中古品の転売に古物商許可は必要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

中古家電の転売でお金儲けをしようと思ってるんだ。

いいじゃない。中古品の転売は、とても夢のあるビジネスよ。中古品の転売だけで年収1千万円を超える人だってたくさんいるわ

そうなんだ。僕も頑張らなくちゃ

ところで、こぶ吉はもう「古物商許可」は取得しているの?

古物商?何それ?

古物商許可というのは、中古品の転売ビジネスをするときに必要となる資格のことじゃ。この許可がないと転売ビジネスをすることは出来ないから必ず取得するんじゃぞ

今回は、転売と古物商許可について詳しく説明をします。

中古品の転売には古物商許可が必要です

リサイクル意識の高まりもあって、中古品の転売ビジネスが注目を集めています。

中には、転売ビジネスだけで、年収1千万円を超える人や、会社を立ち上げた人なども珍しくありません。

最近では、メルカリやヤフオクなどのネットサービスが普及していて、スマホ1つあれば誰でも簡単に転売ビジネスを始めることが可能です。

皆さんの中にも、中古品の転売ビジネスに興味のある方は多いのではないでしょうか。

ただ、中古品の転売ビジネスをスタートする前に1つ注意しなければならないことがあります。

それは、中古品の転売には原則として「古物商許可」が必要だということです。

古物商許可とは、中古品の転売ビジネスをするときに必要となる資格のことです。

この許可がないと、他の準備がいくら整っていても、転売ビジネスをスタートさせることはできません。

これから、転売ビジネスを本気で考えているのであれば、まずは古物商許可を取得するところから始めましょう。

もし、その古物商許可っていうのを取らないでこっそり転売ビジネスを始めたらどうなるの?

その場合は、大変なことになる。具体的にどうなるかは次で説明するぞ

古物商許可なしで転売をすると大変なことになります

中古品の転売ビジネスには、転売初心者でも気軽に始めやすいという特徴があります。

そのため、古物商許可を取得しないで転売ビジネスを始める人も増えつつあります。

ですが、古物商許可を取得しないで転売ビジネスをすることは、とても大きなリスクがあるので絶対にやめましょう。

どんなリスクがあるの?

古物商許可を取得せずに転売ビジネスをすることを、「無許可営業」といいます。

無許可営業は古物営業法という法律に違反するため、警察にバレると逮捕されます

逮捕されると「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」というとても重い罰則が科せられます。

さらに、処罰された後、5年間は古物商許可の取得ができなくなるというペナルティも課せられます。

軽い気持ちで無許可営業をすると大変なことになってしまいます。

転売ビジネスをするのであれば、忘れずに古物商許可を取得しましょう。

古物商許可が不要なケース

転売をする場合でも、古物商許可がいらないケースがあるって聞いたんだけど本当?

本当じゃ。そもそも、何度も言っているように古物商許可は「中古品の転売ビジネス」をするときに必要となる資格じゃ。だから、「中古品の転売ビジネス」に当たらない転売については、古物商許可は不要なんじゃ

「中古品の転売ビジネス」とは、具体的にいうと「中古品を転売する目的で仕入れること」です。

ですから、次のような転売には、古物商許可はいりません。

  • 古くから愛用してきた自動車を買い替えるためヤフオクで転売する
  • スニーカーのコレクターだったがコレクター引退のためメルカリで転売する
  • 友人から中古自転車をタダで貰ったが要らないのでリサイクルショップで売る
  • ゲームセンターで手に入れたフィギュアをメルカリで転売する

これらのケースでは、「中古品の転売目的での仕入れ」といえるような行為がありません。

そのため、古物商許可は不要なのです。

転売目的については警察が判断をします

要するに、不要品を処分する場合や、タダで手に入れた物を転売する場合は、古物商許可はいらないってことね

でも、不要品の処分なのか、お金儲けのための転売なのかってその人にしかわからないんじゃない?
転売目的かどうかって誰がどうやって判断するの?

転売目的かどうかの判断は、無許可営業を取り締まっている警察が行います

警察は、無許可営業の疑いがある場合、過去の取引などをすべてチェックします。

そして、取引回数や金額、商品の種類などいろいろな事情から転売目的かどうかを判断します。

もし、警察に転売目的と判断された場合、下手な言い訳は一切通用しません

ビジネスとしての転売を考えているのであれば、取り返しが付かないことになる前に古物商許可は必ず取得しましょう。

インターネットの取引でも古物商許可は必要です

インターネットの掲示板などを見ていると、

ネットを使って転売する場合は、古物商許可はいらない

古物商許可がなくても、ネットの取引だったら警察にバレない

などの書き込みを目にすることがあります。

ですが、これらの情報はすべてガセです。

信用しないように注意しましょう。

そもそも、古物商許可は中古品の転売ビジネスに必要なのであって、ネット取引かどうかは関係がありません。

また、インターネットの取引だから警察にバレないと思ったら大間違いです。

先日、古物商許可なくチケットの転売を繰り返した人が警察に逮捕され、ニュースなどで話題になりましたが、この人はヤフオクの利用者でした。

最近は、ヤフオクやメルカリの利用者が積極的に無許可営業を見つけて警察に通報するという傾向もあるようです。

ですから、「インターネットだと古物商許可はいらない」「警察に逮捕されない」というのは間違いなのです。

古物商許可の取得は専門家に任せましょう

古物商許可を取ろうと思うんだけど、何からやればいいのかな?

そうね。まずは行政書士っていう専門家に相談することから始めた方がいいかもね。

行政書士~?

古物商許可の申請は、自分ですることも可能ですが、あまりおすすめはできません。

なぜなら、古物商許可の申請手続きはとても複雑で面倒だからです。

法律の知識がない一般人が申請すると、必ずと言っていいほどミスが発生します。

ミスがあると、申請は受け付けてもらえず、手続きは始めからやり直しとなります。

そのため、いつまでたっても許可が下りないという事態になりかねないのです。

もし、楽をして簡単に許可を取りたいのであれば、行政書士に任せましょう

行政書士は古物商許可のプロです。

行政書士に依頼をすれば、すべての手続きを最短で終わらせてくれます。

面倒な手続きはすべてプロに丸投げして、さっさと転売ビジネスの準備に取り掛かる方が効率的といえます。

中古品の転売に古物商許可は必要? まとめ

中古品の転売には古物商許可が必要です。

古物商許可は中古品の転売ビジネスをするときに必要となる資格だからです。

この許可がないまま転売ビジネスをすると、無許可営業として警察に逮捕・処罰されます。

罰則は「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」ととても重いので注意しましょう。

古物商許可については、行政書士という専門家がいます。

これから転売ビジネスを考えている人は、早めに行政書士に相談して、許可を取得しましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え




必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。