには、古物商許可が必要となるため、一般の方は原則として参加することができません。

そのため、古物市場の存在については、あまり一般的に知られていません。

ですが、古物市場では大量の中古品が、一般の市場と比べるとかなり安い値段で取引されています。

中古品の転売でお金を稼ぎたいという方にとっては、絶対に知っておいて損はない市場なのです。

そんな古物市場の特徴をいくつか紹介します。

古物市場では中古品をかなり安く仕入れることができます

古物市場の特徴は、大量の中古品を、一般の市場と比べてかなり安く仕入れることができることです。

ものによっては、一般の市場の半額以下で取引されるケースもあります。

どうして古物市場では、そんなに中古品が安く手に入るの?

それは、売る側が在庫調整として出品しているからよ

例えば、リサイクルショップがお客さんから中古家電を買い取ったけど、客層に合わないなどの理由で売れ残ったとします。

この家電をいつまでも店に置いておくと商品スペースを圧迫してしまいます。

そこで、古物市場を利用して安く販売しているのです。

他にも、業者が同じ商品を大量に売りたいと考えても、一般のお客さんが相手だと、少量の取引しかできません。

ですが、古物市場に参加しているのは、売る側も買う側もプロの業者です。

そのため、売る側は、大量の取引を期待して値段を安く出品するのです。

古物市場では同じ中古品でも大量に仕入れることが可能です

いくら安くて良い商品を仕入れても、数がなければ転売で大きな収入を得ることはできません。

ですが、古物市場では、同じ商品を大量に仕入れられる可能性があります。

一般のお客さんから買い取る場合は、基本的に同じ商品をたくさん仕入れることはできません。

ですが、古物市場はプロの業者が集まる市場です。

そのため、同じ商品でも大量に仕入れられるケースがあるのです。

また、古物市場は定期的に開催されています。

ですから、気に入った商品を安定して仕入れることも可能なのです。

人気商品を安定して仕入れられるというのは、転売ビジネスで儲けるためには最も重要なことよ

仕入れが安定しないと、売り上げも安定しないもんね

古物市場は情報交換の場として利用できます

古物市場に集まっているのは、みんな古物取引のプロばかりです。

古物市場で他の参加者と仲良くなれば有益な情報交換ができる可能性があります。

古物ビジネスを続けるうえで、業者同士の横のつながりはとても重要です。

古物市場に参加する場合は、積極的に話しかけて、ネットワークを作る努力をするべきです。

業者間での在庫の調整や情報共有など、協力している人たちはたくさんいるわ

特に、転売ビジネスを始めたばかりの人にとっては、先輩からの貴重な情報がもらえるかもしれないね

古物市場は在庫処分として利用することもできます

古物市場は中古品を仕入れるだけでなく、在庫処分に利用することも可能です。

古物ビジネスを続けていると、不要な在庫の処理に悩むことが必ずと言っていいほど起こります。

不要な商品を買い取ってしまったり、仕入れた商品が売れ残ってしまったりするからです。

古物市場は、こうした在庫の処理にも利用することが可能です。

普通のお客さん相手では、販売が難しい商品でも、古物市場ではあっさり売れることがあります。

一般のお客さんのニーズと業者のニーズが異なるためです。

買い取る側も業者だから、同じ商品を大量に引き取ってくれたりすることもあるわ

古物市場に参加するためには古物商許可が必要です

古物市場は、古物商許可という資格をもったプロの業者だけが参加できる市場です。

古物市場に参加するためには、古物商許可が必要で、一般の方は原則として参加することができません。

場合によっては、古物商許可以外の条件が課せられることもあります。

例えば、古物商としての経験や、扱っている商品の種類などに制限がある場合があるのです。

そのため、古物市場に参加する場合は、あらかじめ内容を確認をして、自分が条件を満たしているかどうかチェックしましょう。

古物商許可とはどんな資格?

古物市場に参加するためには、古物商許可という資格が必要です。

古物商許可とは、中古品の転売ビジネスをするときに必要となる資格です。

資格といっても、取得する際に試験などがあるわけではなく、要件を満たしていれば誰でも取得することが可能です。

この許可なく、中古品の転売ビジネスをすることを「無許可営業」といい、古物営業法という法律によって禁止されています。

違反をすれば、警察に逮捕され、3年以下の懲役または100万円以下の罰金という重い処罰を受けることになります。

もし、これから中古品の転売ビジネスをしようと考えている方は、必ず事前に古物商許可を取得しましょう。

なんで、中古品の転売に許可が必要なの?

古物商許可の目的は、盗品が流通することを防ぐことです。

泥棒が盗んだ商品を売ってお金に換えられないよう、転売を許可制にして警察がしっかり監視しているのです。

古物商許可の取得は行政書士に依頼をすれば簡単

古物市場に参加するためには、古物商許可を取得しなければなりません。

ですが、古物商許可の申請手続きは複雑でとても面倒です。

自分で申請をすると、何度もやり直しになるなどして、たくさんの時間や手間が無駄になる可能性があります。

そこで、もし楽して簡単に古物商許可を取得したいのであれば、行政書士という専門家に代行を依頼しましょう。

行政書士に依頼をすれば、基本的な手続きはすべて代わりにやってくれます。

依頼者は、面倒な手続きに追われることなく、古物ビジネスの準備に取り組めるので、とても効率的なのです。

でも、当然タダってわけじゃないんだよね?

行政書士に古物商許可の代行を依頼した場合、相場だとだいたい4万円から6万円の報酬が必要です。

これからビジネスを始めようとしている人にとって決して安い金額とはいえません。

ですが、自分一人で申請をする場合の苦労に比べれば、それに見合うだけの価値があるといえます。

これから古物商許可を取得しようと考えている方は、行政書士の利用を検討するべきでしょう。

古物市場とは?どんなところ? まとめ

古物市場とは、古物商許可の資格を持ったプロだけが参加できる市場のことをいいます。

古物市場では、たくさんの中古品がとても安い値段で取引されています。

古物市場を上手に利用することは、古物ビジネスで儲けるための有効な手段といえるでしょう。

ただし、古物市場に参加するためには、古物商許可が必要で、一般の方は原則として参加することはできません。

古物市場によっては、古物商許可のほかにも参加条件を設けているケースがあります。

参加する前に条件について、主催者に確認することをおすすめします。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。